キヤノンギャラリー齊藤 小弥太 写真展:サンディマンディラム ‐終の家‐

画像を拡大

インド南西部の言葉で終の住処を意味する「サンディマンディラム」では、家族に捨てられ保護された人々が最後の瞬間を迎えます。写真家、齊藤小弥太氏は、つらい記憶に苦しみながらも子どもの幸せを願い、祈りをささげる人々の姿にカメラを向けました。著しい経済成長によって移り変わる町の景観や家族の関係性、幸せの在り方。華やかな発展の裏側にある問題について、考えるきっかけとなる写真展です。

開催日程 会場
2019年11月7日(木)~11月13日(水)
10時30分~18時30分(最終日15時まで)
キヤノンギャラリー銀座
  • 2019年11月9日(土)13時~ギャラリー内にてギャラリートークを開催します。
2019年11月21日(木)~11月27日(水)
10時~18時(最終日15時まで)
キヤノンギャラリー大阪

ギャラリートークのご案内

作家による展示作品の解説や、撮影時のエピソードなどをお話しいただきます。

著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ