RF100mm F2.8 L MACRO IS USM 概要

最大撮影倍率1.4倍の高画質マクロレンズ。ボケ描写を自在に調整できる機能も搭載。 RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

おもな特長

EF100mm F2.8L マクロ IS USMの高画質をベースに、マクロ撮影・映像表現の可能性を拡大する”L”マクロレンズ。

最大撮影倍率1.4倍、ボケ描写を自由に変えられるSAコントロールリングを搭載。EOS Rシステムがカバーする撮影領域をさらに広げ、マクロ撮影におけるユーザーの表現意欲に応えます。

最大撮影倍率1.4倍

一般的なマクロレンズの最大撮影倍率である等倍(1.0倍)を超え、最大撮影倍率1.4倍(最短撮影距離0.26m)のマクロ撮影を実現。迫力ある描写とともに身の回りの小物や花などの質感や細部の表現が可能。

「SAコントロールリング」によるユーザーの好みに合わせた自由なボケ描写

球面収差を変化させることができる「SAコントロールリング」をキヤノンとして初めて採用。ユーザーの好みに合わせた自由なボケ描写を実現。最大撮影倍率1.4倍のマクロ撮影と合わせて、多様な写真表現を気軽に楽しむことが可能。

  • ・「SAコントロールリング」を-側に回すと、フォーカス位置よりも後方のボケの輪郭が柔らかくなり、フォーカス位置より手前のボケの輪郭が硬くなる表現が可能。
  • ・+側に回すと、フォーカス位置よりも後方のボケの輪郭が硬くなり、フォーカス位置より手前のボケの輪郭が柔らかく表現が可能。
  • ・+側/-側のどちらに回しても、フォーカス位置にある被写体は、被写体を柔らかい雰囲気で描写できるソフトフォーカス効果を実現。

新規光学設計と手ブレ補正機構

最前面のレンズを凹面で開始することで至近撮影時の球面収差を抑制するなど、13群17枚の新規光学設計により、画質劣化の原因となる諸収差を低減し、マクロ撮影も含め、定評のある「EF100mm F2.8L マクロ IS USM」(2009年10月発売)と同等の画面全域で収差の少ない高画質な描写を実現。

「EOS R5」(2020年7月発売)装着時は、ボディー内の手ブレ補正機構と協調制御することで、8.0段の手ブレ補正効果を実現し、動画撮影時も高い手ブレ補正効果を発揮。

ボディー内手ブレ補正機構を搭載していない「EOS R」(2018年10月発売)装着時は、5.0段の手ブレ補正効果を実現。動画撮影時は、カメラと協調する「コンビネーションIS」により手ブレを低減。

  • CIPA規格に準拠

搭載テクノロジー

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

  • NEW

2021年7月下旬発売予定

商品コード:
4514C001
型番:
RF10028LMIS
JANコード:
4549292-168075
価格:
オープン価格