EOS 90D SPECIAL SITE

4K動画

動画も、もっと先進的に

EOS MOVIE

EOS MOVIE

プロの映像制作現場でも選ばれてきたEOSムービー。
静止画のような高画質・高感度な映像表現は、
大型センサーと多彩な交換レンズを持つEOSならでは。
デュアルピクセルCMOS AFを搭載することで、
滑らかなAF動作と動画撮影に求められる高い追従性も両立しています。
写真とはまた違う表現の魅力が広がります。

4K動画瞳AF

4K動画撮影時も、デュアルピクセルCMOS AFが機能。[顔+追尾優先AF]時、AF領域内に顔が検出された場合には、顔を優先してAF実行します。また、被写体の瞳を検知してAFする[瞳AF]にも対応。サーボAF時にも、動き回る被写体の瞳をしっかりと追尾します。

※ AF方式が[スポット1点AF][1点AF][ゾーンAF]に設定されていると[瞳AF]は使えません。瞳とカメラの距離が同程度の場合は、画面中心に近い方の瞳を選択します。

4K動画で瞳AF

※ AF方式が[スポット1点AF][1点AF][ゾーンAF]に設定されていると[瞳AF]は使えません。瞳とカメラの距離が同程度の場合は、画面中心に近い方の瞳を選択します。

4K 30p 動画撮影

EOS 90Dは、フルHDの約4倍の解像度で記録される4K※1(UHD)(3840×2160)動画撮影を実現。フレームレートは30p/25p※2。撮影中のオートフォーカスや動画電子ISなどさまざまな機能を数多く搭載することで、本格的な映像制作をサポートします。また、4K動画はクロップ[する/しない]を選択可能。クロップ[しない]を選択すると、レンズの焦点距離をそのまま活かせるため、広角レンズ使用時、その特性を活かした表現が可能です。

※1 画像処理により4K(UHD)解像度での出力としています。 ※2 PAL設定時。

図:クロップありなし 図:クロップありなし

※1 画像処理により4K(UHD)解像度での出力としています。
※2 PAL設定時。

30p

4K動画フレーム切り出し

4K動画の1フレームを、約830万画素(3840×2160)の画像として任意のシーンをJPEGで保存。写真素材や4K撮影時のピントチェックとしても活用できます。

※ 切り出した画像のリサイズ、トリミングはできません。フルHD動画からのフレーム切り出しはできません。動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。

4Kタイムラプス動画

一定間隔で撮影した静止画をつなげ、4K(UHD)動画として記録・再生。天体や風景、草花の成長など、時間の経過とともに変化する被写体の様子を高画質で描き出します。

5軸補正 動画電子IS

動画撮影時に有効な動画電子ISは5軸手ブレ補正(水平回転、縦回転、回転軸、左右、上下)に対応しています。IS対応レンズ使用時には、レンズ側で水平回転、縦回転の光学手ブレ補正を実行します。

※ 動画電子IS使用時は撮影範囲が狭くなります。

フルHD120pハイフレームレート動画

120p/100p※1のハイフレーム動画撮影※2をフルHDで実現。スポーツや動物などの速い被写体や、一瞬の動きを滑らかなスローで美しく撮影できます。

※1 PAL設定時。
※2 1シーンの撮影時間は最長7分29秒です。音声は記録されません。また、動画撮影時にAF、動画電子ISの設定はできません。ハイフレームレート動画撮影時はクロップされた画角になります。

120p

  • なぜAPS-C一眼レフが選ばれ続けるのか
  • EOS90DGALLERY

FEATURES

  • 一眼レフ性能に、ミラーレスカメラの先進を 2つのAF性能
  • 約3250万画素APS-Cサイズ CMOSセンサー高画質
  • 動画も、もっと先進的に4K動画
  • 撮影者の集中力をすべて被写体に注げる信頼性と拡張性