CanonEOS R SYSTEM

RF F2.8 L IS series

特長紹介

RF15-35mm F2.8 L IS USM
NEW
RF15-35mm
F2.8 L IS USM
RF24-70mm F2.8 L IS USM
NEW
RF24-70mm
F2.8 L IS USM
RF70-200mm F2.8 L IS USM
NEW
2019年11月21日発売予定
RF70-200mm
F2.8 L IS USM

ジャンルを問わず、世界中のプロフォトグラファーの常用ズームレンズとして親しまれてきた、F2.8 Lシリーズ。RFマウントのもと光学設計を一新した3本の“眼”には、待望のIS(手ブレ補正)機構を搭載。キヤノンの光学技術の粋を結集することで実現した、新次元の描写性能。あなたの被写体で、その高画質を体感してください。

scroll

01

Lレンズ

鏡筒に刻まれた一本のレッドライン。それは、一切の妥協を許さず、厳格な基準をクリアした高性能レンズの証「L」。UDレンズ、大口径・非球面レンズなど、文字通りLuxuryな特殊光学材料を採用した光学設計、高度な光学理論と、超精密加工技術を惜しみなく注ぎ込みました。RFマウントで、開発の自由度がさらに拡大。RF F2.8 L ISシリーズは、Lレンズの次代をも切り開きます。

[RF15-35mm F2.8 L IS USMの構成図]

図:RF15-35mm F2.8 L IS USMの構成図図:RF15-35mm F2.8 L IS USMの構成図

[RF24-70mm F2.8 L IS USMの構成図]

図:RF24-70mm F2.8 L IS USMの構成図図:RF24-70mm F2.8 L IS USMの構成図

[RF70-200mm F2.8 L IS USMの構成図]

図:RF70-200mm F2.8 L IS USMの構成図図:RF70-200mm F2.8 L IS USMの構成図
図:特殊コーティングSWC
[SWC]
ナノサイズのくさびが反射を抑制。

※ SWC=Subwavelength Structure Coatingの略。

図:ASC 空気と二酸化ケイ素からなる超低屈折率層
[ASC]

※ ASC=Air Sphere Coatingの略。

[特殊コーティング(技術)SWC]
入射角が大きな光に対しても優れた反射防止効果を実現。広角レンズなど曲率が大きなレンズでも、周辺部のフレアやゴーストの発生を大幅に抑制します。
[特殊コーティング(技術)ASC]
特に垂直に近い角度で入射する光に対して威力を発揮。逆光時にも、フレア・ゴーストの発生を大幅に抑制します。

02

F2.8

ズーム全域でF2.8がもたらすメリットは、言うまでもありません。時間や場所を問わずシャッターチャンスを狙う撮影者にとって、必要不可欠な性能です。RF F2.8 L ISシリーズは、いずれも9枚羽根を採用。円形に近い美しく大きなボケで被写体を引き立てます。

  • 写真:RF15-35mm F2.8 L IS USMで撮影
    RF15-35mm F2.8 L IS USM
  • 写真:RF24-70mm F2.8 L IS USMで撮影
    RF24-70mm F2.8 L IS USM
  • 写真:RF70-200mm F2.8 L IS USMで撮影
    RF70-200mm F2.8 L IS USM

03

5段分IS

RFマウントによって、レンズを肥大化させることなくIS(手ブレ補正)機構の搭載を実現。光学ISの制御アルゴリズムの見直しと、デュアルセンシングISにより、静止画撮影時の手ブレ補正効果が5段分※1を達成しました。F2.8の明るさと相まって、より薄暗いシーンでの撮影に威力を発揮します。

  • 写真:IS ON
  • 写真:IS OFF
RF24-70mm F2.8 L IS USM 0.8sec

手ブレ補正機構

  • IS ON
  • IS OFF
図:デュアルセンシングIS(静止画)図:デュアルセンシングIS(静止画)
デュアルセンシングIS(静止画)

デュアルセンシングIS(静止画)

レンズのジャイロセンサーに加え、カメラのCMOSセンサーの映像情報からブレ量を検出。この二つの情報を比較解析することで、ジャイロセンサーが持つノイズを除去。レンズ側で検出できなかった低周波※2の揺れも高精度に検知、補正することが可能です。レンズの光学ISと合わせて最大5段分※1を達成しました。

コンビネーションIS(動画)

動画撮影時の手ブレ補正効果も強化。レンズ装着時は、レンズ側のISで補正しきれていないブレ量を、カメラ側の映像情報で検出、補正効果を高めます。さらにカメラ側の動画電子IS※3とレンズ側のISの双方を新マウント通信によって協調制御、コンビネーションISとして強力な手ブレ補正効果を実現します。

  1. ※1 CIPAガイドライン準拠。
  2. ※2 呼吸などによる体のゆっくりとした揺れ。
  3. ※3 動画電子IS使用時は、撮影範囲が狭くなります。

04

ナノUSM

高速AFを可能にする小型の超音波モーター、ナノUSM。静止画撮影時には高いAF性能により、動きの速い被写体も高速・高精度に捕捉します。動画撮影時にはスムーズなAFを実現。被写体の動きに合わせてなめらかに追従、快適なピント合わせが可能です。

※ USM=Ultrasonic Motor:超音波モーターの略。

ナノUSM
  • 写真:RF24-70mm F2.8 L IS USMで撮影
    RF24-70mm F2.8 L IS USM
  • 写真:RF70-200mm F2.8 L IS USMで撮影
    RF70-200mm F2.8 L IS USM

05

防塵・防滴

図:防塵・防滴

防塵・防滴

レンズ接合部やスイッチパネルなど、さまざまな場所に防塵・防滴構造を採用。粉塵や水滴の侵入を防ぐため、屋外撮影での突然の雨や、水際での撮影など、過酷な環境下でも高い信頼性を発揮します。また優れた耐衝撃性を実現。

※ 防塵・防滴に配慮した構造になっていますが、砂塵や水滴などの侵入を完全に防ぐことはできません。

図:フッ素コーティングの効果

フッ素コーティング

レンズの最前面と最後面にフッ素コーティングを採用。油や水をはじきやすく、レンズに付着した油分も、乾いた布だけで簡単に拭き取れます。ホコリなどを寄せ付けにくく、傷が付きにくいのも特長です。

TOP