キヤノンギャラリー龍神 孝介 写真展:ロヒンギャ~行き場の無い民族~

画像を拡大

南アジアのバングラデシュには100万人近くのロヒンギャと呼ばれる人々が暮らしています。写真家、龍神 孝介氏は、この「世界で最も迫害されている少数民族」と言われている彼らを2014年より撮影してきました。帰還を望みながらも懸命に異国で生き抜こうとするロヒンギャの姿、その困難と、たくましく生きる人々の希望を写した作品の数々をご覧ください。

開催日程 会場
2019年1月31日(木)~2月6日(水) キヤノンギャラリー銀座
2019年2月14日(木)~2月20日(水) キヤノンギャラリー名古屋
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ