EOS R5 | 高画質×高速

約4500万画素 新開発CMOSセンサー

新開発35mmフルサイズCMOSセンサー

自社開発・自社生産の35mmフルサイズ約4500万画素CMOSセンサー(画面サイズ:約36.0×24.0mm)を搭載。被写体のディテールまで鮮鋭に描写し、高画素ながらも、常用ISO感度(静止画)は最高51200という高感度撮影を達成しました。また偽色・モアレを軽減するローパスフィルターは、超音波振動する複屈折水晶と、赤外吸収ガラスの独立した2枚の板材で構成。フルサイズセンサーならではの、幅広いダイナミックレンジも魅力。ハイライトからシャドーまで、滑らかな階調表現が可能です。

図:35mmフルサイズCMOSセンサー

映像エンジンDIGIC X

映像エンジンDIGIC X

デジタルカメラに不可欠な画像処理エンジン。EOS R5は、先進のDIGIC Xを搭載。約4500万画素CMOSセンサーの高速信号読み出しに対応するDIGIC Xで高速に信号処理を行い、最高約20コマ/秒の高速連続撮影(電子シャッター時)を可能にしています。進化した画像処理性能により、高画素ながら常用ISO感度最高51200を達成。高ISO感度でも、低ノイズでクリアな画像が得られます。他にも、高度な人物/動物検出を可能にするデュアルピクセルCMOS AF IIや、8K/30P、4K/120P動画撮影の実現にも大きく貢献しています。

図:DIGIC X
  • EF-Sレンズ使用時を除く。絞り開放時。(詳細はこちらをご覧ください)。シャッタースピード、絞り、連続撮影中の絞りの状態、被写体条件、明るさ(暗所での撮影時など)、レンズの種類などによって連続撮影速度が変化します。

EOS最高解像性能

新開発CMOSセンサー、DIGIC X、RFレンズの三要素が一体となることで、解像感、ノイズ、光学特性、すべての要素から画質向上を追求。すべてのEOSを上回るEOS最高解像性能を達成しています。

  • 2020年7月8日現在発売済みのキヤノン製レンズ交換式カメラにおいて(キヤノン調べ)。ISO12233準拠のCIPA解像度チャートで確認。
図:「EOS最高解像性能」の映像エンジン

高感度・低ノイズ

常用最高ISO感度51200を達成

EOS R5の常用ISO感度(静止画)は100~51200。新規開発のCMOSセンサーとDIGIC Xの連携により、高画素と高感度を両立。光量の少ない室内での動体撮影、日没時における野生動物の撮影など、幅広い撮影領域に挑戦できます。拡張ISO感度は、最低ISO50相当(L)、最高ISO102400相当(H)も選択可能です。

  • 推奨露光指数。

ISOオート時のシャッター速度低速限界

自分の意図に反してシャッタースピードが遅くならないよう、低速限界が設定可能。プログラムAE(P)と絞り優先AE(Av)でのISOオート設定時、1/8000秒~1秒まで1段ステップごとに手動で設定できるほか、自動設定では[遅め/標準/速め]を7段階で設定できます。

長秒時露光撮影と高感度撮影をサポートするノイズ低減機能

長秒時露光撮影と高感度撮影時時、2つのノイズ低減機能を搭載。長秒時露光撮影時(露光時間1秒以上)は、[しない/自動/する]※1、高感度撮影時は[しない/弱め/標準/強め/マルチショットノイズ低減機能]※2から選べます。

  • ※1
    [フォーカスBKT撮影:する]設定時は選択できません。
  • ※2
    電子シャッター使用時、RAW設定時にはマルチショットノイズ低減は選択できません。

マルチショットノイズ低減機能の高速処理

高感度撮影時、よりノイズの少ない画像に仕上げる機能です。1回のシャッターで4枚の画像を撮影し、カメラ内で自動合成。解像感を保ったままノイズの少ない1枚の画像として記録します。映像エンジンの高性能化にともない、処理速度が向上しました。

  • 電子シャッター使用時、RAW設定時にはマルチショットノイズ低減は選択できません。
図:マルチショットノイズ低減機能設定画面

カメラ内レンズ光学補正

[強め]の選択に対応したデジタルレンズオプティマイザ

画像本来の解像力を、光学補正により復元するデジタルレンズオプティマイザ※1。新たに[強め]※2が選択可能になりました。RFレンズ側でも、デジタルレンズオプティマイザ用のデータを保持。大容量・高速通信により、そのデータを瞬時にカメラ側に伝達します。これにより、後処理ではなく撮影しながら、カメラ内で処理を実行。連続撮影枚数にも影響しないため、初期設定から[標準]を適用しています。また動画撮影時の回折補正にも対応しています。

  • ※1
    すべての画像で効果を保証するものではありません。
  • ※2
    [強め]設定時は連続撮影枚数が制限されます。電子シャッター使用時は選択できません。
[OFF]
図:デジタルレンズオプティマイザ[OFF]
[強め]
図:デジタルレンズオプティマイザ[強め]

撮影時のレンズ光学補正

撮影時に色収差補正や周辺光量補正、歪曲収差の補正の4つの補正が可能。補正データのあるレンズはすべてカメラに初期登録済みです。静止画でも動画でも補正を実行します。

  • 動画撮影時の歪曲収差補正は、RFレンズ使用時のみ。
図:レンズ光学補正

画像処理

DPRAW現像に2つの機能が追加

デュアルピクセル情報が付加されたRAWデータの現像を行うDPRAW現像。EOS R5では新たに[ポートレートリライティング]と[背景明瞭度]に対応しました。また、EOS R同様、キヤノンの現像ソフトウエア[Digital Photo Professional]を活用することで、[解像感補正][ボケシフト][ゴースト低減(フレアにも有効)]が可能です。

[ポートレートリライティング]

人物を撮影したときの斜光や光量不足を、仮想光源を当てることで手動で補正できます。画像に写る人物から選択した1人の顔や体に対して、照明の照射方向や強さ、照射範囲などを変更可能です。

  • 最大10人から1人選択可能。
OFF
図:DPRAW ポートレートリライティング OFF
左方向
図:DPRAW ポートレートリライティング 左方向
右方向
図:DPRAW ポートレートリライティング 右方向

[背景明瞭度]

主被写体への影響を最小限に、背景のみの明瞭度を0~4の5段階で変更可能。主被写体の雰囲気はそのままに、背景のコントラストを調整することができます。

背景明瞭度0
図:DPRAW 背景明瞭度0
背景明瞭度4
図:DPRAW 背景明瞭度4

進化したオートライティングオプティマイザ

静止画・動画撮影時に、撮影画像の明るさ・コントラストを自動的に補正するオートライティングオプティマイザ。EOS R5では、カメラ内RAW現像時に、撮影画像の顔領域のライティングを自動で補正する[顔ライティング補正]機能を搭載しました。また、静止画における雲や顔などのハイライト領域だけでなく、動画のハイライト部分の階調を改善する効果も追加。

顔ライティング補正:OFF
図:オートライティングオプティマイザ OFF
顔ライティング補正:ON
図:オートライティングオプティマイザ ON

高速連続撮影

電子シャッター使用時 最高約20コマ/秒※1の高速連続撮影

CMOSセンサー、映像エンジン、カード書き込み性能などの高速化により、電子シャッター使用時、すべての連続撮影ドライブモードにおいて最高約20コマ/秒の高速連続撮影※1を実現。連続撮影可能枚数は、RAW+JPEGラージ/ファインで約160枚※2を達成。電子シャッター使用時は、表示フレームレートを向上させる[高速表示]を常に実行します。

図:高速連写
  • ※1
    EF-Sレンズ使用時を除く。絞り開放時。(詳細はこちらをご覧ください)。シャッタースピード、絞り、連続撮影中の絞りの状態、被写体条件、明るさ(暗所での撮影時など)、レンズの種類などによって連続撮影速度が変化します。
  • ※2
    当社試験基準CFexpressカード(325GB)を使用し、当社試験基準(高速連続撮影、静止画クロップ/アスペクト:フルサイズ、ISO100、DPRAW撮影:しない、ピクチャースタイル:スタンダード)で測定。

メカシャッター/電子先幕使用時 最高約12コマ/秒で高速連続撮影する[高速連続撮影+]

メカシャッター/電子先幕使用時は、最高約12コマ/秒の高速連続撮影が可能な[高速連続撮影+]のドライブモードも搭載。シャッターチャンスを逃しにくく、一瞬の美しさを切り取ります。表示フレームレートを向上させる[高速表示]も、RFレンズに加え、EFレンズ、EF-Sレンズ装着時も選択可能です。

  • RFレンズ、および一部のEFレンズ使用時。(詳細はこちらをご覧ください)。連続撮影速度は、バッテリー種類/残量、バッテリーグリップ/ワイヤレスファイルトランスミッターの使用有無・バッテリー数、DCカプラー/USB電源アダプターの使用有無、使用レンズ、温度、内蔵Wi-FiのON/OFFなどにより、最大3段階に変化します。最高連続撮影速度は、シャッタースピード、絞り、ストロボ使用、フリッカー低減処理、被写体条件、明るさ(暗所での撮影など)などにより低下することがあります。

シャッター方式

メカシャッター/電子先幕/電子シャッター から選べるシャッター方式

電子制御式フォーカルプレーンシャッターを採用。メカシャッター/電子先幕/電子シャッターの3種類のシャッター方式から被写体や撮影シーンに合わせて選択可能です。電源オフ時のシャッター状態として、[閉じる/開く]がユーザーの使い勝手に合わせて設定できます。

図:シャッター方式

シャッター音が気にならない撮影が可能

電子シャッター選択時は、シャッター音は発生しません。野鳥撮影や発表会、室内での撮影など、静かさが求められる場所での撮影に効果を発揮します。

  • シャッター音以外(絞り、フォーカスレンズ駆動音、電子音など)の音が発生する場合があります。

記録画質

HDR PQ HEIF 10bit記録

明暗のメリハリがあり、人間の視覚に近い光と色をリアルに再現するHDR画像を、HDR PQガンマによるHEIF※1(10bit)で記録できます。カメラ内でHDRからJPEG画像に変換※2できるので、SDR環境でも効果を確認可能。記録したHEIF画像は、HDR対応ディスプレイに出力し、高階調・広色域のHDR画像を表示できます。動画も記録可能です。

  • ※1
    High Efficiency Image File Format。現像後の画像を格納するファイルコンテナ。JPEGのYCbCr 4:2:2 8bitに対して、YCbCr 4:2:2 10bitでH.265/HEVC圧縮されます。
  • ※2
    シーンによっては、元画像と変換した画像を比べたときに、印象が異なることがあります。
  • 連続撮影時もHDR記録が可能です(電子シャッター撮影時は不可)。
  • [高輝度側・階調優先]を[する]にして撮影することを推奨します。
JPEG(SDR)
図:JPEG
JPEG(HDR、HEIFから変換)
図:HEIF

ファイルサイズを抑えられるC-RAWを採用

RAWとC-RAWの2種類のRAWを採用。C-RAWはRAWと同様の約4480万画素のデータを、より小さなファイルサイズで記録できます。

  • [C-RAW]と比べ、画質は[RAW]が優れています。
  • RAWからC-RAW、C-RAWからRAWへの変換はできません。
  • RAWとC-RAWの同時記録はできません。

フルサイズレンズの焦点距離を1.6倍にするクロップ撮影機能

RFレンズ、EFレンズを装着時、動画/静止画のクロップ撮影が可能。静止画ではAPS-Cの画角(1.6倍)にクロップできるため手軽に望遠効果が得られます。クロップ撮影時は約1730万画素で記録。マウントアダプターEF-EOS RにてEF-Sレンズを装着した際は、自動的にクロップ撮影となります。

  • JPEG[L]/RAW/C-RAW時。JPEG[S2]時は約380万画素で記録されます。
記録画質 記録画素数(画素)
アスペクト比
3:2 1.6倍
(クロップ)
1:1 4:3 16:9
JPEG/HEIF L 約4480万
(8192×5464)
約1730万
(5088×3392)
約2980万
(5456×5456)
約3980万
(7280×5464)
約3770万
(8192×4608)
M 約2250万
(5808×3872)
- 約1500万
(3872×3872)
約1990万
(5152×3872)
約1900万
(5808×3264)
S1 約1160万
(4176×2784)
- 約780万
(2784×2784)
約1030万
(3712×2784)
約980万
(4176×2344)
S2 約380万
(2400×1600)
約380万
(2400×1600)
約260万
(1600×1600)
約340万
(2112×1600)
約320万
(2400×1344)
RAW アイコン:RAWアイコン:CRAW 約4480万
(8192×5464)
約1730万
(5088×3392)
約4480万
(8192×5464)
  • 約1.6倍 焦点距離相当の画角となります。