EOS RP | 動画撮影

4K・UHD、新時代EOSムービー

EOS Rシステムが解き放つ
4K※1動画の新しい可能性

EOS RPの高感度性能、RFレンズの表現力。2つの高画質の連携で、4K動画撮影の表現域はさらに拡大。RFレンズと、70種類を超えるEFレンズで多彩な映像表現が楽しめるのは、まさにEOSならでは。4K※1・UHD(3840×2160※2)の内部記録が可能で、フレームレートは23.98p/25.00p。4K撮影時、常用最高ISO感度12800に設定できるため、暗いシーンでも感度を上げて撮影することが可能です。ファインダーを覗いたままでも動画撮影が行えるため、液晶モニターへの光の反射が気になる日中撮影にも便利です。

  • ※1
    画像処理により4K(UHD)解像度での出力としています。
    AFはコントラスト検出AF方式となります。
  • ※2
    センサー中央部の画像をクロップ。
図:4K動画

フルHD60p/HD60p:MP4

スポーツや動物など動きの速い被写体でも、残像感を抑えた滑らかで美しい動画表現へ。さらに記録形式は汎用性の高いMP4を採用しました。プロの制作現場や自宅での作業が快適に行えます。

4Kフレーム切り出し

4K動画の1フレームを、約830万画素(3840×2160)の画像としてJPEGで保存。写真素材や4K撮影時のピントチェックとしても活用できます。

  • 切り出した画像のリサイズ、トリミングはできません。フルHD動画からのフレーム切り出しはできません。動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。

4Kタイムラプス動画

一定間隔で撮影した静止画をつなげ、4K UHD(3840×2160)動画として記録・再生。天体や風景、草花の成長や昆虫の生態など、時間の経過によって変化する被写体の姿を高解像に描き出します。

  • AF、動画電子IS、音声記録は動作しません。撮影間隔は最短2秒です。

手ブレ補正

強力な手ブレ補正で手持ち撮影の可能性を拡大

IS搭載のRFレンズ※1装着時は、レンズ側のISで補正しきれていないブレ量を、カメラ側の映像情報で検出、補正効果を高めます。さらにカメラ側の動画電子IS※2とレンズ側の光学ISの双方を新マウント通信によって協調制御、コンビネーションISとしてより強力な手ブレ補正効果を実現します。従来のIS搭載EFレンズとの組み合せにおいては、レンズ側の手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合せた5軸補正(レンズ側:水平回転、縦回転/カメラ側:回転軸、左右、上下)が可能です。IS非搭載レンズ装着時でも、カメラ内の動画電子IS※2がブレを補正します。

  • ※1
    対応レンズ:RF24-105mm F4 L IS USM/RF35mm F1.8 MACRO IS STM(2019年2月現在)。
  • ※2
    動画電子IS使用時は、撮影範囲が狭くなります。
図:5軸手ブレ補正

動画記録サイズ

MP4フォーマット採用

動きの速い被写体でも残像感を抑え、より滑らかで美しく記録するフルハイビジョン60p。1/2倍速スロー再生時にも、滑らかなスロー再生が行えます。記録形式は再生互換性に優れるMP4フォーマットを採用しているため、幅広いデバイスで再生することができます。

シーンや用途に合わせて選べる記録サイズ

動画記録サイズ カードごとの総記録時間(約) 映像ビットレート(約)
/ファイルサイズ(約)
8GB 32GB 128GB
4K(UHD)
3840×2160
23.98fps
25.00fps
IPB 8分 35分 2時間20分 約120Mbps
約869MB/分
Full HD
1920×1080
59.94fps
50.00fps
IPB 17分 1時間09分 4時間37分 約60Mbps
約440MB/分
29.97fps
25.00fps
HDR動画
IPB 33分 2時間15分 9時間01分 約30Mbps
約225MB/分
29.97fps
25.00fps
IPB
(軽量)
1時間26分 5時間47分 23時間11分 約12Mbps
約87MB/分
HD
1280×720
59.94fps
50.00fps
IPB 38分 2時間34分 10時間19分 約26Mbps
約196MB/分
29.97fps
25.00fps
HDR動画
IPB 1時間13分 4時間53分 19時間34分 約13Mbps
約103MB/分
  • 記録時間が29分59秒に達した時点で動画撮影が自動的に終了します。
  • SDXCカードがexFAT形式でフォーマットされた場合は4GBを超えても、1つの動画ファイルに記録されます。

多彩な映像表現

フルHD撮影時は、常用ISO最高25600
暗がりでも美しい映像に

高性能CMOSセンサーとDIGIC 8の連携により、フルHDで常用ISO100~25600、4Kで常用ISO100~12800の高感度撮影を実現。暗がりでの撮影でも、クリアで美しい映像に。光の雰囲気を活かした撮影や照明が使えない省機材撮影など、ノーライトの撮影にも貢献します。拡張ISO感度は、フルHD/4Kともに102400を達成。

白トビを抑え、ディテールまで再現
HDR動画

空の明るい部分や明暗差の大きい室内と屋外、夜景のライトアップなどで起こりやすい白トビを軽減。HDR動画で記録すると、高輝度側の再現性を高めることができます。フルHD撮影時に、標準露出とアンダー露出の異なる露出の画像を交互に撮影し、合成して1フレームとして記録。白トビを抑え、ディテールまで再現します。

  • 拡張ISO感度は設定できません。
  • EF-Sレンズ使用時、および動画クロップ撮影時は、HD画質となります。

MFピーキング機能

ピントが合った被写体の輪郭部分に色(赤/黄/青から選択可能)が表示される[MFピーキング]で、マニュアルでの動画撮影をサポートします。

AF機能

5つのAF方式を採用

AF方式は[顔+追尾優先AF][スポット1点AF][1点AF][領域拡大AF(上下左右・周囲)][ゾーンAF]の5種から選択可能です。

  • 4K撮影時の注意点
  • AFはコントラスト検出AF方式となります。
  • AF方式は「顔+追尾優先AF」「1点AF」のみ設定可能です。
  • 動画サーボAFの「AF速度」と「被写体追従特性」は、機能しません(設定は無効)。

動画サーボAFでピント合わせが快適に
追従特性のカスタマイズも可能

フルHD・HD撮影時は、デュアルピクセルCMOS AFが威力を発揮。[顔+追尾優先AF]では、合焦した人物をカメラが自動的に追尾。動きに合わせて高精度にピントを合わせ続けます。また、[1点AF]では動画サーボAFの特性がカスタマイズできるので、被写体や表現意図に合わせた動画撮影が行えます。

動画サーボAFのカスタマイズ:AF速度

被写体の動く速さや表現意図により、[AF速度]の設定が可能。設定幅は[遅い(-7~-1)/標準/速い(+1・+2)]の10段階。動画におけるピント移動は、遅いほうが違和感を与えにくいため[遅い]の設定幅を広くしています。作動条件は[常時/撮影中]から選択が可能。[撮影中]を選ぶと、撮影前のピント合わせ時、設定した速度にかかわらず[標準]でレンズが駆動し、撮影準備をスピーディーに済ませられます。

  • 動画撮影時の低速ピント送りに対応しているレンズ使用時に設定できます。
図:動画サーボAF設定画面

動画サーボAFのカスタマイズ:被写体追従特性

「被写体追従特性」は7段階から設定可能。[粘る](-3~-1)では、被写体がAFフレームから外れたり、障害物が横切ったりしても、ピントをある程度保持。意図しないピント移動を抑制し、安定したAF撮影をサポートします。逆に[敏感](+1~+3)は、遠くの被写体から手前を横切る被写体にピントを移すといった表現に有効です。

図:被写体追従特性設定画面

その他の機能

HDMI 4K出力対応

4K動画(23.98p/25.00p)をHDMI出力し、外部機器で記録・表示することが可能。映像信号はYCbCr4:2:2、8bitで、内部記録時よりも色調を精緻に記録できます。

内蔵ステレオマイク

画質だけでなく、音もハイクオリティーに記録。録音レベルは[オート/マニュアル/しない]の切り替えが可能。マニュアル録音レベルは64段階から調整できます。

ウィンドカット/アッテネーター機能

屋外での撮影時、風の影響により発生する音を低減することができるウィンドカット機能や、大きな音が入力されたときの音割れを自動的に抑制するアッテネーターを搭載。

図:ウィンドカット/アッテネーター機能設定画面

動画トランスコード

撮影した4K動画をフルHD/HDに、フルHD動画をHDに、カメラ内で圧縮(トランスコード)可能。また専用アプリ[Camera Connect]を使えば、カメラ内の動画を圧縮しながらスマートフォンやタブレットへ転送することも。SNSへのアップロードもスムーズに行えます。

  • [Camera Connect]はApp Store(iOS用)、Google Play(Android用)からダウンロード(無料)してください。
図:動画トランスコード機能

ビデオスナップ機能

スナップ写真感覚で撮った短い動画(シーン)をつなぎ合わせて、1つのショートムービーを作成。撮った動画の編集が快適に楽しめます。記録サイズはフルHDです。1シーンの撮影時間は、[約4/6/8秒]から選択。撮影をスタートすると、設定した時間で自動的に撮影が終了します。[撮影しない]や秒数を切り換えるなどの動作を行うと、新規のビデオスナップアルバムとして保存。保存されたアルバム内のスナップの入れ換えや削除も簡単に行えます。

  • 一つのビデオスナップに、異なる秒数を混在させることはできません。
図:ビデオスナップ機能

より快適な動画撮影のためにおすすめしたいこと

動画撮影時のメモリーカードの書き込み/読み出し速度は、4K:SDメモリーカードUHS-II、ビデオスピードクラス60以上、フルHD・HD(ALL-I):SDメモリーカードUHS-I、UHSスピードクラス3以上、それ以外はUHS-Iスピードクラス3以上の大容量カードをご使用ください。カードの書き込み速度が遅いと、カメラの内蔵メモリーを消費してしまうため、自動的に動画撮影が終了することがあります。その他圧縮形式のカード速度は[仕様]でご確認ください。最長記録時間は29分59秒(ハイフレームレート動画は7分29秒)です。