半島公文 健太郎

長い年月にわたる人の営みが
日本の「地」をつくってきた。
その一方で、「地」が
日本人の暮らしに
与えてきた影響も大きい。
島国、日本。
複雑に曲折するその海岸線は、
半島同士のつながり
そのものだ。
「半島」を巡る旅を通し
日本を見つめ直す。

EOS RP IMPRESSION MOVIE VOICE 公文 健太郎 #能登半島

WEBコンテンツムービー写真家 公文健太郎「半島」~能登半島 前編~

ブリ、タイ、タコ― 。
能登半島で獲れた
海産物の多くは
都市へと運ばれていく。
穏やかな東側を抜け
半島の先端をまわると
突如、海が変わった。
風はないのに波が高い。
この先は半島の西側、
日本海の海岸線を辿っていく。

公文 健太郎
1981年生まれ。雑誌、書籍、広告で活躍しながら、国内外で作品を制作。
近年は日本の農業の風景を中心に撮影。経営者や人間国宝の撮影も手がけている。
写真集に「大地の花」(東方出版)、「BANEPA」(青弓社)、「耕す人」(平凡社)、
フォトエッセイに「ゴマの洋品店」、写真絵本に「だいすきなもの」などがある。
  • 能登半島 前編
  • 能登半島 後編
  • Coming Soon

おすすめのコンテンツ

  • 小型・軽量と高性能を両立 EOS RPの7大特長
  • 熱情之印度 竹沢うるま

TOP