This is my life

EOS Kiss BRAND SITE

hulu melemele tsukao

写真家tsukao氏が、EOS Kiss M を手にハワイへ。ハワイ語で「黄色い羽根」を意味する「hulu melemele」。ハワイの神話に登場する、かつて黄色い羽根でできた家に住んだという双子の姿をモデルの吉村栞乙と吉村眞乙に重ねて撮られた、幻想的でカラフルな作品が広がります。ぜひご覧ください。写真家tsukao氏が、EOS Kiss M を手にハワイへ。ハワイ語で「黄色い羽根」を意味する「hulu melemele」。ハワイの神話に登場する、かつて黄色い羽根でできた家に住んだという双子の姿をモデルの吉村栞乙と吉村眞乙に重ねて撮られた、幻想的でカラフルな作品が広がります。ぜひご覧ください。
CANON GALLERY | キヤノンギャラリー銀座 : 2018.6.21(Thu)~2018.6.27(Wed) | キヤノンギャラリー名古屋 : 2018.7.12(Thu)~2018.7.18(Wed) | キヤノンギャラリー大阪 : 2018.7.26(Thu)~2018.8.1(Wed)CANON GALLERY | キヤノンギャラリー銀座 : 2018.6.21(Thu)~2018.6.27(Wed) | キヤノンギャラリー名古屋 : 2018.7.12(Thu)~2018.7.18(Wed) | キヤノンギャラリー大阪 : 2018.7.26(Thu)~2018.8.1(Wed)
わたしはハワイに行ったことがない。幼い頃はテレビで流されるハワイのニュース映像をみて、あんなに日本人でいっぱいな海外にわざわざ買い物に行かなくてもと思っていた。でもそれから30年経っても、日本人は老若男女問わず相変わらずハワイが大好きだ。こんなにみんなが大好きということは、きっと何かがあるんだろうきっと体の奥底にねむる、どこかの部分でシンクロするのではないか。それは何だろうとずっと考えていた。自然崇拝のハワイの神々の神話は、日本神話とも似ている。海や自然に神を見出した二つの島国。根底に流れる何かに共感するのだろうか。ポリネシアから流れてきた遺伝子が、遠い遠い昔の郷愁を誘うのだろうか。そんなとき私は、双子のモデル、吉村栞乙さんと吉村眞乙さんの写真を目にした。印象的な目を持つ14歳のtwins。なぜか、ハワイにいる二人が想像できた。ハワイの神話の中に、美しい双子が登場するストーリーがある。美しさゆえに様々な事件が起きるが美しい黄色の鳥の羽根でできた家に住み、色とりどりの花にかこまれ、小鳥がもってきてくれる食べ物を食べて楽しく暮らすのだ。ほぼ同じ遺伝子をもつ二人が、双子の神話を持つハワイで何を感じるのか。神話以降、様々な文化を受け入れてきたハワイで、今の彼女たちを撮りたい。私は彼女たちと、初めてのハワイへ旅立つことにしたわたしはハワイに行ったことがない。幼い頃はテレビで流されるハワイのニュース映像をみて、あんなに日本人でいっぱいな海外にわざわざ買い物に行かなくてもと思っていた。でもそれから30年経っても、日本人は老若男女問わず相変わらずハワイが大好きだ。こんなにみんなが大好きということは、きっと何かがあるんだろうきっと体の奥底にねむる、どこかの部分でシンクロするのではないか。それは何だろうとずっと考えていた。自然崇拝のハワイの神々の神話は、日本神話とも似ている。海や自然に神を見出した二つの島国。根底に流れる何かに共感するのだろうか。ポリネシアから流れてきた遺伝子が、遠い遠い昔の郷愁を誘うのだろうか。そんなとき私は、双子のモデル、吉村栞乙さんと吉村眞乙さんの写真を目にした。印象的な目を持つ14歳のtwins。なぜか、ハワイにいる二人が想像できた。ハワイの神話の中に、美しい双子が登場するストーリーがある。美しさゆえに様々な事件が起きるが美しい黄色の鳥の羽根でできた家に住み、色とりどりの花にかこまれ、小鳥がもってきてくれる食べ物を食べて楽しく暮らすのだ。ほぼ同じ遺伝子をもつ二人が、双子の神話を持つハワイで何を感じるのか。神話以降、様々な文化を受け入れてきたハワイで、今の彼女たちを撮りたい。私は彼女たちと、初めてのハワイへ旅立つことにした
tsukao | 大学卒業後、写真家菅原一剛氏に師事、2006年独立。広告、雑誌、書籍、音楽、CMなど幅広く活動中。 著書に「東京空気公園」(主婦の友社)「うたかた」(角川/プレビジョン)。 写真詩集「どこかの森のアリス」(LD&K),「雪の国の白雪姫」(谷川俊太郎・小松菜奈 / PARCO出版)では 写真と映像を担当。2015年写真集「ALL L/Right」(リブロアルテ)出版。代官山ギャラリースピークフォー、青山ブックセンター、神戸、高松など全国8カ所で同名展覧会を開催。tsukao | 大学卒業後、写真家菅原一剛氏に師事、2006年独立。広告、雑誌、書籍、音楽、CMなど幅広く活動中。 著書に「東京空気公園」(主婦の友社)「うたかた」(角川/プレビジョン)。 写真詩集「どこかの森のアリス」(LD&K),「雪の国の白雪姫」(谷川俊太郎・小松菜奈 / PARCO出版)では 写真と映像を担当。2015年写真集「ALL L/Right」(リブロアルテ)出版。代官山ギャラリースピークフォー、青山ブックセンター、神戸、高松など全国8カ所で同名展覧会を開催。