キヤノンギャラリー小林 正明 写真展:土と生きる ~川辺川ダム水没予定地に暮らし続けた夫婦~

画像を拡大

川辺川ダム建設計画で、移転を余儀なくされたある地域。その中で、移転を拒みながらその地に暮らし続けた一組の夫婦の姿を、写真家、小林正明氏は捉えました。
ダム建設という政策に翻弄されながらも、恵みを生む「土」に強いこだわりを持ち、ただ1軒水没予定地に残って淡々と暮らしを続けてきた夫婦。しかし寄る年波には勝てず、2017年3月村を出てしまいます。生活していくとは何か、人のしあわせとは何かに思いを馳せてご覧ください。

開催日程 会場
2019年7月25日(木)~7月31日(水)
10時30分~18時30分(最終日15時まで)
キヤノンギャラリー銀座
  • 2019年7月27日(土)13時~ギャラリー内にてギャラリートークを開催します。
2019年9月19日(木)~9月25日(水)
10時~18時(最終日15時まで)
キヤノンギャラリー大阪
  • 2019年9月21日(土)13時~ギャラリー内にてギャラリートークを開催します。

ギャラリートークのご案内

作家による展示作品の解説や、撮影時のエピソードなどをお話しいただきます。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ