キヤノンギャラリー奥原 十三 写真展:Night Song ~近代化遺産にうごめくもの~

画像を拡大

産業史家として、企業の歴史、産業・戦争遺産を調査、研究している奥原十三氏。30年余りにわたり日本の近代化に貢献した工場・鉱山跡などを訪ね歩き撮影しました。その中で見付けた、床板の節目や壁面など、近代化遺産の模様やかけらにフォーカスした作品を展示します。浮かび上がるのは、人が絵画として残したものではなく、そこにまつらうものの姿。氏独自の感性でとらえた作品をお楽しみください。

開催日程 会場
2019年7月18日(木)~7月24日(水) キヤノンギャラリー銀座
  • 2019年7月20日(土)13時30分~ギャラリー内にてギャラリートークを開催します。

ギャラリートークのご案内

作家による展示作品の解説や、撮影時のエピソードなどをお話しいただきます。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ