RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE NEW 2021年12月下旬発売予定

EOS VR SYSTEM

全ての世界の最前列へ

その世界に入った瞬間、
すべての人が最前列のオーディエンス。
現実ではありえなかった距離で、
あらゆるシーンと主観的に対峙。
それが8K 3Dがもたらす、180°VR 映像。

EOS R5に、RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYEを
装着するだけで、
自分が想像するシーンを手軽に生み出すことができる。
それは撮影から編集までのワークフローを、
たやすく叶える未来装置。
VR映像コンテンツの未来は、
ここから一気に切り拓かれる。
すべての人がその“最前列”にいる。

read more
画像内でマウスを動かすと、アングルを変えられます。
YouTubeアプリで閲覧すると、
アングルを変えられます。
3D VRでご視聴いただけます

EOS VR SYSTEM

世界初※11台のカメラでの
180°のVR撮影を実現
世界初※1 1台のカメラでの180°のVR撮影を実現

VRとは
EOS VR SYSTEMで8K※2、3D、180°のVR映像を実現。RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYEとEOS R5※3という省機材で、手軽に高品質なVR撮影が始められます。180°撮影は360°撮影と比較して、撮影者や影が映り込まず、正面(レンズ側の視点)に集中できるため撮影の負担を軽減。動画サイズも抑えられるため、編集の手軽さもメリットの一つです。
※1 2021年10月5日現在発売済みのレンズ交換式デジタルカメラ用レンズにおいて(キヤノン調べ)。
※2 カメラには魚眼画像で8K相当の解像度の動画が記録されます。RAWはアプリ・プラグインの変換非対応です。画面両端にケラレが生じます。記録フォーマットはDCI推奨。
※3 2021年12月発売時点で対応するカメラ。EOS R5を2021年12月発売時点の最新のファームウエアにアップデートする必要があります。
※ 使用するVRゴーグルによって映像の見え方が変わるため、事前に試し撮りをして記録サイズなどの撮影設定を決定することをお勧めします。
※ 実際の撮影画角は190°です。

高画質

8K※1の高画質 8K※1の高画質

EOS R5※2の8K動画が実現する、息を呑むVR映像の世界。Lレンズによる高画質も相まって、まるで同一空間にいるかのような没入体験を提供できます。EOS R5は、ハイライトの階調性が高いCanon Log 3に対応。輝度差の大きな場面でも高画質に描くことができます。
※1 カメラには魚眼画像で8K相当の解像度の動画が記録されます。RAWはアプリ・プラグインの変換非対応です。画面両端にケラレが生じます。記録フォーマットはDCI推奨。
※2 2021年12月発売時点で対応するカメラ。EOS R5を2021年12月発売時点の最新のファームウエアにアップデートする必要があります。

画面中心から周辺まで
高画質を実現する
2眼の魚眼Lレンズ
画面中心から周辺まで高画質を実現する2眼の魚眼Lレンズ

レンズを2個搭載することで、視差を利用した「3D立体視」での撮影を実現。EOS R5※1のフルサイズ8K※2センサーとLレンズとの組み合わせにより、画面周辺まで解像度の高い撮影が可能です。
※1 最終出力水平画素数は、片眼あたり約3684画素です。EOS R5を2021年12月発売時点の最新のファームウエアにアップデートする必要があります。
※2 カメラには魚眼画像で8K相当の解像度の動画が記録されます。RAWはアプリ・プラグインの変換非対応です。画面両端にケラレが生じます。記録フォーマットはDCI推奨。

暗いシーンでも
クリアな映像に

大口径・F2.8、Lレンズの光学性能、EOS R5の高感度CMOSセンサーやDIGIC Xの連携により、高いノイズ処理能力を発揮。薄暗いシーンや意図的に光量を落とした表現も、クリアな映像表現を実現します。また夜など、地明かりのみの暗い状況での撮影も行えます。
※ 2021年12月発売時点で対応するカメラ。EOS R5を2021年12月発売時点の最新のファームウエアにアップデートする必要があります。

逆光時のゴーストを低減 逆光時のゴーストを低減

画角の広いVRレンズの屋外撮影は、一般に太陽がレンズに映り込まない時間帯に限られることが多くありました。RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYEは、優れた反射防止効果を発揮するキヤノン独自の特殊コーティング「SWC」を採用。逆光でのゴーストを低減することで、斜光が魅力的な朝夕の撮影にも適しています。
  • SWC(Subwavelength Structure Coating)
    キヤノンが開発した反射防止膜。レンズの表面に、可視光の波長(380~780nm)より小さいナノメートル単位のくさび状の構造物を無数に並べることで、実質的に光が境界面を感じないようにするという画期的なコーティング技術。

    ※ 1nm=100万分の1mm

  • 屋外での撮影機会が拡大
    従来、屋外のVR撮影は真昼前後に限られていました。日が傾いてくると、順光では撮影者の影が映り込み、逆光ではゴーストが発生する可能性があるためです。「SWC」の採用でゴーストを低減することで、屋外での撮影機会が大幅に拡大します。
    順光:日が傾く→影が映る 逆光:ゴースト発生

2眼電動光彩絞り(EMD)で
露出を電子制御
2眼電動光彩絞り(EMD)で露出を電子制御

左右の各レンズに電動虹彩絞り(EMD)を搭載。2つのEMDを同時に電子制御することで、左右のレンズを同じ露出に設定します。

絞り電子制御:EMD(Electro-magnetic Diaphragm)

ゼラチンフィルターホルダー

NDフィルターを装着可能
高輝度時も滑らかな映像に
NDフィルターを装着可能 高輝度時も滑らかな映像に

ゼラチンフィルターホルダーを搭載しているため、NDフィルターの装着が可能。高輝度な日中の屋外撮影でも光量を抑えて撮影できます。意図しない高速シャッタースピードによる動画のパラパラ感を低減し、滑らかな映像を作り出せます。

ワークフロー

VRの撮影・編集工程を削減 VRの撮影・編集工程を削減

EOS VR SYSTEMでは、EOS R5の単一センサーで映像を記録。2つのレンズと2つのカメラ(2つのセンサー)を使用して撮影する場合、センサーの個体差による色差、輝度差などが生じ、それらを統一する必要がありました。単一センサーなら、左右のレンズから入った光を1つのセンサーで受け止められるため、その必要がありません。さらにシーンごとに左右それぞれ2ファイルを管理することなく1つのデータとして記録。2つのレンズと2つのカメラ(2つのセンサー)を使用する場合と比べ、撮影前・撮影後の煩わしい工程を減らし、ワークフローを短縮します。また記録メディアが1枚で済む点も魅力です。
  • 左右同期不要
  • スティッチ不要
  • EOS R5で使用するメディアに記録
  • カメラ2台をリグに乗せた撮影
    カメラ2台を
    リグに乗せた撮影

    ※イメージです

    1. 左右カメラ位置ズレ調整
    2. 左右カメラ映像同期設定
    3. 左右カメラ露出調整
    4. 撮影
    5. 画像取り込み(左右2データ)
    6. スティッチ
    7. 視差補正
    8. 正距円筒図法に変換
    9. エンコード
    10. 編集
      (色差、輝度差等の補正を含む)
    11. エンコード
    12. 視聴
  • EOS VR SYSTEM
    EOS VR SYSTEM
    1. 左右カメラ位置ズレ調整
    2. 左右カメラ映像同期設定
    3. カメラ露出調整(1台分のみ)
    4. 撮影
    5. 画像取り込み(1データのみ)
    6. スティッチ
    7. 視差補正
    8. 正距円筒図法に変換
    9. エンコード
    10. 編集
      (色差、輝度差等の補正不要)
    11. エンコード
    12. 視聴
    13. ※別途有償のソフトウエアを用いて実施する、動画編集のワークフローを含みます
    14. 工数を
      削減

アプリ

ワークフローをさらに
効率化する
3つのツール
ワークフローをさらに効率化する3つのツール

VR動画撮影時のみならず編集までを手軽に。リモート撮影、再生、変換に対応する各種ツールで、ハイクオリティーな映像制作を目指すクリエーターをサポートします。

撮影アシストアプリ
「EOS Utility」「Camera Connect」(無料)
撮影アシストアプリ「EOS Utility」「Camera Connect」(無料)

EOSのリモート撮影アプリとして親しまれてきた2つのアプリが、VR映像に対応。「EOS Utility」は有線・無線接続でPCからのリモート撮影に対応。ライブビュー撮影で[円周魚眼/正距円筒][左/右]を切り替えて表示することが可能です。「Camera Connect」は、スマートフォンやタブレットとWi-Fi接続し、リモート撮影が可能。屋外での撮影に便利です。

※ VR対応できない機能は制限されます。
※ 拡大表示時は、正距円筒図法に変換されません。

  • EOS Utility

    EOS Utility

    Wi-Fiアイコン
    Wi-Fi接続
    Lanアイコン
    有線接続
    EOS Util操作イメージ
    ライブビュー表示の左右入替・正距円筒切替 マジックウィンドウ表示 (2D表示時の画角)※ 画像はイメージです。
  • Camera Connect

    Camera Connect

    Wi-Fi/BlueToothアイコン
    Wi-Fi接続
    Camera Connect操作イメージ
    ライブビュー表示の左右入替・正距円筒切替 マジックウィンドウ表示 (2D表示時の画角)※ 画像はイメージです。

VR動画確認・変換アプリ
「EOS VR Utility」(有償※1
VR動画確認・変換アプリ「EOS VR Utility」(有償※1)

EOS VR SYSTEMのために開発された新アプリ。レンズの構造上左右逆に記録されている魚眼画像の左右入替や、正距円筒図法への変換(動画・静止画に対応)、レンズの各種補正対応(視差補正、水平補正)、再生・簡易カット編集が行えます。また、8K動画の4K以上の画像サイズ、保存形式への変換や、Canon Log動画用のルックアップテーブルにも対応しています。
EOS VR Utility

EOS VR Utility

EOS VR Utility操作イメージ
動画リスト 動画情報 動画再生・カット編集/ルックアップテーブル適応 水平補正・視差調整 ※ 画像はイメージです。
※1 有償について
静止画・2分以内の動画であれば、上記すべての機能が無償で使用できます。2分以上の動画を活用画像へ変換保存する場合のみ、課金が必要です。
ワークフローに戻る

動画編集プラグイン
「EOS VR Plugin for Adobe Premiere Pro」
(有償※1
動画編集プラグイン「EOS VR Plugin for Adobe Premiere Pro」(有償※)

EOS VR SYSTEMのために開発された新プラグイン。180°のVR画像をAdobe Premiere Proが扱える形式に変換(左右入替・正距円筒図法)。撮影したデータをダイレクトに編集可能です。視差補正と水平補正にも対応しています。
EOS VR Plugin for Adobe Premiere Pro

EOS VR Plugin
for Adobe Premiere Pro

EOS VR Plugin for Adobe Premiere Pro操作イメージ
※ 画像はイメージです。
EOS VR Plugin for Adobe Premiere Pro操作イメージ
※1 有償について
静止画・2分以内の動画であれば、上記すべての機能が無償で使用できます。2分以上の動画を取り込む場合のみ、課金が必要です。
ワークフローに戻る

機能紹介Movie

クリックで動画を再生

本体仕様

NEW2021年12月下旬発売予定

RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE

RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE

・レンズ構成:10群12枚
・撮影距離範囲:0.2m~∞
・最大撮影倍率:0.03倍
・フィルター径:後部にゼラチンフィルターを装着可能
・最大径×長さ:約121.1(幅)×53.5mm
・質量:約350g
・JANコード:4549292-195675
・商品コード:5554C001

※ 価格はオープン価格です。各販売店にお問い合わせください。

RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE
ご予約はこちら 製品情報へ