CanonEOS R SYSTEM

  • EF200mm F2L IS USM 1/40sec F2.2 ISO10000
  • RF24-105mm F4 L IS USM 1/1600sec F8.0 ISO100
  • EF24-105mm F4L IS II USM 1/500sec F4.0 ISO1600
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 1/1250sec F6.3 ISO200
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 1/40sec F5.0 ISO20000
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 1/1600sec F8.0 ISO200
  • EF16-35mm F2.8L III USM 1/1000sec F5.0 ISO200
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 1/1600sec F7.1 ISO200
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 1/400sec F8.0 ISO200
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 1/2000sec F11 ISO100
  • EF16-35mm F2.8L III USM 1/800sec F6.3 ISO200
  • EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF1.4× III
     1/100sec F6.3 ISO2000

IMPRESSION

カメラが進化すれば、時代が変わる。

ミラーレスカメラと聞いたとき、断ろうと思ったというルーク・オザワ氏。
半信半疑で使っていく中、そのポテンシャルに驚かされたという。
EOS RのサーボAFや高感度性能など、自身の撮影スタイルとの可能性を語ります。

PROFILE

ルーク・オザワLUKE H. OZAWA
1959年、東京都生まれ。ヒコーキと向き合い45年、風景とヒコーキをシンクロさせた画づくりに定評があり、美しき光と色彩溢れる日本の四季折々の空と対峙する傍ら、海外の空の撮影も行う。カレンダー撮影、ラジオ、テレビ、各種セミナーなど幅広く活躍。写真集『JETLINER』シリーズなど著書多数。

シェアする

  • facebook
  • twitter

TOP