R10 | 高品質画像

高品質な画像処理機能

最適なサイズで読み取る「用紙サイズ自動検知」

異なるサイズが混載する原稿を連続スキャンする際も、1枚1枚読み取りサイズを指定する必要はありません。
それぞれの用紙サイズを自動的に検知し、常に最適なサイズで効率よくデータ化します。

図:用紙サイズ自動検知

原稿内容の傾きも検知し補正する「斜行補正」

斜行補正機能は、スキャンした原稿の外形から原稿自体の傾きを検知して補正する方法と、印刷不備で内容が曲がっている場合など、画像の直線や文字列といった原稿内容の傾きから補正する方法があり、原稿にあわせて2タイプのモードを切り替えることができます。

図:斜行補正
  • 文字が斜めに書いてある場合など、原稿の種類により正しく補正されない場合があります。

読み取り容量を抑える「カラー・グレー・白黒自動判別」

カラー原稿、白黒原稿だけでなく、写真などが入ったグレー原稿を含め、3つのタイプを自動的に判別してスキャンします。それぞれの原稿タイプに合せて、見やすく読みやすいスキャンを実現するとともに、白黒やグレーが混在する複数枚の原稿をカラー設定で読み取るよりも、適正なデータ容量に抑えることができます。

図:カラー・グレー・白黒自動判別

原稿の白紙面を自動的に消去「白紙スキップ」

両面と片面の混在した原稿を両面スキャンした際に生じる白紙面を、自動的に認識して消去。ムダなページをデータ生成時になくして、スキャン後の編集・削除作業の手間を省きます。

図:白紙スキップ

裏面の写り込みを抑える「裏写り・地色除去」

裏写りするような薄い原稿をスキャンする際に発生しやすい、裏面の文字や写真の写り込みを低減。さらに、地色を除去して、細かな文字も読みやすく、図や表も見やすい画像データを生成します。

図:裏写り・地色除去

細かな階調再現に対応する「グラフィック原稿モード」

写真やイラストなどの画像をスキャンする際に生じやすい、黒ツブレや白トビを抑えるために「グラフィック原稿モード」を搭載。
細かい階調を保ちながら、より高品位に読み取ることができます。

図:グラフィック原稿モード
[an error occurred while processing this directive]