EOS R3

EOS R3

開発発表

期待を超えるだけで満足しない。
期待を超えてこそEOS。

撮影者と一体化し、
直観や反射神経に限りなく呼応する、
ハイスペック・フルサイズミラーレス。
その名は、EOS R3。

脈動を続けるEOS Rシステム。
いよいよ3へ。

画質
×
ドライブ
×
AF

高速読み出しの実現

EOS初 自社開発・
フルサイズ
裏面照射積層

CMOSセンサー採用

高性能映像エンジン
DIGIC X 搭載

スピードと画質の両立

電子シャッター
最高30コマ/秒
AF・AE追従撮影
レンズおよび撮影条件によっては、
連続撮影速度が低下する場合があります。

電子シャッターにおける静止画の
静止画の歪みを大幅低減

飛躍した捕捉性能

人物の頭部・瞳
検出機能を向上

ディープラーニング技術の活用により、
人物の頭部・瞳の検出機能の向上と新たに胴体の検出を実現。
ポートレート・スポーツ撮影のAFトラッキング性能を強化。
認識可能な追尾被写体はさらに追加予定。

視線入力
対応ファインダーを新搭載

静止画撮影時、ファインダーを覗いた瞳の動きを検知し、
見ている位置にAFポイントが移動。マルチコントローラーよりも素早く
AFフレームを操作可能。被写体を素早く切り替える際にも有効。

個人差や環境によって、視線入力機能が使用できない場合があります。
またサングラスやミラーサングラス、ハードコンタクト、遠近両用メガネをご使用の場合、
視線入力機能が使用できないことがあります。

信頼性

信頼性

EOS-1D系と
同等

防塵・防滴性能
快適な操作性を備えた
縦位置グリップ
一体型
ボディー

ネットワーク

RFレンズ 新製品情報

3本のRFレンズが
新登場!

進化した“100マクロ”

最大撮影倍率1.4倍。手ブレ補正効果は、カメラとの協調制御で最大8.0段*1を達成。
EFレンズで好評だった“100マクロ”がマクロ性能と表現力をさらに拡大して登場します。
さらに、自在なボケの描写が楽しめるSAコントロールリング*2も搭載。
進化した“100マクロ”の世界をお楽しみください。

*1 CIPAガイドライン準拠。EOS R5使用時、Yaw/Pitch方向。
*2 SA(Spherical Aberration:球面収差)をコントロールできるリング。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

2021年7月下旬発売予定

2本の超望遠“白”レンズ

超望遠のフラッグシップモデルとして、プロから高い評価を得る“EF400mm F2.8L”“EF600mm F4L”が、
ついにRFマウントで登場します。優れた光学系を継承した高解像・高コントラストな描写力。
5.5段分の強力な手ブレ補正効果や、プロのニーズに応える信頼性・耐久性、高い機動性も継承。
スポーツや野生動物、飛行機、鉄道など、あらゆる超望遠撮影の可能性を切りひらきます。

*CIPAガイドライン準拠。EOS R/R5使用時、Yaw/Pitch方向。

RF400mm F2.8 L IS USM

RF400mm F2.8 L IS USM

2021年7月下旬発売予定

RF600mm F4 L IS USM

RF600mm F4 L IS USM

2021年7月下旬発売予定