EOS R | EOS Rシステム・RFレンズ

EOS Rシステム

革新は終わらない。
EOS Rシステムは、キヤノンの決意表明。

光を操るレンズ。受け止めた光を結像させるカメラ。その一方だけが技術革新を果たしても、真の高画質は生まれません。次世代の光学性能を受け止めるEOSもまた、未来へ前進する必要がありました。EOS Rシステム。30年以上の歴史を積み重ねてきたEOSが解き放つ、新たなるイメージングシステムです。その象徴といえるのが、RFマウントとRFレンズ群。将来への発展性を見据え、EFマウントを継承した内径54mmの「大口径」。光学設計の自由度を高め、さらに高画質を追求できる「ショートバックフォーカス」。EOS Rシステムの機能を全面的に進化させる「新マウント通信システム」。RFマウントは、EOSの揺るぎない信念である「快速・快適・高画質」を、より高度なレベルへと導きます。

図:EOS Rシステム

大口径/ショートバックフォーカス/新マウント通信システム

高画質を新時代へと前進させるRFマウント

EOS Rシステムを象徴する大口径RFマウントは、かつてない高画質を実現するために大口径マウント、ショートバックフォーカスを採用。その内部には、35mmフルサイズCMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 8を搭載しました。RFレンズの描画性能との連携で、被写体のディテールまでシャープに描きます。そして肉眼では捉えられない繊細な色彩のグラデーションまで再現。さらに、新マウント通信システムにより、カメラとレンズの通信性が飛躍的に向上。数々の新機能を実現するだけでなく、画像処理性能を大幅に高めました。

大口径マウント

EOS Rシステムが目指したのは「従来と同じ映像表現ができる小さな一眼カメラ」ではありません。かつてない映像表現と撮影領域を拡大するシステムです。そのためにはマウントの小型化ではなく、EFマウントの大口径54mmを継承することが最良の選択でした。その結果、レンズを肥大化させずに光学性能を高めることができます。そして、F値の明るい高画質レンズをはじめ、ハイスペックなレンズ開発が可能になりました。

図:RFマウント

ショートバックフォーカス

RFレンズの性能を最大限に発揮させるためには、 ショートバックフォーカスの採用が不可欠でした。その結果、ミラーレス構造を選択。この構造により、CMOSセンサーとレンズ最後部を近接し配置できるため、光学設計の自由度を高めることが可能に。かつてない光学性能を実用化したRFレンズ群により、これまで以上の高画質を達成できます。また、一眼レフのミラーのあった空間を光学的に有効活用できるため、カメラとレンズのシステム全体で小型化に貢献できます。

図:ショートバックフォーカス

新マウント通信システム

EOS Rシステムの機能を全面的に進化させる、新マウント通信システム。12ピンの電子接点により、EFマウントと比べ通信速度は大幅に向上しました。フォーカス、ズーム、絞り、手ブレ補正、レンズの諸収差などの情報を、瞬時にカメラ側へ伝達します。またカメラ内でのデジタルレンズオプティマイザを初期設定から[する]に設定していても、連続撮影時に速度を低下させず、高度な光学補正が可能です。

図:新マウント通信システム

RFレンズ

実現が難しいとされていた光学設計がついに結実。新たにコントロールリングを搭載、快適な操作性を追求した4本のRFレンズ。

高画質と小型設計を両立、5段分の手ブレ補正機構搭載

RF24-105mm F4 L IS USM

  • NEW

2018年10月下旬発売予定
155,000円(ケース・フード付き、税別)

画角全域で、高い描写性能を発揮する標準ズームレンズ。全長107.3mm、質量約700gの小型・軽量設計を実現しています。静止画撮影時における高速AFと、動画撮影時の滑らかなAFを可能にするナノUSMをLレンズで初めて採用しました。また、5段分の光学式手ブレ補正機構を搭載し、手持ち撮影を強力にサポート。絞りやシャッタースピード、ISO感度などの機能が割り当てられるコントロールリングにより、新しい操作性を実現します。

JANコード:
4549292-115611
商品コード:
2963C001
レンズ構成:
14群18枚
撮影距離範囲:
0.45m~∞
最大撮影倍率:
0.24倍
フィルター径:
77mm
最大径×長さ:
φ83.5mm×107.3mm
質量:
約700g
  • CIPAガイドライン準拠。焦点距離105mm、EOS R使用時。

ズーム全で開放F値2を実現。画面周辺まで高画質

RF28-70mm F2 L USM

  • NEW

2018年12月下旬発売予定
420,000円(ケース・フード付き、税別)

EOS Rシステムだからこそ実用化できた、ズーム全域で開放F値2の大口径レンズ。スーパーUDレンズや大口径非球面レンズなどを効果的に配置し、ズーム全域で画面中心部から周辺部まで高解像・高コントラストな描写力を発揮。F2の開放から単焦点レンズに迫る高画質を実現、9枚羽根絞りによる美しいボケ味も楽しめます。また[SWC]と[ASC]の2つのコーティングを採用し、逆光時でもフレア・ゴーストを大幅に抑制。高い防塵・防滴構造も保持しています。

JANコード:
4549292-115642
商品コード:
2965C001
レンズ構成:
13群19枚
撮影距離範囲:
0.39m~∞
最大撮影倍率:
0.18倍
フィルター径:
95mm
最大径×長さ:
φ103.8mm×139.8mm
質量:
約1,430g

F1.2から優れた解像力を発揮する、大口径・単焦点

RF50mm F1.2 L USM

  • NEW

2018年10月下旬発売予定
325,000円(ケース・フード付き、税別)

開放F1.2からシャープな描写と美しいボケ味を両立する大口径・標準単焦点レンズ。画面中心から周辺まで高解像・高コントラストを実現します。UDレンズや研削非球面レンズを効果的に配置し、色収差を抑制。[ASC]コーティングによりフレア・ゴーストも大幅に低減します。10枚羽根絞りによる、美しい円形絞りも。また、レンズフィルター装着による防塵・防滴性能を発揮。フッ素コーティングなどメンテナンス性にも優れています。機能割り当てが可能なコントロールリングも搭載。

JANコード:
4549292-115581
商品コード:
2959C001
レンズ構成:
9群15枚
撮影距離範囲:
0.40m~∞
最大撮影倍率:
0.19倍
フィルター径:
77mm
最大径×長さ:
φ89.8mm×108mm
質量:
約950g
  • 前面にキヤノン製フィルターの装着が必要です。

明るいF1.8。IS搭載、小型・軽量の広角マクロレンズ

RF35mm F1.8 MACRO IS STM

  • NEW

2018年12月下旬発売予定
75,000円(税別)

最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ撮影が行える、広角・単焦点レンズ。絞り開放から優れた解像力を発揮します。開放F1.8の明るさと9枚羽根の円形絞りで、美しいボケ味を実現。小型・軽量設計により、スナップ撮影なども快適に。また光学ISの制御アルゴリズムの見直しと、デュアルセンシングISにより手ブレ補正効果は5段分を達成。マクロ撮影時に有効なハイブリッドISも搭載。コントロールリングによる操作性と相まって、マクロ撮影がより快適に行えます。

JANコード:
4549292-115727
商品コード:
2973C001
レンズ構成:
9群11枚
撮影距離範囲:
0.17m~∞
最大撮影倍率:
0.5倍
フィルター径:
52mm
最大径×長さ:
φ74.4mm×62.8mm
質量:
約305g
  • CIPAガイドライン準拠。EOS R使用時。