ソフトウエア
Image Transfer Utility 2

PCへ写真データを自動送信 Image Transfer Utility 2 無料

カメラ内にある撮影した画像データのバックアップや共有が、もっとかんたんに。新たにPCへの自動送信や、そのままPCからクラウドへの連携ができるようになりました。写真の確認や管理がより快適に行えます。

イメージ:編集画面
  • Image Transfer Utility 2のダウンロード(無料)とインストールが必要です。カメラとPCはそれぞれご家庭のネットワークに接続し、初回のみ事前にペアリングを行う必要があります。PCの電源が入っており、ログインしている状態であることと、カメラの電源をONにする必要があります。電源ONのままWi-Fi接続を切断した場合や機能を終了したときには、いったん電源OFF後、ONにする必要があります。
対応機種
EOS R/EOS RP/EOS 90D/EOS Kiss M/EOS M6 Mark II/PowerShot G5 X Mark II/PowerShot G7 X Mark III/PowerShot SX70 HS/PowerShot SX740 HS
対応OS
Windows 7(Service Pack 1)/Windows 8.1/Windows 10
OS X 10.11/macOS 10.12、10.13、10.14

Image Transfer Utility 2のおもな特長

①PCへ画像を自動送信

Wi-Fiに接続した状態であれば、ペアリングしておいたPCへ差分データのみを自動送信することが可能。撮影後、自宅に帰ってカメラの電源をONにしておくだけで、PCへデータを自動でバックアップできます。また、RAW画像や4K動画のデータも、そのままの画質で送信できます。

図:PCへ画像を自動送信 イメージ図

②PCに自動転送した画像をクラウドに自動同期

PCからWebサービスへの自動転送が任意で可能に。一度カメラから取り込んだ画像データを、CANON iMAGE GATEWAY内のアルバム※1や、その他のWebサービスに接続、保存することができます。日常的な記録用バックアップから、友人や家族への写真の共有も、楽々です。

図:クラウドに自動同期 イメージ図
  • ※1
    CANON iMAGE GATEWAYオンラインアルバムのサービス対象国で利用できます。
  • ※2
    リサイズに設定した場合は基準サイズ(長辺2048ピクセル以下)のJPEGのみアップロードされます。

【Image Transfer Utility 2の設定画面】

イメージ:設定画面

Image Transfer Utility 2の接続方法

①Image Transfer Utility 2をPCにインストールする

キヤノンのホームページからソフトウエア Image Transfer Utility 2 をダウンロードして、PCにインストールします。

図:インストールステップ

②カメラとPCをペアリングさせる

カメラとPCをワイヤレスでつなぎ、画像データを取り込む設定をします。

  • アイコン:カメラのイラストの手順はカメラ、アイコン:PCはPCの操作です。
図:カメラとPCをペアリング

接続方法についてより詳しい説明は、こちらをご覧ください。