CanonEOS R SYSTEM

RF LENS 2019年、新たなRFレンズが6本登場。

2019年中の発売を目指し、
6本のレンズを開発中です。
EOS Rシステムだからこそ実現できた
新しいレンズラインアップ。
あなたの表現領域をさらに拡大します。

  1. ※ 仕様の詳細・価格・具体的な発売時期は未定です。
  2. ※ 製品画像はすべて外観サンプルを元にしたイメージです。

幅広い表現領域をカバーする
高倍率ズームレンズ

RF24-240mm
F4-6.3 IS USM

小型・軽量ながら24-240mmという高倍率ズームを実現しました。
静止画も動画も、あらゆるジャンルの撮影にこれ1本で対応できます。

F2.8 L IS
ズームレンズシリーズ

RF15-35mm
F2.8 L IS USM

ワイド端15mmを実現した超広角ズームレンズ。
ISの搭載により、手持ちでの風景撮影・スナップなどをサポート。

RF24-70mm
F2.8 L IS USM

標準域をカバーする“24-70mm”がRFレンズで登場。
F2.8ながらISを搭載しています。

RF70-200mm
F2.8 L IS USM

RFレンズ初の望遠“L”ズームレンズ。
キヤノンの望遠・超望遠系Lレンズを象徴する白い鏡筒を継承。
小型・軽量化も達成しています。

開放F1.2の
中望遠単焦点レンズ

RF85mm
F1.2 L USM

画面中心から周辺まで優れた高画質を実現した、大口径単焦点レンズ。
絞り開放から圧倒的な描写力を発揮します。

RF85mm
F1.2 L USM DS

RF85mm F1.2 L USMと同様の光学系に加え、
蒸着膜技術(開発中)を採用。
ボケ像のエッジを滑らかにし、独特のボケ描写が可能。
ポートレートなどに適した1本です。

※ DSはDefocus Smoothingの略称です。

発売に先駆けて、2019年2月28日(木)から3月3日(日)までの4日間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催されるカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2019」で参考出展する予定です。

TOP