Scroll

寄りブレない。

最大撮影倍率1.4倍。協調IS最大8.0段※。

NEW RF 100mm F2.8 L MACRO IS USM

※ CIPA試験基準。EOS R5装着、Yaw/Pitch方向。

EF100mm F2.8L マクロ IS USMで
好評の画質を妥協せず、
マクロ性能、表現力がさらに拡大した
RF100mm F2.8 L MACRO IS USMが登場。
最大撮影倍率1.4倍、
手ブレ補正効果は、
カメラとの協調制御で最大8.0段※1を達成。
さらに、自在なボケの描写が楽しめる
SAコントロールリング※2も搭載。
進化した“100マクロ”の世界をお楽しみください。

※1 CIPA試験基準。EOS R5装着、Yaw/Pitch方向。※2 SA(Spherical Aberration:球面収差)をコントロールできるリング。

最大
撮影倍率
1.4倍、 最短撮影距離 26cm

RFレンズの特長であるショートバック
フォーカスを生かした新フローティング方式を採用。最大撮影倍率1.4倍のマクロ撮影を可能にしました。1.4倍時の最短撮影距離は26cm、ワーキングディスタンスは8.6cm。より被写体に近づいて、大きく撮影することができます。

  • RF100mm F2.8 L
    MACRO IS USM
  • EF100mm F2.8L
    マクロ IS USM
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM(EOS R5装着) 実際の被写体を1.4倍の大きさで写せる 最大撮影倍率1.4倍、最短撮影距離26cm EF100mm F2.8Lマクロ IS USM(EOS 6D Mark II装着) 実際の被写体とセンサーに写る大きさが同じ 最大撮影倍率1.0倍、最短撮影距離30cm

ボケ描写を自在に調整できる
SAコントロールリングを搭載

好みのボケ描写に調整できるSAコントロールリングを搭載。リングを回すことで、球面収差を変化させ、ボケの輪郭をやわらかくしたり硬くしたり自在なボケの描写が可能です。また、ソフトフォーカス効果が得られるのもこのレンズの特長。人物やスナップ撮影を行う際にも意図的に輪郭をやわらかく描写し、やさしい雰囲気で撮影できます。

  • ※ SA(Spherical Aberration:球面収差)をコントロールできるリング。
SAコントロールリング
  • リング:−側に回転
  • リング:+側に回転
背景がやわらかくボケて、
手前がはっきりした輪郭のボケ味になる。
リング回転なし
背景のボケの輪郭がはっきり、
手前はやわらかなボケ味になる。

カメラとの協調制御により、
最大8.0段※1
手ブレ補正効果を実現

レンズ単体で5.0段※2の手ブレ補正効果。さらにボディー内ISを搭載しているEOSに装着すると、協調制御により最大8.0段※1の手ブレ補正効果を発揮します。手ブレをしやすいマクロ撮影を強力にサポート。手持ちでのマクロ撮影の可能性を広げます。また、夜景など暗いシーンでも手持ち撮影が行えます。

  1. ※1 CIPA試験基準。EOS R5装着、Yaw/Pitch方向。
  2. ※2 CIPA試験基準。EOS R装着、Yaw/Pitch方向。
  • ※ 撮影距離が短くなるにしたがい、手ブレ補正効果は低下します。
  • IS ON:EOS R5装着
    (ボディー内IS搭載)
  • IS ON:EOS R装着
    (ボディー内IS非搭載)
  • IS OFF

手持ちでも快適な
マクロ撮影ができる
ハイブリッドIS

マクロ撮影時に有効なハイブリッドISを搭載。カメラの角度ブレとシフトブレを同時に補正。手持ちで高精度なマクロ撮影が行えます。

EOS R5 F2.8 1/30 ISO400
EOS R5 F6.3 1/100 ISO100

[角度ブレ]カメラを軸にレンズが動くブレのこと [シフトブレ]カメラそのものが並行方向に動くブレのこと

HYBRID IS HYBRID IMAGE STABILIZER
  • ※ 撮影距離が短くなるにしたがい、手ブレ補正効果は低下します。

2つのナノUSMによる
高速・高精度な
ピント合わせを実現

高速AFを実現するナノUSMを最新のシステムとして搭載。フォーカシングとフローティングを独立した2つのナノUSMで制御します。すばやくなめらかなAFが可能です。
また、
フォーカシングによる画角変化(ブリージング)も低減しました。

ピント移動時の画角変化を約50%抑制

マクロ撮影時のフォーカシングに伴う画角変化(ブリージング)の抑制を実現。フォーカス後に構図調整をするプロセスを軽減、撮影の快適性を向上しました。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
1.0倍時 約50%抑制
EF100mm F2.8L マクロ IS USM

Lレンズに
ふさわしい高画質

最新の光学設計により定評のあるEF100mm F2.8L マクロ IS USMと同等の高画質を実現。大口径マウントと
ショートバックフォーカスにより、EFレンズよりも光学設計の自由度が向上。あらゆる撮影倍率でも高画質を実現します。

撮影倍率1.4倍
拡大しても高画質

本体仕様

NEW

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

  • ・レンズ構成:13群 17枚
  • ・撮影距離範囲:0.26m〜∞
  • ・最大撮影倍率:1.40倍
  • ・フィルター径:67mm
  • ・最大径×長さ:約Φ81.5×148mm
  • ・質量:約730g
  • ・JANコード:4549292-168075
  • ・商品コード:4514C001 

※ 価格はオープン価格です。各販売店にお問い合わせください。

アクセサリー

  • レンズキャップE-67II[同梱]
  • レンズポーチLP1222[同梱]
  • NEW レンズフードET-73C[同梱]
  • NEW リング式三脚座E(B)[別売]RF100mm F2.8 L MACRO IS USM用アダプター付き

撮影の幅をひろげるアクセサリー(別売)

マクロリングライト >MR-14EX II

被写体全体に照射でき影が出にくいのが特長の接写用ストロボ。ガイドナンバーは14(ISO100・m)。2灯式の発光部は、片側発光のほか光量比制御(1:8~8:1まで1/2段ステップ13段)の設定が可能です。

マクロツインライト MT-26EX-RT

電波ワイヤレス多灯撮影に対応した位置・角度自在の接写用ストロボ。両側発光時のガイドナンバーは26。左右のライトはそれぞれ角度調整が可能。光量比制御(8:1~1:8まで1/2段ステップ13段階)で、陰影を自由に演出し、立体感のある表現が得られます。

[マクロライト使用時の注意]
  • ※ マクロリングライトMR-14EX IIまたはマクロツインライトMT-26EX-RTを使用して、E-TTL II自動調光で1.4倍までの近接ストロボ撮影が行えます(別売のマクロライトアダプター67が必要です)。
  • ※ MR-14EX IIを使用した場合、SAコントロールリングの操作によって調光連動範囲が変化します。事前にテスト撮影を行い、露出を確認してください。
  • ※ MT-26EX-RTを使用した場合、調光連動範囲は発光部の位置により異なります。

小型・軽量のRFマクロレンズシリーズ

最大撮影倍率0.5RF35mm F1.8 MACRO IS STM

小型・軽量でスナップ撮影に適した35mmの広角レンズ。手ブレ補正効果は、レンズ単体で5.0段です。

最大撮影倍率0.5RF85mm F2 MACRO IS STM

ポートレート撮影に適した85mmの中望遠レンズ。手ブレ補正効果は、レンズ単体で5.0段です。