ST-150|特長

手軽に導入できるエントリーモデル

KNToolで簡単アプリケーション開発

ハンディターミナル導入にはアプリケーション開発が伴います。KNToolはドラッグ&ドロップで簡単にアプリケーションの作成ができます。また低コスト・短期間でのアプリケーション導入を実現します。

Windows CE OS搭載

「Windows Embedded Compact 7」を搭載しているため、現在お使いのWindows CE系アプリケーションの移行がスムーズかつ、低コストで行えます。

小型・軽量を追求したユニバーサルデザイン

業務に負担のかかりにくい小型・軽量ボディ

長時間使用しても疲れにくい140gの軽量ボディを実現。全長157.4mmながら、操作性を損なわない最適な小型ボディです。

あらゆる環境を想定した使いやすさ

落下防止の滑り止めパターンを搭載し、手袋を着用したままでも使いやすいよう、指の角度にそって設計されたキー形状を採用。軍手や手袋をした状態でも安心してご利用できます。

視認性の高いオレンジ色のフレーム

オレンジ色は親しみやすさを連想させる色であり、小売店などにもはえるデザインとなっております。また、視認性が高く暗い倉庫でも目立ちやすく紛失を防止します。

読み取り機能

LED照明下での読み取り向上

LED照明はバーコードの読み取りに影響を与えることがありますが、LED照明の影響を受けにくいモジュールを採用。

スキャン角度25度採用

スキャン角度25度を採用することで、画面を見ながら操作しやすく、高所の棚読みにも適しています。

安心と安全への配慮

抗菌素材を採用

複数の人が共有して端末を利用することが想定されるため、本体表面のプラスチックに菌の繁殖を防ぐ抗菌素材を採用しました。

安心して使える堅牢性

1.5mコンクリート落下に加え、30cm落下試験を1,000回行い、屋外での落下なども想定した高い堅牢性、耐久性を実現しています。