キヤノンギャラリー沖縄写真タイフーン<北から南から>連動
七海 愛 写真展:somewhere, anywhere, nowhere…

画像を拡大

本展は毎年沖縄で開催される写真プロジェクト「沖縄写真タイフーン<北から南から>」の連動写真展です。
七海愛氏が、2009年から2020年までに沖縄を中心に、各地で撮影された写真の中から、3枚から10枚程度重ね合わせ、画像処理を施した写真作品を約40点展示します。
数枚の写真を無作為に選んで一枚の写真が作られますが、一つに溶け合うことで出来上がるのはいつ・どこで撮られたかわからない一枚となります。
特別な意味もなく写され、一枚では成立しなかった写真や、数年間日の目を見なかった写真も、その後の作業を経て一枚の写真作品として生みだされます。
作品はすべてキヤノンの「PIXUS PRO-1」でプリントし、展示します。

開催日程 会場
2020年6月23日(火)~7月20日(月)
※ 来場される際はご来場のお客さまへのお願いをご確認ください。
10時~17時30分(最終日16時30分まで)
当面の間、10時30分~17時と時間短縮させていただきます。
※ 日曜・祝日休館
キヤノンオープンギャラリー1(品川)

作家メッセージ

どこかにいながら、何でもない写真を撮るところから始まる。
取り立てて意味もない、記録でもなく、それは生活の一部。
場所を変えても撮る対象はそれほど変わらなかった。
例えば沖縄。例えば北海道。鳥取に静岡、そしてドイツ。
公園に植わっている木、集まる鳩、散歩している犬と子供たち。
部屋の中のコップや洗濯物、時折差す木漏れ日に水面のきらめき、夕焼け。
日々の端々で撮られた断片を見返しても、相変わらず特別な意味は無い。
その写真の幾つかを、重ね合わせて混ぜ合わせる。
ハレーションを起こし、色調が反転し、退色する。
違う場所、違う時間、それらが溶け合うと 新しいイメージが生まれる。
新たに画面上で偶然出来上がったものだ。
どこでいつ撮られたかわからないイメージは写真特有の記録性を失ってゆく。
新しい世界、そのイメージは時空を軽やかに飛び越える。

作家プロフィール

七海 愛

Chica Nanami

沖縄県八重山郡生まれ

2009年
写真を撮り始める。
2010年
東松照明デジタルフォトワークショップ2期受講。
2018年
連続個展SuicideNoteを企画。連続個展カタログ『遺書』を制作。
約半年間ドイツに滞在。
2019年
写真集「yellow」を刊行。

個展

2019年
yellow/言事堂(沖縄)/bookobscura(東京)
2018年
Yomi/Das Japanische Haus Leipzig(ドイツ)
愛しのみちる/スタジオ新世界(沖縄)
Lieblings/rat & sheep(沖縄)
Farewell!!/PIN & UP Gallery(沖縄)
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ