CanonEOS R SYSTEM

LOADING...

EOS R

特長紹介

2018年10月25日
発売予定

大口径
マウント
×ショートバック
フォーカス
×新マウント
通信システム
想像を超える高画質へ。

EOS Rシステムを象徴するRFマウントは、想像を超える高画質を実現するために、大口径マウント、ショートバックフォーカスを採用。さらに、新マウント通信システムにより、カメラとレンズの通信機能が飛躍的に向上しました。

EOS Rシステム、3つのキーワード。

  • ・大口径マウント

    かつてない映像表現と撮影領域拡大のために、RFマウントはEFマウントの大口径54mmを継承。F値の明るい高画質レンズをはじめ、ハイスペックなレンズ開発が可能になりました。

  • ・ショートバックフォーカス

    RFレンズの性能を最大限に発揮させるためには、ショートバックフォーカスの採用が不可欠でした。その結果、ミラーレス構造を選択。これにより、光学設計の自由度を高められます。

  • ・新マウント通信システム

    12ピンの電子接点を採用することで、通信速度が飛躍的に向上。フォーカスや絞り、手ブレ補正、諸収差などのレンズ情報を、瞬時にカメラ側へ伝達できます。

高性能、約3030万画素CMOSセンサー。

CMOSセンサー

約3030万画素・35mmフルサイズCMOSセンサーを採用。RFレンズに対応した光学設計の最適化を図り、高い解像力を実現しています。またフルサイズという大型センサーが、RFレンズの美しいボケ味を引き出します。

手ブレ補正最大5段分。デュアルセンシングIS。

レンズのジャイロセンサーに加え、カメラのCMOSセンサーの画像情報からブレ量を検出。2つの情報を比較解析することで、レンズ側で検出できなかったブレも高精度に検知、補正可能に。レンズの光学ISと合わせて最大5段分を達成しました。

※ CIPA試験基準。静止画撮影時。RF24-105mm F4 L IS USM/RF35mm F1.8 MACRO IS STMのみ対応可能(2018年9月現在)。

先進の画像処理性能、
DIGIC 8。

映像エンジンDIGIC 8搭載。CMOSセンサーとの相乗効果により、高画素と高感度化・低ノイズ化を高次元で両立。常用ISO感度は100〜40000※1(静止画)。さらにオートライティングオプティマイザと高輝度側・階調優先※2の白トビ抑制効果が向上しています。

  1. ※1 推奨露光指数。
  2. ※2 高輝度側・階調優先機能を[する]にすると、オートライティングオプティマイザは自動的に[しない]に設定されます。また、ISO感度の設定範囲は200〜40000となります。拡張ISO感度の設定はできません。
ISO12800
カメラ内デジタルレンズオプティマイザ

レンズごとに異なる収差や回折を適切に補正し、写真本来の解像度を復元する機能「デジタルレンズオプティマイザ」。EOS Rシステムでは、RFレンズがデジタルレンズオプティマイザ用のデータを保持。高速通信により、データを瞬時にカメラ側に伝達します。これにより、撮影しながら光学的な収差や回折の処理を実行できるように。連続撮影枚数にも影響しないため、初期設定から[する]を適用しています。

世界最速。
AFスピード0.05秒。
世界初。
AF低輝度限界 EV-6。

世界最速0.05秒※1の高速AFを実現。被写体の一瞬の動きを逃さず補足します。AF低輝度限界は、世界初のEV-6※2を達成。暗いシーンでの高精度な合焦を可能にします。

世界最速AF、0.05秒を達成※1

EOS RのデュアルピクセルCMOS AFは、35mmフルサイズカメラにおいて世界最速※1のAFスピードを達成。撮影者の意思に遅れることなく動体の一瞬の動きを捉えます。さらにAF精度や追尾性能も進化。あらゆるシャッターチャンスに対応します。

  1. ※1 2018年9月4日現在販売されている35mmフルサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルミラーレスカメラの撮像面位相差AFおよびコントラストAFにおいて(キヤノン調べ)。CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。
    [測定条件]測距輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、RF24-105mm F4 L IS USM使用、焦点距離24mm位置、シャッターボタン操作による静止画撮影時、AF方式:1点AF(中央)、AF動作:ワンショットAF時
  2. ※2 35mmフルサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルカメラの撮像面位相差AFにおいて。2018年9月4日現在(キヤノン調べ)。キヤノン試験基準による。(静止画撮影時・F1.2・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100)
デュアルピクセルCMOS AF(イメージ)

自由な構図を
可能にする、
AFエリア拡大。

測距可能エリアはEOSフルサイズ最大の横約88%×縦約100%に拡大。さらに、AFエリア任意選択時のAFフレーム選択可能ポジションは5655。画面の広い範囲をきめ細かいピッチで移動・選択可能です。

最高約8.0コマ/秒の高速連写。

約3030万画素を維持したまま最高約8.0コマ/秒の連続撮影を達成。動きの中にある決定的なシーンを高画質で捉えます。RFレンズ使用時は表示フレームレートを向上させる[高速表示]が選択可能。連写中のフレーミングをサポートします。奥行き情報を活用することで被写体追尾性能も向上しています。

※ AF動作が[ワンショットAF]時。また撮影条件(バッテリー残量、温度、フリッカー低減処理、DPRAW撮影、シャッタースピード、絞り数値、被写体条件、明るさ、AF動作、レンズの種類、ストロボ使用、撮影機能の設定など)により異なります。サーボAF時は、最高約5.0コマ/秒(連続撮影速度優先)となります。

※ 画像はサーボAF時、5.0コマ/秒時のイメージです。

瞳AFを搭載。

被写界深度が浅い開放撮影時でも、被写体の瞳をピンポイントで検知してフォーカスを合わせます。シビアなピント合わせが求められるポートレート撮影に効果を発揮します。

※ [ワンショットAF]、[顔+追尾優先AF]、[瞳AF:する]の時に機能します。初期設定ではカメラに近い方の瞳を自動で選択。瞳とカメラの距離が同程度の場合は、画面中心に近い方の瞳を選択します。また、手動で選択することも可能。顔選択フレーム内の瞳をタッチして選択するか、十字キーでAFフレームを移動することも可能です。

焦点距離最大1600mmでAFが可能に。

測距エリア全域でF8/F11光束対応AFを実現。従来のフルサイズEOSではファインダーAFが行えなかった、EF800mm F5.6L IS USMやEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM(望遠側)にエクステンダー EF2× IIIを装着した場合などでもAFを実行できます。

※ レンズや状況によって対応できない場合があります。

[ EF800mm F5.6L IS USM装着時(F11)]
[ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM装着時(F11)]

世界初 AF低輝度合焦限界 EV-6

EV-6でのAFを実現。暗いシーンでも高精度なAF合焦が可能です。電子ビューファインダー(EVF)との相乗効果により、 光学ファインダーでは捉えられなかった被写体にも、 AFできます。

※ 35mmフルサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルカメラの撮像面位相差AFにおいて。2018年9月4日現在(キヤノン調べ)。キヤノン試験基準による。(静止画撮影時・F1.2・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100)

肉眼での見え方
EVF内での見え方
EVF内での見え方
肉眼での見え方

先進のEVFと操作性で
快適な撮影をサポート。

OLED(有機EL)を採用した約369万ドットの高精細電子ビューファインダーを搭載。視野内には、撮影に必要な情報を多数表示。また、ユーザーの意思に応えるフレキシブルな操作系で、撮影への没入感を深めます。

ファインダー内縦表示が可能

カメラを縦位置に構えると、ファインダー内の各種アイコン、ヒストグラム、水準器も自動で縦型にレイアウトされます。

※ 静止画撮影時のみ。

カスタマイズ自在、
2つの操作系を新設。

使用頻度の高い機能をフレキシブルに割り当てられる「コントロールリング」と「マルチファンクションバー」を新設。設定の変更や操作を、EVFから目を離すことなく行えるので、撮影に集中できます。

コントロールリング

レンズ側にはコントロールリングを新設。カメラ側の2つの電子ダイヤルと組み合わせて、絞り、ISO、露出などを割り当てることで、より多くの設定をダイレクトに変更できます。

マルチファンクションバー

スライド操作と左右のタップ操作、3つのアクションにISO、ホワイトバランス、ピント確認、動画撮影、フレキシブルAE、AF、画像送りを任意に割り当てられます。

EVFをのぞきながら、さまざまな操作が可能

コントロールリング、マルチファンクションバーのほかにも、動画ボタンやMODEボタンなど、さまざまな部材に機能の割り当てが可能。EVFをのぞいて撮影に集中しながら、設定の変更や操作が行えます。

EVFをのぞいたまま、
AF位置を直感的に操作。

タッチ&ドラッグAFを搭載。ファインダーをのぞいたまま、タッチパネルの操作でピント位置を指定・移動可能。タッチ領域は9種類。動作エリアを親指が届く距離までに固定したり、左手用のエリアにしたり、撮影者のスタイルに合わせてカスタマイズできます。

フォーカス対象を
自在に変更

液晶パネルへのタッチで
AF枠を指定
液晶パネル上のドラッグで
AF枠が移動

撮影の自由度を高める
バリアングル液晶モニター。

タッチパネル対応のバリアングル液晶モニターを採用。ロー&ハイアングル撮影が快適に行えます。EVFと使い分けることで、さまざまなシチュエーションに柔軟に対応できます。

EOS初搭載の「Fvモード」。

Fvモード初期設定画面

シャッタースピード、絞り、ISO感度をAUTOにしたPモード(プログラムAE)の状態から、任意の数値を個別に変更できるモード。Fvモードから切り替えることなく、P/Tv/Av/Mモードをシームレスに移行可能です。

Fvモードの活用例

シャッタースピードをAUTOに、F値を8.0に固定。ISOはAUTOに設定。
(Avモード相当)

  • Tv:AUTO
  • Av:F8.0
  • ISO:AUTO
  • 露出補正:0

F値は8.0のままでシャッタースピードも任意の数値に。露出変化はISO AUTOで対応。
(Mモード相当)

  • Tv:1/400
  • Av:F8.0
  • ISO:AUTO
  • 露出補正:0

先進と普遍が融合したデザイン。

EOS Rシステムを象徴するマウントには、上質な金属を採用。
精緻かつ強固に連結するイメージで、システムとしての先進性、普遍性を訴求。
操作部材の形状や質感は、指先の感覚で判別できるよう、細部まで工夫されています。

4K・UHD、
新時代EOSムービー。
動画作品を
次のレベルへ。

4K・UHD(3840×2160)に加え、フルHD60p、HD120p、さらに4Kタイムラプス動画※1を記録可能です。4K動画の1フレームを、約830万画素(3840×2160)の画像としてjpegで保存することも(4Kフレーム切り出し※2)。ファインダーをのぞいたままでも動画撮影が行えるため、液晶モニターへの光の反射が気になる日中撮影にも便利です。

  • 強力な手ブレ補正で
    快適な撮影をサポート。

    動画撮影時の手ブレ補正効果も強化。IS搭載のRFレンズ※3装着時は、レンズ側のISで補正しきれていないブレ量を、カメラ側の映像情報で検出、補正効果を高めます。さらにカメラ側の動画電子IS※4とレンズ側のISの双方を新マウント通信によって協調制御、コンビネーションISとして強力な手ブレ補正効果を実現します。従来のIS搭載EFレンズとの組み合わせにおいては、レンズ側の手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合わせた5軸補正(レンズ側:水平回転、縦回転/カメラ側:回転軸、左右、上下)が可能です。IS非搭載レンズ装着時でも、カメラ内の動画電子IS※4がブレを補正します。

  • Canon Log採用で
    明暗部まで詳細に描写。

    プロの現場から支持されている記録方式、Canon Logを標準搭載し、800%※5の広いダイナミックレンジを確保。わずかなグレーディングを施すだけでディテールまで豊かな表現が可能。Canon Logを含めた4K撮影時は、ノイズリダクション処理にも対応。表現の自由度がさらに高まりました。4K記録時、YCbCr 4:2:2、10bitでのHDMI出力に対応しています(カメラ内部記録時はYCbCr 4:2:0、8bit記録となります)。

EOS MOVIEページで4K動画をご覧いただけます。

EOS MOVIEへ

  1. ※1 AF、動画電子IS、音声記録は動作しません。撮影間隔は最短2秒です。
  2. ※2 切り出した動画のリサイズ、トリミングはできません。フルHD動画からのフレーム切り出しはできません。
    動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。
  3. ※3 対応レンズ:RF24-105mm F4 L IS USM/RF35mm F1.8 MACRO IS STM(2018年9月現在)。
  4. ※4 動画電子IS使用時は、撮影範囲が狭くなります。
  5. ※5 Canon Log時のベースISO感度:400(ISO400よりも低感度で撮影した場合、ダイナミックレンジが12stopよりも低くなります。)

【快適な動画撮影のために】 動画撮影時のメモリーカードの書き込み/読み出し速度は、4K: SDメモリーカード UHS-II、ビデオスピードクラス60以上、フルHD・HD(ALL-I): SDメモリーカード UHS-I、UHSスピードクラス3以上、それ以外はUHS-Iスピードクラス3以上の大容量カードをご使用ください。カードの書き込み速度が遅いと、カメラの内蔵メモリーを消費してしまうため、自動的に動画撮影が終了することがあります。その他圧縮形式のカード速度は[仕様]でご確認ください。 ◎最長記録時間は29分59秒(ハイフレームレート動画は7分29秒)です。

揺るぎない
信頼性・親和性。

高強度かつ軽量、放熱性に優れたマグネシウム合金をカメラ内部にまで採用。軽量化と堅牢性を両立しています。電池室やカードスロットカバー等にはシーリング部材を組み込み、高い防塵・防滴性能を実現しています。

防塵・防滴構造

電池室やカードスロットカバー開閉部などにはシーリング部材を採用。ダイヤル回転軸など、シーリング部材を組み込みにくい箇所でも、部品間の隙間を極力小さくするよう高精度化。不用意に降りかかる砂塵や水滴などの侵入を抑制します。

赤線:シーリング部材、緑線:高精度化パーツ

※ カメラは防塵・防滴に配慮した構造ですが、砂塵や水滴などの侵入を完全に防ぐものではありません。

電源OFF時、シャッターが閉じる設計。

電源を切ると自動的にシャッターが閉まります。レンズ交換時などに外部からのゴミやホコリの侵入を防ぎ、CMOSセンサーを保護します。

左図:電源ON、右図:電源OFF

画像の転送・シェア機能も進化。

Wi-FiおよびBluetoothに対応。スマートフォンやタブレットへの画像の自動転送、リモート撮影のほか、PCへ差分データのみの自動転送が可能です※1。カメラが電源OFF時でも、スマートフォンの操作だけでカメラ内の画像閲覧や転送、リモート撮影が開始できます※2

  1. ※1 事前にペアリングが必要です。PCへの転送には、アプリ「Image Transfer Utility 2」のダウンロードとインストールが必要です。
  2. ※2 iOS端末の場合、端末側で切り換え操作が必要な場合があります。
  • ※ 本体標準価格はオープン価格です。
  • ※ 画像はすべてイメージです。

TOP