"S"の記憶

135

会期 : 2019.9.12 - 2019.10.28

第135回展
日本雑誌協会スポーツ報道展「平成アスリート戦記」~令和の夜明け、そして東京2020へ~

本展は一般社団法人日本雑誌協会(2019年8月現在、会員社92社)よるスポーツ報道写真展です。平成に開催されたオリンピック、ラグビーワールドカップにおいて活躍した日本人選手の名場面を迫力ある写真で振り返ります。さらに試合を離れた選手の素顔など、貴重なショットも多数展示されます。数々の選手たちの活躍を収めた約160点の作品をお楽しみください。作品はすべて、キヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントし展示します。

第135回展 日本雑誌協会スポーツ報道展「平成アスリート戦記」~令和の夜明け、そして東京2020へ~

作家メッセージ

4年に1度の夢の祭典、全てのアスリートが真の世界一を目指して躍動します。
当然ジャーナリストも世界中から集まるので、日本に配布される取材証の数も著しく制限されます。
日本雑誌協会では加盟各社からカメラマンを派遣してもらい、特別取材チームを編成してオリンピックを取材してきました。
今回、元号が平成から令和に変わったのを期に、平成のアスリートを振り返ってみようと今回の写真展を企画しました。
平成元年はいまだフィルムカメラ全盛時代。オートフォーカスの精度もまだまだでした。
バルセロナオリンピックではポジフィルムを未現像で日本に送っていました。
3週間にも及ぶ取材の中で帰国するまで自分の撮った写真を1枚も見れない状況でした。
酷寒のリレハンメルではカメラにカイロを巻いていないとモータードライブが止まってしまうことも度々ありました。
2000年、シドニーオリンピックのころはネガフィルムで撮ったものをスキャニングして電送していましたが、それはデジタルカメラの画質がいまひとつだったので、そのような手間をかけていました。
新聞の写真は速報性が重視されますが、雑誌写真の切り口はアスリートの醸し出す美しさや、画面からハミ出してしまうほどの緊張感や躍動感、そして競技会場の空気感が伝わる写真など、何年も経ってからその写真を見た時に、みなさんに何かを感じ取ってもらいたい思いで高画質にこだわってきたのです。

機材と通信環境はこの20年間で考えられない進化を遂げました。
デジタルカメラの高感度化により室内競技の画質は格段に精彩になり、オートフォーカスの精度、メモリーの高速化によって連続で何枚も写真が撮れるようになりました。
通信環境も向上し地球の裏側のリオデジャネイロからでも一瞬のうちに何枚もの写真を送れるようになったのです。平成の20年間の写真を見比べて時代の変化を感じ取っていただけたら幸いです。

さて来年は東京でオリンピックが開催されます。
新たなるドラマが生まれ、新しいスターが出現することでしょう。
これからも特別取材チームで新しい時代を切り取っていきます。

(日本雑誌協会 スポーツ記者クラブ 代表幹事・佐貫直哉)

[ 著作権について ]
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。

写真展の情報・作家メッセージなどは、開催当時の内容を記載しております。予めご了承ください。

page top

© Canon Marketing Japan Inc.