キヤノンギャラリーキヤノンフォトクラブ エアライナーズ 写真展:チャーリィ古庄と空の写真団

画像を拡大

本展は2012年にチャーリィ古庄氏の「EOS学園航空フォト講座」を受講したメンバーが講座後に集うようになったグループ「charlie`s」から発展した「キヤノンフォトクラブ エアライナーズ」のグループ展です。

写真家チャーリィ古庄氏の指導のもと、共通テーマを「飛行機のある風景」とし、メンバーがこれまで培ってきた撮影技術を駆使した作品34点を展示します。

開催日程 会場
2018年9月4日(火)~10月1日(月) キヤノンオープンギャラリー2(品川)

キヤノンフォトクラブ

キヤノンフォトクラブは、キヤノンカメラ愛用者を対象とした会員制写真サークルであるキヤノンフォトサークルの全国各地の会員が自主的に地域で集い、月例会や撮影会などを行う場です。全国に90以上のクラブがあり、写真の技術や知識を身につける場、写真の喜びを分かちあう場として活用されています。
https://cweb.canon.jp/cpc/photoclub/index.html

代表者メッセージ

チャーリィ古庄先生のEOS学園航空フォト講座を受講したメンバーが講座後に集うようになり「Charlie’s」というグループが出来たのが6年前のことでした。
結成当時からグループの活動は活発で意欲的でその年に第1回の写真展を行うなど、楽しみながら自らの作品を公の方々に観ていただく緊張感を味わいました。グループの写真展は「飛行機のある風景」をテーマに毎年欠かすことなく昨年で5回目となりました。
3年目からは「Charlie’s」から「キヤノンフォトクラブ エアライナーズ」となり活動の中身を変えながらより良い作品が発表できるよう、講師にチャーリィ古庄先生を迎え本格的なご指導のもと各自研鑽を重ね切磋琢磨し技量を向上させてきました。
5年という節目を終え、昨年初め恒例の写真展とは別に『キヤノンギャラリーへの挑戦』という大きな目標を定め、各自過去5年間の作品の中から自信作を出し合いました。
講師からは「写真展のように一人一作品といった全員参加型ではなく提出されたすべての中から「Best of Bestの作品を選ぶ」と言われ厳しい審査を5回に渡りしていただき34作品に絞り込んでいただきました。
今回発表させていただけることになった作品は、私たちの「Best of Best」であり、テーマとしてやり続けてきた「飛行機のある風景」5年間の集大成です。

キヤノンフォトクラブ エアライナーズ代表 前田明弘

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ