キヤノンギャラリー古見きゅう写真展:JAPAN’S SEA

画像を拡大

本展は、写真家古見きゅう氏による写真展です。
これまで20年以上の歳月を費やし、世界各国の海を潜り撮影し続けてきた氏が、日本の海の素晴らしさを改めて伝える写真展です。
日本の海は亜寒帯から亜熱帯までの生物相をカバーするユニークな生態系を持つ海であり、世界有数の多様性を有しています。これまでに撮り溜めてきた南北約3000kmに渡る島国・日本の海の写真約80点を展示する、氏の集大成となる写真展です。
作品は「EOS 1V」から最新の「EOS R」 までのカメラで撮影し、キヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントし展示します。

開催日程 会場
2020年4月1日(水)~5月30日(土)
※ 日曜・祝日休館
キヤノンギャラリー S(品川)
  • 2020年5月2日(土)13時30分~キヤノンホール Sにてトークイベントを開催します。

トークイベントのご案内

作家メッセージ

日本の海はわずか南北約3000kmという狭い国土の中に、様々な表情を見せる。

北端 北海道には冬場、ロシア アムール川を起源に発生した流氷が北海道に辿り着く。莫大な植物性プランクトンなどの栄養素を含む流氷は、日本の北の海に豊かな恵みを与える。南端 沖縄八重山諸島には「石西礁湖」と呼ばれる広大なサンゴ礁が広がり、様々な生物を育み、たくさんの生命が産まれる。南北両端に生命を育む発生源が存在すると共に、世界最大級の潮流「黒潮」をはじめ、島国日本の沿岸には様々な方面からの海流が走り、南北のエネルギーが混じり合い、各地方で様々な海中環境を形成する。「サンゴ礁を有する国に流氷が辿り着く」。世界広しといえど、日本の海でしかありえない自然現象。これまで世界の海を巡ってきた水中写真家古見きゅうが20年の歳月を費やし、世界的にも類を見ない多様性を記録した集大成がここに。

作家プロフィール

古見 きゅう(ふるみ きゅう)

1978年生 東京都出身
本州最南端の和歌山県串本町にて、ダイビングガイドとして活動したのち写真家として独立。現在は東京を拠点に国内外の海を飛び回り、独特な視点から海の美しい風景やユニークな生き物、海の環境問題なども積極的に撮影取材し、新聞、週刊誌、科学誌など様々な媒体で作品や記事を発表している。著書に写真絵本「WAO!」(小学館)、「THE SEVEN SEAS」(パイインターナショナル)、「TRUK LAGOON」(講談社)など多数。2016年撮影プロダクションAnd Nine株式会社を設立。近年はEOSカメラでの動画作品制作も精力的に行い、企業のPVやテレビ番組などへの映像提供も多数手がける。

2005年
「南紀串本海の生き物ウォッチングガイド」刊行(共著)
2009年
MBS「情熱大陸」出演
2010年
写真集「WA!」刊行
2011年
写真展「WA!」(串本海中公園マリンパビリオン)
写真展「GALAPAGOS」(キヤノンギャラリー銀座、福岡、梅田)
2012年
写真展「WA!」(サンシャイン水族館)
写真展「WA!」(Japan Creative Center/Singapore)
2013年
写真絵本「ちきゅうすいぞくかん」刊行(学研教育みらい)
BS朝日「いま世界は」出演
2015年
写真集「WAO!」刊行(小学館)
写真集「THE SEVEN SEAS」刊行(パイインターナショナル)
写真集「TRUK LAGOON閉じ込められた記憶」刊行(講談社)
写真展「海の旅人ワオの物語」(コニカミノルタプラザ)
写真展「TRUK LAGOON閉じ込められた記憶」(キヤノンギャラリー銀座、札幌、梅田)
TBS「Nスタ」出演
日経ナショナルジオグラフィック写真賞2014優秀賞 受賞
2016年
写真展「海の旅人ワオの物語」(串本海中公園マリンパビリオン)
2017年
写真展「海の旅人ワオと巡る7つの海」(渋谷東急本店)
日経ナショナルジオグラフィック写真賞2016最優秀賞 受賞
2018年
写真展Creative space HAYASHI
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ