キヤノンギャラリー報道写真記者と広告写真家の比較作品展「ニッポン」~写真のホンマとウソ~ Vol.2

画像を拡大

本展は、報道写真記者と広告写真家がそれぞれの立場から『ニッポン』を写し撮った作品写真を展示いたします。
目で見た様をできる限りそのまま伝えようとする報道と、イメージを洗練し見る人へ効果的に伝えようとする広告という視点や表現方法が異なるそれぞれの写真の魅力をご覧いただけます。
報道写真記者20名、広告写真家20名による計40点を展示します。
展示作品はキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントします。

開催日程 会場
2020年9月29日(火)~10月26日(月)
※ 来場される際はご来場のお客さまへのお願いをご確認ください。
10時~17時30分(最終日は16時30分まで)
休館日:日曜日・祝日
キヤノンオープンギャラリー1(品川)

報道写真記者メッセージ

昨今のツイッターやユーチューブといったSNS、さらには防犯ビデオの普及など、社会のマルチメディア化により報道写真記者は厳しい立場に置かれています。しかし、報道写真にとって、この状況は新たな表現に向き合えるチャンスともいえます。
~写真のホンマとウソ~、事件や事故が内包する『事実』と『虚構』を写し撮る。報道写真記者の選りすぐりの作品をご覧ください。

朝日新聞社、京都新聞社、共同通信社、神戸新聞社、産経新聞社、日本経済新聞大阪本社、毎日新聞社、読売新聞大阪本社

広告写真家メッセージ

広告写真家と聞いてどんなイメージをお持ちですか?華やかな印象をお持ちの方、それは間違いです。広告写真は、ブランドイメージや印象が少しでも良くなるような演出を多くのスタッフとともに真摯に向き合って作っています。「ウソ」は広告にはなりえません。広告も「ホンマ」です。
ここにはライティングによって太陽をも作ってしまう写真家たちがいます。広告写真家の選りすぐりの作品をご覧ください。

公益社団法人日本広告写真家協会(APA)

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ