8年ぶりのニューヨーク。
かつて自分を奮い立たせてくれた街。成長のきっかけをくれた街。
今の僕には、何が見えるだろう。何が写るだろう。
世界中の夢や希望、欲望が集まるこの街を
俳優ではなく、写真を愛する一人の人間として撮った。
いい写真の予感が止まらない。

  • EOS RP IMPRESSION MOVIE VOICE 市原隼人 #NEW YORK

ニューヨークを撮りたい。その湧き出る思いは、
ニューヨークで生きる人々にもあった。
煌びやかな世界だけじゃない。生きるために。
夢を叶えるために。人間の数だけドラマがある。
市原隼人が出会った、渇望に溢れるニューヨークの隙間。

RF24-105mm F4 L IS USM 1/80sec F9.0 ISO100
info

「いい写真の予感しかない」

RF24-105mm F4 L IS USM 1/500sec F4.0 ISO100
info

ニューヨークは、自分にとって憧れの場所なんです。
新しい自分を探せるかもしれない。
そう思って海を渡ったのが、8年前。23歳の時でした。
この街が自分を変えてくれる。
いや絶対自分は大きくなれるんだっていう、
根拠のない自信をストレートに持たせてくれた街なんです。

RF24-105mm F4 L IS USM 1/200sec F9.0 ISO160
info
RF24-105mm F4 L IS USM 1/80sec F4.0 ISO100
info
RF24-105mm F4 L IS USM 1/320sec F4.0 ISO100
info

「完全に自分が間違っていた」

RF24-105mm F4 L IS USM 1/80sec F4.0 ISO400
info

ニューヨークは、いい写真の予感しかない。
撮れる予感しかないと思っていたんです。
でも、それは自分だけの勝手な感情だったんですね。
ニューヨークってどこを撮っても、ある意味、絵になってしまう。
だからつい撮らされてしまう場面が多かったんです。
いつの間にか、どうしてこういうものがないのか、って
探している自分がいて。
完全に自分が間違っていた。求めすぎていたんです。
こう撮りたいからこうあって欲しいって。
そんなの無理じゃないですか!
肩に力が入りすぎて、浮足立ってたんでしょうね、嬉しすぎて。
憧れのニューヨークだーって。
あの頃の思いでここを撮りたいと思い過ぎて、ハマり過ぎてた。
今思うと、それがすごく悔しかったです。
こんなに悔しい思い、写真ではなかったかもしれません。
ニューヨークで、こんなに楽しくて辛くて悔しくて、
忘れられない思い出を作ってしまったっていうのがまた悔しい。

RF24-105mm F4 L IS USM 1/80sec F4.0 ISO100
info
RF50mm F1.2 L USM 1/250sec F1.4 ISO100
info
RF24-105mm F4 L IS USM 1/200sec F4.0 ISO100
info
RF24-105mm F4 L IS USM 1/60sec F4.5 ISO640
info

「こんなに楽しくて辛くて悔しくて」

RF50mm F1.2 L USM 1/500sec F1.2 ISO1250
info
RF35mm F1.8 MACRO IS STM 1/200sec F2.0 ISO800
info
RF50mm F1.2 L USM 1/250sec F1.8 ISO1600
info
RF35mm F1.8 MACRO IS STM 1/100sec F1.8 ISO320
info
RF35mm F1.8 MACRO IS STM 1/100sec F8.0 ISO6400
info

「孤独も感じるけど、ファインダーを覗くと安心感も湧いてくる」

ほんと、ツンデレな街ですよ(笑)。
いろんな人に『来なよ、来なよ』って言っておいて、
ちゃんと向き合ってもらえるのは限られた数の人だけ。
入口はすごく広いのに、出口はすごく狭いですよ。
でもそれがすごく面白いんですけどね。
ゴージャスに輝いているかと思えば、
冷たく厳しい表情もある。
その表裏をぜんぶ見せてくれるのが、
ニューヨークじゃないでしょうか。
ニューヨークにいると、孤独も感じるんですが、
ファインダーを覗くと、不思議と安心感が
湧いてくるんですよね。

RF50mm F1.2 L USM 1/125sec F1.8 ISO250
info
RF50mm F1.2 L USM 1/125sec F1.8 ISO250
info
RF35mm F1.8 MACRO IS STM 1/100sec F1.8 ISO100
info
RF50mm F1.2 L USM 1/80sec F1.2 ISO1250
info
RF24-105mm F4 L IS USM 1/160sec F4.0 ISO12800
info

EOS RP IMPRESSION MOVIE VOICE

市原隼人Hayato Ichihara
EOSと同じ1987年生まれ。2001年に映画 「リリイ・シュシュのすべて」の主演としてデビュー。2004年には 「偶然にも最悪な少年」で日本アカデミー賞新人賞受賞。主な作品に、映画 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「ボックス!」「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」「無限の住人」「あいあい傘」、ドラマ「ウォーターボーイズ2」「ROOKIES-ルーキーズ-」「猿ロック」「ランナウェイ~愛する君のために」「カラマーゾフの兄弟」「リバース」大河ドラマ「おんな城主 直虎」、ミュージカル「生きる」等がある。またフォトグラファーとしての活動も開始。短編映画やMV等の監督も務める。 

おすすめのコンテンツ

  • 小型・軽量と高性能を両立 EOS RPの7大特長
  • 半島 公文 健太郎
  • MOVIE GALLERY EOS RPで公開中のスペシャルムービーを一覧でご覧いただけます。

TOP