キヤノンギャラリー藪口 雄也 写真展:いきつくしま

画像を拡大

潜伏キリシタンの歴史をもつ長崎県の「生月島」。帰国した人々が島を見て、無事に帰ってきたと息をついたことが名前の由来といわれているこの島は、今では自らの最期にそこを選ぶ人もいると言われています。写真家、藪口 雄也氏はこの風光明媚な島に魅了されながらも、湧きあがる不思議な感情を胸にこの島を撮り歩きました。あらゆる命の流れを感じながら氏が切り撮った情景をご覧ください。

開催日程 会場
2018年12月20日(木)~12月26日(水) キヤノンギャラリー銀座
2019年1月24日(木)~1月30日(水) キヤノンギャラリー名古屋
2019年2月28日(木)~3月6日(水) キヤノンギャラリー大阪
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。
キヤノンギャラリートップへ
このページのトップへ