そのカメラに境界はない。

すべての世界をひとしく鮮やかに描き出す、

異才のフルサイズミラーレス。

映像表現の可能性をどこまでも拡張させるために

静止画と動画の性能を徹底的に突き詰めた。

EOSの系譜に新たに刻まれる、

その名は、EOS R3。

時は待ってくれない。今、その手に。

未開の領域が待っている。

映像の新しい時代が
走り出す。

クリックで動画を再生

その奥底まで写しきる。 高画質

EOS初・自社開発 裏面照射積層
CMOSセンサー
DIGIC X

自社で新開発した35mmフルサイズの裏面照射積層CMOSセンサーにより、
優れた受光効率と信号読み出しの高速化を実現。
映像エンジンにはDIGIC Xを採用。従来のEOSを凌ぐ連続撮影速度でありながら、
ノイズの抑制や解像感の向上など、高度な画像処理が行われます。
画素部・処理部それぞれが進化した
裏面照射積層型CMOSセンサー
表面照射 ギャップレスマイクロレンズ デュアルピクセル構造 フォトダイオード 支持基板 裏面照射積層 光取り込み効率アップ 読み出しを高速化
DIGIC Xとの連携により
階調表現や解像感が向上

常用感度ISO100~ 102400(静止画)

曇天でのモータースポーツや低照度の屋内競技、
夜間・暗所撮影など、新たな撮影領域へ踏み込むことが可能。
ISO感度はISO50相当(L)、最高ISO204800相当(H)に拡張でき、
露出設定の柔軟性が向上しています。

※ 推奨露光指数。動画撮影時の常用ISO感度はISO100~25600(最高ISO102400相当の感度拡張が可能)。Canon Log 3設定時は常用ISO感度、拡張ISO感度が異なります。ハイフレームレート動画撮影時は、拡張ISO感度は選択できません。

世界最高※1
最大8.0段※2
手ブレ補正効果

ボディー内5軸手ブレ補正機構を搭載。レンズ内光学式手ブレ補正機構との協調制御により、RFレンズ使用時で最高8.0段※2の補正効果を実現しました。暗所でも手持ち撮影が行えるなど、撮影領域がさらに広がります。

※1 2021年9月13日現在発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。
※2 RF24-105mm F4 L IS USM装着時、f=105㎜時、Yaw/Pitch方向、CIPA規格準拠。お買い求めの時期により、レンズのファームウエアの更新が必要です。EOS R5、EOS R6も同じ8.0段手ブレ補正効果(キヤノン調べ)。

多彩なHDR記録

HDRの自由度と表現力を高めたEOS R3。[HDR PQ撮影]により、HDRディスプレイの性能をフルに活かすことのできるHDR PQ方式の10bit HDR画像を描き出すことが可能。3枚合成の[HDRモード]も同時設定可能に。

※ Perceptual Quantization。緻密な階調、広い色域で人間の視覚に沿った画作りを行うガンマカーブのことを指します。HDR PQ撮影は、ITU-R BT.2100が定義するPQ規格に準拠したHDR画像を記録します。

  • 階調コントロールが可能な
    HDR PQ※1

    「HDR撮影」で生成できるHDR PQは、[オートライティングオプティマイザ]と[高輝度側・階調優先]の同時設定を実現。階調をコントロールし、意図した明るさで描き出せます。HDR PQで撮影した画像は、10bitのHEIF※2形式で保存されます。

    ※1 Perceptual Quantization。緻密な階調、広い色域で人間の視覚に沿った画作りを行うガンマカーブのことを指します。HDR PQ撮影は、ITU-R BT.2100が定義するPQ規格に準拠したHDR画像を記録します。
    ※2 現像後の画像を格納するファイルコンテナ。JPEGのYCbCr 4:2:2 8bitに対して、 YCbCr 4:2:2 10bitでHEVC圧縮されます。

  • 約0.02秒※1で3枚撮影し、
    合成可能なHDRモード※2

    [HDRモード]は、露出が違う3枚の画像を約0.02秒で高速に(EOS R5の約12倍※1高速)ブラケット撮影し、カメラ内で合成。[HDR PQ撮影]との同時設定により、輝度レンジが広くコントラストが高いシーンなどで特に効果を発揮します。

    ※1 シャッタースピード:1/1600秒、ISO800、±3段設定時 露出設定やブラケット段数によって異なります。
    ※2 HDRモードでの撮影時は、シャッター方式が電子シャッター、[モノクロ]以外の[ピクチャースタイル]は[スタンダード]に自動設定されます([モノクロ]設定時は白黒でのHDR撮影となります)。拡張ISO感度は設定できません。シャッター速度は最高1/8000秒になります。

    HDR(PQ):する場合の画像

まだ見ぬ時の狭間へ。 高速

電子シャッター時 最高約30コマ/秒

電子シャッターでの撮影時、最高約30コマ/秒の高速連続撮影を実現。
電子シャッターによる画質が常用可能なレベルに向上したことにより、[電子シャッター]を初期設定とし、かつ全ドライブモードに対応させることが可能になりました。また、電子シャッターで高速連続撮影中もAFとAEが追従。モータースポーツをはじめとする多様なシーンで、これまで困難だった撮影をカメラがサポートします。

※ 最高速度で連続撮影可能なレンズがRFレンズ及び一部のEFレンズに限定されます。対応レンズについては詳しくはこちらでご確認ください。連続撮影速度は、使用レンズ、シャッタースピード、絞り、ストロボ使用、フリッカー低減処理、被写体条件、明るさ(暗所での撮影時など)などにより低下することがあります。

ローリングシャッター歪みの低減

CMOSセンサーの信号読み出しの高速化により、
電子シャッター時のローリングシャッター歪みを低減させることに成功。

EOS R3 電子シャッターの画像

メカシャッター

最高約12コマ/秒の
高速連続撮影

メカシャッターおよび電子先幕による撮影時も、
AF/AE追従による最高約12コマ/秒の高速連続撮影を実現。
ローリングシャッター歪みをさらに抑制したいシーンに対応します。

※ サーボAF時、最高速度で連続撮影可能なレンズがRFレンズ及び一部のEFレンズに限定されます。対応レンズについては詳しくはこちらをご参照ください。連続撮影速度は、使用レンズ、温度、シャッタースピード、絞り、ストロボ使用、フリッカー低減処理、被写体条件、明るさ(暗所での撮影時など)などにより低下することがあります。

電子シャッター

最速1/64000秒
高速シャッター

新開発のCMOSセンサーにより、電子シャッターのシャッタースピードが高速化。最速で1/64000秒の設定が可能です(Tv/M時)。
明るい環境で大口径レンズの絞り開放で撮影したいときなど、撮影領域が広がります。

※ 1/64000~1/16000秒の間は1段ステップになります。撮影条件により、絞り数値、ISO感度による調整が行われる場合があります。

電子シャッター

連続撮影中の
ブラックアウトフリー撮影

CMOSセンサーの信号読み出しの高速化と
連写シーケンスの再設計により、電子シャッター時、
連続撮影中のブラックアウトフリー撮影を実現。
視界の暗転が生じないため、
連続撮影中でも被写体を見失うことなくフレーミングすることが可能です。

※ 連続撮影中、1枚目はブラックアウトします。また1枚のみ撮った場合はブラックアウトします。また、内蔵メモリーがいっぱいになった場合、あるいは、連写中にストロボが充電が切れたり再度充電が完了した等、ブラックアウトする場合があります。メカシャッター/電子先幕時に、高速連続撮影(高速表示:しない)/低速連続撮影、シャッター速度が1秒未満のときはフェード/ブラックアウト表示が行われます。

  • 電子シャッター

    サイレントシャッター&
    液晶モニター[オフ]

    [サイレントシャッター機能]を搭載。ボタンカスタマイズにより、ファインダーを覗きながらワンタッチで切り替えが可能に。また液晶モニターを常時消灯することもでき、すばやく音と光に配慮した撮影を開始できます。

    ※ シャッター音以外(絞り動作音、レンズのフォーカス駆動音)の音が発生する場合があります。

  • EOS初、全シャッター方式で
    連続撮影時の調光制御

    メカシャッター/電子先幕/電子シャッターでの連続撮影時の調光制御に対応。電子シャッターとストロボの組み合わせで、ブラックアウトフリーのストロボ連続撮影も可能。被写体の動きを注視しながら撮影を行うことができます。

    ※ 連続撮影中、1枚目はブラックアウトします。また1枚のみ撮った場合はブラックアウトします。また、内蔵メモリーがいっぱいになった場合、あるいは、連写中にストロボが充電が切れたり再度充電が完了した等、ブラックアウトする場合があります。メカシャッター/電子先幕時に、高速連続撮影(高速表示:しない)/低速連続撮影、シャッター速度が1秒未満のときはフェード/ブラックアウト表示が行われます。

  • 進化したフリッカーレス撮影

    フリッカーレス撮影時の連続撮影速度が最高約24コマ/秒(電子シャッター、120Hzフリッカー時)に向上。さらに、従来のフリッカーレス撮影(100Hz / 120Hz)に加え、[高周波フリッカーレス撮影](Tv / Mモード時)機能も搭載。LEDやデジタルサイネージなど、速い周期で明滅する光源に対応します。

    ※ [フリッカーレス撮影:する]設定時にフリッカー光源下で撮影を行うと、レリーズタイムラグが長くなることがあります。また、連続撮影速度が遅くなったり、連続撮影間隔にばらつきが生じることがあります。

  • レリーズタイムラグ最速化

    レリーズタイムラグ最速化をEOSミラーレス機として初めて実現。通常撮影(電子シャッター時)では約50msのレリーズタイム ラグを約20msまで高速化できます。

    ※ メカシャッター時のレリーズタイムラグは約76msです。ストロボ撮影時やフリッカーレス撮影時は、レリーズタイムラグが増加します。レリーズタイムラグは、絞りやシーンの違いなどによって変動します。

つかんだら離さない AF

「高速×高画質」
を支える
AFシステム

高速連続撮影と高いピント精度を両立するために、EOS R3では新しいAFシステムを開発。
つかんだ被写体をカメラがトラッキング(追尾)するので、従来のように撮影者がカメラを動かして
被写体を捉え続けなくても撮影が可能です。このAFシステムをデュアルピクセルCMOS AF IIの広範囲AFと、ディープラーニングを活用したEOS iTR AF Xの検出性能で実現しています。

※ 初期状態。[被写体追尾(トラッキング):しない]に設定することで、サーボAF時、従来のように任意の位置でAFを行うことも可

デュアルピクセルCMOS AF II

精度の高いAFトラッキング。それを可能にするのがデュアルピクセルCMOS AF IIです。
測距エリアは画面の横:最大約100%×縦:最大約100%
全画素が撮像面位相差AFと撮像の機能を兼ね、
広範囲AFと高画質を両立。さらにEOS R3では、低輝度時の被写体捕捉や
サーボAFをはじめとするAF性能の、総合的な向上を図っています。

※ トラッキング中かつ、RFレンズ(RF600mm F11 IS STM/RF800mm F11 IS STMおよびExtender RF使用時を除く)、EFレンズ(一部を除く現行製品)、EXTENDER EF(Ⅲ)使用時(マスターレンズのモードに準じる)に被写体枠が表示された場合。シーンや被写体の状況によって対応できない場合があります。対象レンズはこちらでご確認ください。

EOS R3

EOS R3 AFエリア 横:約100% × 縦:約100% 測距エリア分割数 最大1053分割 イメージ図
※イメージ
AFエリア
横:約100% × 縦:約100
測距エリア分割数
最大1053分割

EOS R

EOS R AFエリア 横:約88% × 縦:約100% 測距エリア分割数 最大143分割  のコピー イメージ図
※イメージ
AFエリア
横:約88% × 縦:約100
測距エリア分割数
最大143分割
  • 最高60fpsの高速AFフレームレート

    積層CMOSセンサーの高速読み出し&DIGIC Xの高速演算により、電子シャッター使用時に最高60fpsで奥行き方向のAFおよびトラッキング演算が同時に可能。高速連続撮影中も精度の高いAFが被写体を捉え続けます。

    ※ AF60fps演算はシャッタースピードが1/125秒以上の場合のみとなります。AEは60fps演算ではありません(30fps)。

  • 最高約0.03秒のAFスピード

    EOS Rシリーズ内最速の0.03秒というAFスピードを実現。
    AF応答性に優れ、被写体の一瞬の動きもとらえやすくなりました。

    ※ CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。[測定条件]○測距輝度:EV12(常温・ISO100)
    ○撮影モード:M ○RF24-105mm F4-7.1 IS STM使用 ○シャッターボタン操作による静止画撮影時 ○AF方式:1点AF(中央) ○AF動作:ワンショットAF時。

視線入力

カメラが撮影者の視線を検出し、
視線の位置にAFフレーム/AFエリアを移動する、視線入力機能を搭載。
視線によってAFフレームを選択・移動させることが可能。
視線を確定(初期設定:シャッターボタン半押し)。
即座にAFがスタートし、撮影をはじめられます。
EOS iTR AF Xとの組み合わせにより、
撮影者の意図をより正確に反映したAFフレームの移動が可能です。

※ 静止画撮影時のみ。動画撮影時は使用できません。ご使用の前にキャリブレーションをお勧めします。キャリブレーションデータは最大6件まで登録でき、登録したデータはカードに保存することも可能です。視線入力のご注意点:サングラスやミラーサングラス、ハードコンタクト、遠近両用メガネを使用した場合や、目の状態(目が細い/まつ毛が長い/まぶたが厚い)などの個人差、使用環境などにより、視線入力機能が使用できないことがあります。

視線ポインターを被写体に合わせ、
ボタン操作で確定させると
AF位置が切り替わります。

ボタン押下 シャッターボタン半押し(初期設定)または〈AF-ON〉ボタン押下
クリックで動画を再生

進化したEOS iTR AF X※1

  • 大きく性能を高めた「人物」の検出

    「瞳・頭部・胴体」の検出の性能が向上。瞳や顔、頭部が隠れたときに、胴体を検出してトラッキングを継続。
    被写体が激しく動き回るスポーツシーンでも、AFの安定性が向上。
    「瞳」検出は横顔やマスクをつけた人物、目に濃いメイクが施された人物に対応するなど性能がアップしています。
  • 予測できない動きに対応、動物優先※2(犬/猫/鳥)

    瞳や顔、全身を捉え、すばやく高精度なピント合わせを実現。
    被写体を自動的に追尾するため、予測できない動きをする動物撮影においても、高いピント精度を得ることが可能です。
  • モータースポーツに有効な乗り物優先

    乗り物検出を実現。検出できるのはモータースポーツにおけるクルマ※3(フォーミュラカー、ラリーカーなど)、
    バイク(モーターバイク、オフロードバイク)です。ドライバーやライダーのヘルメット※4など、
    重要部位を検出する[スポット検出]も設定可能です。

※1 Intelligent Tracking and Recognition
※2 被写体によっては動物検出できないことがあります。また、犬・猫・鳥ではない被写体に対して動物検出する場合もあります。
※3 一般の乗用車、商用車、バイクは検出できないことがあります。また、被写体によっては乗り物検出できないことがあります。車、バイクではない被写体に対して乗り物検出する場合もあります。
※4 ヘルメットの形状によっては検出できない場合があります。

トラッキング対応、
8種類のAFエリア

被写体の大きさや動きに合わせて選択できる、8種類のAFエリアに対応。ユーザーがAFする範囲をカスタマイズできる[フレキシブルゾーン]を搭載しました。
待機中、AF中、連続撮影中でも、カメラが検出した被写体(AFフレーム)を変更したり、移動したりすることが可能です。

Point01 すべてのAFモードで、
トラッキングに対応

[1点AF ][領域拡大AF][フレキシブルゾーンAF ]など、すべてのAFモードからトラッキングが可能に。
トラッキングをONにしている際、サーボAFを開始すると、自動追尾をはじめます。
1点AFでは捉えきれない動きの大きい被写体を[フレキシブルゾーンAF ]で追ったり、
[スポットAF ]でピンポイントに被写体を指定することも可能です。
クリックで動画を再生

静止画測距
輝度範囲 EV−7.5

静止画撮影時、EV-7.5の低輝度でAFが可能。また、肉眼では見えづらい暗いシーンでも被写体を的確に捕捉できます。

※ F1.2レンズ使用時・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100、Defocus Smoothingコーティングを採用したRFレンズを除く。

身体の一部のように。 信頼性・操作性

電子ビューファインダーの表示パネルには、高輝度かつ高精細、
応答性に優れた約576万ドットOLEDを採用。
光学ファインダーのような見えを再現する「OVFビューアシスト」も
搭載し、一眼レフとの併用時も自然なファインダー像を実現します。
液晶モニターには、約415万ドットのクリアビュー液晶 IIを搭載。
バリアングル機構により縦位置でもハイ/ローアングル撮影に対応可能です。

※ Organic Light-Emitting Diode

また、指のアクセスのしやすさをめざした、
縦位置グリップ一体型ボディーやホールド感の高い新設計グリップ、
マルチコントローラー、スマートコントローラー、デュアルスロット、
USB充電・給電など、プロのニーズに細やかに対応。
さらに、マグネシウム合金製外装の採用や、バリアングル液晶モニター
搭載EOSでありながらEOS-1Dシリーズと同等の防塵・防滴性能を
備えるなど、堅牢性、耐環境性、軽量化を高レベルで実現しています。

各部の名称と説明

数字をクリックすると各部の詳細を表示します。

  • 約415万ドットバリアングル液晶モニター
  • メニュー画面拡大
  • 画像再生機能カスタマイズ
  • 約576万ドット 119.88fps対応の新EVF
  • OVFビューアシスト
  • マルチコントローラー
  • スマートコントローラー
  • USB充電・給電
  • バッテリー LP-E19
  1. ① 約415万ドットバリアングル液晶モニター
  2. ② メニュー画面拡大
  3. ③ 画像再生機能カスタマイズ
  4. ④ 約576万ドット 119.88fps対応の新EVF
  5. ⑤ OVFビューアシスト
  6. ⑥ マルチコントローラー
  7. ⑦ スマートコントローラー
  8. ⑧ USB充電・給電
  9. ⑨ バッテリー LP-E19
  • マグネシウム合金製外装

    外装と本体(シャーシ)にマグネシウム合金を採用。また、本体とフロントカバーを一体化することで、高い剛性と放熱性、軽量化を実現しています。

    マグネシウム合金製外装

  • 防塵・防滴構造

    外装カバーの合わせ部にはシーリング部材を組み込み、操作ボタンの多くには、水滴や砂塵の侵入の阻止を目的とするシリコーンゴムブーツを外周に配置。ダイヤルやレバーなどの可動部にはシーリング部材を組み込んでいます。雨などの水滴や不用意に降りかかる砂塵などが、カメラ内部に侵入することを抑制します。

    防塵・防滴構造

  • 高耐久シャッターユニット

    メカシャッター幕へのブレーキ機構の搭載などにより、耐久性を実現。メカシャッターの標準的な撮影を想定した自社試験において、50万回の作動テストをクリアしています。

    高耐久シャッターユニット

※ 防塵・防滴性能を発揮させるため、電池室やカードスロットカバー、端子カバーなどの開閉部をしっかり閉じ、アクセサリシューカバー
を装着する必要があります。カメラは防塵・防滴に配慮した構造になっていますが、砂塵や水滴などの侵入を完全に防ぐことはできません。

現場が求めた本格性能。 動画記録

クリックで動画を再生

6K 60P RAW
内部記録

RAW動画の内部記録が可能。EOS R3で記録可能なフレームレートは最高59.94fps。
また、より低ビットレートでファイルサイズが小さい、RAW(軽量)も選択可能。
編集を前提としつつ、記録可能時間を重視するときに便利です。
記録可能時間の長さを重視するときに便利です。

※ RAW動画は、カメラ内で現像処理を行うことはできません。

6Kオーバーサンプリング
プロセッシング

4K DCI/UHD(クロップ[しない])の記録時に、高画質ディベイヤーアルゴリズムを採用。
CMOSセンサーから読み出したRGBの信号から、それぞれ6Kのデータを生成。
6Kで1フレームの画像を生成した後、4Kにリサイズします。これにより、優れた色再現性と鮮明なディテール描写を実現。
モアレやジャギーも低減。EOS R3は、この高画質処理を60Pまでの4K映像に適用でき、
幅広いシーンで高画質な動画を記録することができます。

※ 4K 120Pではオーバーサンプリングプロセッシングは行われません。

6Kオーバーサンプリングプロセッシング※

4K 120P
ハイフレームレート
動画

4K DCI/UHDで119.88fps/100.00fpsのハイフレームレート動画記録が可能です。
4Kの鮮明さはそのままに、印象的なスローモーション効果が得られます。
高速のCMOSセンサーとDIGIC Xの高速処理により、
従来機と比較しても高精細な動画記録を実現。
従来機の4K 120Pと比較してさらに高精細な動画記録を実現。
主な記録モード
HDR対応のディスプレイでの再生を前提とし、
見た目に近い色やコントラストで再現する[HDR PQ(10bit)]※1
ポストプロダクションでのグレーディングを前提とし、
シャドウからハイライトまで豊かな階調で描写できる[Canon Log 3(10bit)]※2
12bitの豊富な階調データと、高い編集耐性を実現する[RAW動画(12bit)]など、
多彩な記録モードが選べます。
※1 拡張ISO感度は設定できません。
※2 ISO感度の自動設定範囲の下限が、ISO800になります。カラーマトリクスは[Neutral]固定となります。Canon Log 3設定時は通常の動画撮影時に比べ、暗い環境下やコントラストの低い被写体を撮影したときに、AFでピントが合いにくくなることがあります。また特定の動画撮影では、絞り数値を小絞り側にした場合にAFが合わないことがあります。そのような場合は絞りを開放側にしたり、Fナンバーの小さい(明るい)レンズに変更してください。
通常撮影時 最大6時間の連続記録
EOSシリーズで初めて30分以上の連続記録を実現。
最長6時間00分00秒まで記録可能(ハイフレームレート時は最長1時間30分00秒まで)。
ドキュメンタリーや1カット撮影など長時間記録も安心です。
※ Cinema EOSを除く。
動画電子IS
レンズの光学IS、ボディー内ISの協調制御ISに加え、動画電子ISも併用可能。
5軸補正により、ジンバルがない環境や歩き撮りの大きな揺れを軽減。
安定した見やすい動画を記録できます。
※ 手ブレ補正機能が搭載されているレンズを使用するときは、レンズの手ブレ補正スイッチを〈ON〉にしてください。[する]では映像がやや拡大されます。[強]ではさらに拡大されます。RAW動画撮影時は、動画電子ISは使用できません。
RAW/MP4 同時記録
6K RAW動画と4K DCI MP4(IPB)動画を同時に記録
映像制作用の素材と、転送やプロキシに適したMP4動画を確保でき、
効率のよいワークフローを構築できます。6K RAWは標準と軽量が選択可能。
4K MP4は標準と軽量が選べ、フレームレートは29.97fps固定となります。
※ 同一書き込みを行う場合は、exFATフォーマットのSDカードが必要です。

通信性能に新時代を。 ネットワーク

強力なネットワーク機能

5G回線を活用した画像転送のほか、内蔵Wi-Fi、USB、Ethernet端子、GPS機能を搭載。
現場で求められる多彩なニーズに対応します。

01 5G回線の活用

5G端末との連携により、5G回線を使用した画像転送を実現します。
Mobile File Transferをスマートフォンにインストールすることで、
大量の画像をFTP/FTPS/SFTPサーバーヘ高速でアップロードすることができます。
このとき、IPTCのメタデータや音声メモを付加することが可能。
無線ネットワークの活用により、ワークフローの幅が広がります。
FTP/FTPS通信機能を搭載。サーバーへのファイル・音声メモ転送も可能。
FTP/FTPS通信機能を搭載。
サーバーへのファイル・音声メモ転送も可能。

製品構成

EOS R3 ボディー

NEW 2021年11月下旬発売予定

EOS R3 ボディー

製品サイトへ

EOS Rシリーズ初の
縦位置グリップ一体型ボディー

EOS -1Dシリーズユーザーも自然と手に馴染む使いやすさをめざした、縦位置グリップ一体型ボディー。
指のアクセスのしやすさを考慮して操作部材を配置しました。グリップは、しっかりとホールドできる十分な高さと
指がかりの深さを持たせた新規設計。暗い環境での操作をサポートするボタン照明も搭載しています。

新開発

マルチアクセサリーシュー

システム拡張が可能な次世代インターフェース、マルチアクセサリーシューを開発。
新たにコネクタータイプの接点部を採用し、高速データ通信や電源供給などの機能拡張に対応。互換性にも配慮し、従来のアクセサリーシューと同じ接点部(5ピン)を備えることで、手持ちのアクセサリーの多くがそのまま使用可能です。

※ コネクタータイプの接点部への異物や水滴などの侵入を防止するため、アクセサリー未装着時はシューカバーをご使用ください。

スピードライトトランスミッター ST-E10

NEW

スピードライトトランスミッター
ST-E10

バッテリーレスのスピードライトトランスミッター。小型・軽量で装着してもカメラの取り回し性が損なわれません。防塵・防滴構造です。

※ 従来のアクセサリーシューを備えたカメラでは使用できません。

製品サイトへ
マルチアクセサリーシュー 指向性ステレオマイクロホン DM-E1D

NEW

マルチアクセサリーシュー指向性ステレオマイクロホン
DM-E1D

デジタル音声出力に対応した、クリップオンタイプの外部マイク。ケーブルレス化による低ノイズ、高音質なデジタル音声記録を実現。給電はカメラから行います。

※ 動画撮影中にカメラやレンズを操作すると、操作音が録音されることがあります。また、カメラやレンズの動作音も録音されることがあります。 従来のアクセサリーシューを備えたカメラでは使用できません。

製品サイトへ
マルチアクセサリーシューアダプター AD-E1

NEW

マルチアクセサリーシューアダプター
AD-E1

防塵・防滴性能を備えた従来のアクセサリーを装着するためのアダプター。AD-E1を介してアクセサリーを装着すると、防塵・防滴性能が維持されます。

※ 防塵・防滴性能を備えたアクセサリーを、カメラに装着するときは、マルチアクセサリーシューアアダプターAD-E1が必要です。

製品サイトへ
マルチアクセサリーシュー スマートフォンリンク アダプター AD-P1

NEW

マルチアクセサリーシュースマートフォンリンク アダプター
AD-P1

カメラとスマートフォンをすばやく一体化できる新アクセサリー。カメラとスマートフォンとの通信は、台座の新接点部を介し、専用ケーブル(USB Type-C)で実行。Android用をラインアップ。

※ 幅が60~80㎜のAndroidスマートフォンを取り付けることができます。ただし、形状やボタン配置などによっては、取り付けできないことがあります。折り畳み式のスマートフォンは取り付けることができません。iOSスマートフォンは使用できません。USBホスト機能がないスマートフォンは使用することができません。なお、USBホスト機能についてはスマートフォンのメーカーにお問い合わせください。従来のアクセサリーシューを備えたカメラでは使用できません。

製品サイトへ

主な仕様比較

EOS R3

EOS R3

EOS R5

EOS R5

(ファームウエア Ver.1.3.0)

解像性能

有効画素数 約2410万画素 約4500万画素
映像エンジン DIGIC X DIGIC X

記録メディア

カード1 CFexpress CFexpress
カード2 SDXC/SDHC/SD SDXC/SDHC/SD

静止画

記録画質
JPEG
HEIF
RAW/C-RAW 〇/〇 〇/〇

動画

MP4記録
CRM記録(RAW動画)
記録機能
RAW+MP4
同一書き込み
動画記録サイズ
RAW 〇(6K 60p) 〇(8K 30p)
8K DCI/UHD
4K DCI/UHD
フルHD
動画クロップ
4K 〇(DCI/UHD) 〇(DCI/UHD)
フルHD
画質
RAW(標準)/RAW(軽量) 〇/〇 〇/〇(Ver. 1.3.0)
ALL-I
IPB(標準)/IPB(軽量) 〇/〇 〇/〇(8K/4K:Ver. 1.3.0)
ハイフレームレート
4K DCI/UHD
フルHD 〇(Ver. 1.3.0)
Canon Log/Canon Log 3 ―/〇 〇/〇(Ver. 1.3.0)
HDR PQ
タイムラプス動画
連続撮影可能時間(最長)
通常動画 6時間00分00秒 29分59秒
ハイフレームレート 1時間30分00秒 7分29秒

AF

AFエリア(AF方式)
顔+追尾優先AF
スポット1 点AF
1点AF
領域拡大AF(上下左右)
領域拡大AF(周囲)
ゾーンAF
ラージゾーンAF(縦)/(横)
フレキシブルゾーンAF1/2/3
全域AF
測距輝度範囲※1
静止画※2 EV-7.5~20 EV-6~20
動画※3 EV-4.5~20 8K:EV-3~20 4K/フルHD:EV-4~20
被写体追尾(トラッキング) 全AFエリアモード 顔+追尾優先AF時のみ
被写体検出
人物
動物優先(犬/猫/鳥)
乗り物優先(モータースポーツカー/バイク) EOS初
瞳検出
スポット検出(乗り物優先時) EOS初
サーボAF 特性(静止画撮影時)
縦位置/横位置のAFフレーム設定
フレーム/エリア+フレーム 〇/〇 〇/―
ホームポジションの登録と呼出
タッチ&ドラッグAF

視線入力

視線検出センサー(約・画素) 7560
キャリブレーションデータ登録数 6

ファインダー(EVF)

ドット数(約・ドット) 576万 576万
EVFリフレッシュレート(最大・fps) 119.88 119.88
視野率(約・%) 100 100
倍率(約・倍) 0.76 0.76
アイポイント(約・mm) 23 23
OVFビューアシスト EOS初

モニター

ドット数(約・ドット) 415万 210万

露出制御

常用ISO感度(静止画) 100~102400 100~51200
常用ISO感度(通常動画) 100~25600 100~25600
フリッカーレス撮影
高周波フリッカーレス撮影 EOS初

多重露出撮影

多重露出撮影
全レンズ対応

HDRモード

JPEG
HEIF(HDR PQ)

シャッター

サイレントシャッター機能 EOS初
シャッタースピード(秒)
メカシャッター 1/8000~30 1/8000~30
電子先幕 1/8000~30 1/8000~30
電子シャッター 1/64000、1/32000、1/16000, 1/12800、1/10000、1/8000~30 1/8000~0.5
メカシャッター耐久回数 50万回 50万回

ドライブ(最高・約・コマ/秒)

高速連続撮影+
メカシャッター 12 12(Aモード時)
電子先幕 12 12(Aモード時)
電子シャッター EOS初30 20

外部インターフェース

マルチアクセサリーシュー EOS初
デジタル端子 USB Type-C USB Type-C
HDMI出力端子 タイプD タイプD
リモコン端子 N3 N3
拡張システム端子
Ethernet 端子 RJ-45
外部マイク入力端子
ヘッドフォン端子

電源関連

バッテリーパック LP-E19※4 LP-E6NH/LP-E6N/LP-E6

通信機能

通信方法
内蔵Wi-Fi(無線LAN) IEEE 802.11b/g/n/a/ac IEEE 802.11b/g/n/a/ac
Bluetooth Ver.5.0 Ver.5.0
USB SuperSpeed Plus USB (USB 3.2 Gen 2)相当 SuperSpeed Plus USB (USB 3.1 Gen 2)相当
Ethernet(有線LAN) 1000BASE-T/ 100BASE-TX/10BASE-T
※WFT-R10B使用時
「EOS Utility:USB接続」と
「FTP転送:内蔵Wi-Fi接続」の同時動作
IEEE 802.1X認証 〇(Wi-Fi/有線LAN)
※WFT-R10B使用時
WPA3対応 EOS初
Browser Remote 〇(有線LAN)
MFT対応
iOS USB/Wi-Fi接続 Wi-Fi接続
Android USB接続 USB接続
image.canon対応
FTP転送時の転送時間(予測値)表示
転送失敗/未転送プロテクト画像一括送信
ファームアップファイルをカードに保存
カメラ間時刻同期
(有線LAN)

※WFT-R10B使用時

その他

内蔵GPS
防塵・防滴性能
大きさ(約・mm、CIPA基準) 幅150.0×高さ142.6×奥行87.2 幅138.5×高さ97.5×奥行88.0
質量(バッテリー、CFexpressカードを含む) 約1015g 約738g

※1 DS(Defocus Smoothing)コーティングを採用したRF レンズを除く
※2 F1.2レンズ使用時・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100
※3 F1.2レンズ使用時・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100・29.97fps時
※4 LP-E4Nも使用可能だがマルチメディア規制(IEC62368-1)を受け、2020年12月20日以降、EOS R3同梱充電器LC-E19を使った充電は非推奨となる

続きを見る

※Internet Explorer以外のブラウザでの閲覧を推奨します。