キヤノンギャラリーキヤノン イーグルス写真展2018 Photo by Takahito Mizutani

画像を拡大

キヤノングループの企業スポーツ活動の一つであるラグビーチーム「キヤノン イーグルス」を、チームのオフィシャルフォトグラファーであるスポーツ写真家の水谷たかひと氏が撮影した写真約30点を展示します。さらなる飛躍に向けハードな練習や試合に臨む「キヤノン イーグルス」の姿を、水谷氏が各会場に同行して撮影したものです。
撮影にはキヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark II」に加え、新開発のRFマウントを採用した新商品「EOS R」と、「EF400mm F2.8L IS II USM」をはじめとするEFレンズを使用し、出力には大判プリンター「imagePROGRAF」シリーズを使用します。

開催概要

展示構成

トークショー開催

キヤノン イーグルスGM永友 洋司氏と選手(選手名未定)、オフィシャルフォトグラファー水谷 たかひと氏によるトークショーを開催します。

ギャラリートーク開催

写真展会場にて、水谷 たかひと氏による作品解説を行います。

キヤノン イーグルスについて

1980年に創部したキヤノンラグビーフットボールクラブ(キヤノンRFC)の本格的な強化は、2008年から始まりました。2008-2009シーズンで関東社会人1部リーグ2位の成績を収め、ジャパンラグビートップイーストに昇格を果たしたキヤノンRFCは、2010年3月に愛称を「キヤノンイーグルス」と決定しています。「イーグルス(鷲)」は、かつて商品デザインにも使われ、現在も社章に使用しているキヤノンの伝統あるシンボルです。「鷲づかみでボールを運ぶ」「鷲のような目と鷲のような爪で勝利をつかみに行く」という強い意志が込められています。
2011-2012シーズンのトップチャレンジで1位となったキヤノンイーグルスは、念願のトップリーグ昇格を果たしました。以来ジャパンラグビートップリーグに所属し、8月に開幕した2018-2019シーズンでは、チーム史上初となるトップ4入りを目指し、新たな挑戦を続けています。

ヘッドコーチ
アリスター・クッツェー
共同キャプテン
嶋田 直人/庭井 祐輔
ホームグラウンド
キヤノンスポーツパーク(東京都町田市)

作家プロフィール

水谷 たかひと(みずたに・たかひと)

1968年 東京都生まれ。
東京綜合写真専門学校卒業後、坪内 隆直氏に師事。1993年からはフリーランスのスポーツフォトグラファーとして、モータースポーツ・ウィンタースポーツ・サッカー・ラグビーなどを中心としたスポーツイベントを追い続け現在に至る。
2012年、キヤノン イーグルスのオフィシャルフォトグラファーに就任。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ