RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE アプリ・ソフトウエア

ワークフローをさらに効率化する3つのツール

VR動画撮影時のみならず編集までを手軽に。リモート撮影、再生、変換に対応する各種ツールで、ハイクオリティーな映像制作を目指すクリエーターをサポートします。

図:ワークフローをさらに効率化する3つのツール

撮影アシストアプリ
「EOS Utility」「Camera Connect」(無料)

「EOS Utility」は有線接続でPCからのリモート撮影に対応。ライブビュー撮影で[円周魚眼/正距円筒][左/右]を切り替えて表示することが可能です。「Camera Connect」は、スマートフォンやタブレットとWi-Fi接続し、リモート撮影が可能。屋外での撮影に便利です。

  • VR対応できない機能は制限されます。
  • 拡大表示時は、正距円筒図法に変換されません。
EOS Utility
図:EOS Utility
Camera Connect
図:Camera Connect
  • 対応機種:2021年12月発売時点の最新のファームウエアにアップデートしたEOS R5+RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE
  • 対応OS:<EOS Utility>Windows/mac OS <Camera Connect>iOS/iPad/Android

VR動画確認・変換アプリ
「EOS VR Utility」(有償)

レンズの構造上左右逆に記録されている魚眼画像の左右入替や、正距円筒図法への変換(動画・静止画に対応)、レンズの各種補正対応(視差補正、水平補正)、再生・簡易カット編集が行えます。また、8K動画の4K以上の画像サイズ、保存形式への変換や、Canon Log動画用のルックアップテーブルにも対応しています。

図:VR動画確認・変換アプリ「EOS VR Utility」(一部有料)
  • 対応機種:2021年12月発売時点の最新のファームウエアにアップデートしたEOS R5+RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE
  • 対応OS:Windows/mac OS

動画編集プラグイン
「EOS VR Plugin for Adobe Premiere Pro」
(有償)

180°のVR画像をAdobe Premiere Proが扱える形式に変換(左右入替・正距円筒図法)。撮影したデータをダイレクトに編集可能です。視差補正と水平補正にも対応しています。

図:動画編集プラグインソフト「EOS VR Plugin for Adobe Premiere Pro」(一部有料)
図:NLE用プラグイン
  • 対応機種:2021年12月発売時点の最新のファームウエアにアップデートしたEOS R5+RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE
  • 対応OS:Windows/mac OS