大判プリンターフォトプルーフPhotoshop Plug-Inを使った校正印刷 概要

雑誌広告色基準(JMPA)などに合わせた色見本のプリントを実現するフォトプルーフソリューションをご紹介します。

校正印刷機能とは

校正印刷機能(イラスト)

プロのフォトグラファーが広告写真を印刷原稿として入稿するときに、確認用の色見本を添えることが多くあります。
しかし、通常の印刷において、インクジェットプリンターの広い色再現領域を活かしたあざやかな出力が得られますが、雑誌広告の色再現領域とは異なるため、そのままでは色見本としては適しません。
Print Plug-In for Photoshop の校正印刷機能は、雑誌広告の色基準(JMPAカラー) に合わせて色変換を行うので、imagePROGRAFからの出力と印刷された雑誌広告の色味とが近似します。

Adobe Photoshopで編集、色調整した写真を雑誌広告の色で出力することができるので、安心して色見本のプリントができるとともに、色のレタッチ作業中にも雑誌広告の色味を確認できることから作業の効率化につながります。

図解

JMPAカラー(雑誌広告色基準)について

「JMPAカラー」とは、(社)日本雑誌協会が2001年7月に発表した、雑誌広告原稿データでの業界統一の色基準です。 雑誌広告の制作から印刷に至るすべての過程で、統一された色味で確認することができ、デジタルデータによる色管理されたワークフローを実現することができます。

校正印刷機能の使用手順

Adobe Photoshop CS4で編集、色調整した写真をJMPAカラーの色見本としてプリントする手順を以下にご紹介します。

手順1:Photoshop Plug-In の起動

画像:アドビシステムズ社フォトショップのプラグインを起動方法を説明しています。

[ファイル]メニューの、[書き出し]→[(iPF機種名)Print Plug-In]を選択します。

手順2:プリントする用紙種類の選択

用紙の種類を選択します。

画像:プリントする用紙選択方法を説明しています。

手順3:校正プリントの設定

  1. 「校正」にチェックを入れます。
  2. 出力するプリンター、用紙のICCプロファイルを選択します。
  3. ターゲットとなるICCプロファイル「Magazine Color In Japan for Canon(V3.00)」を選択します。
  4. マッチング方法「相対的色域保持」を選択します。
画像:出力するプリンター、用紙のICCプロファイルを設定を説明しています。

手順4:プリントの指示

レイアウト、用紙サイズを設定し[印刷]ボタンをクリックします。

便利な機能

Photoshop Plug-Inには、大判プリントに必要な機能が搭載されています。ここでは便利な機能をご紹介します。

実画像のプレビュー表示で柔軟、効率的調整

色調整やレイアウト変更の結果が画面左の実画像プレビューにリアルタイムに反映されます。印刷イメージを確認しながら安心して作業を進められるので効率的で無駄がありません。

プレビューの表示方法は、(1)設定した出力用紙サイズでのレイアウト([印刷範囲レイアウト])、(2)画像全体の表示([画像])、(3)ロール紙に印刷するときのレイアウト([ロール紙プレビュー])の3通り。目的や用途に応じたプレビュー表示方法を選べます。

また、[プレビューでプルーフを行う]にチェックを付けると、選択した用紙で出力したときの色をシミュレーションして表示するので、モニタ画面で印刷物の最終色をチェックするモニタープルーフ(ソフトプルーフ)が可能です。

画像:印刷プレビュー画面での設定を説明しています。

[画像]のプレビュー表示時、マウスのドラッグ操作で選択された領域だけを印刷させることもできます。

画面:プレビュー表示

印刷したい範囲をプレビュー画面上でマウスドラッグし、指定範囲を拡大して表示。

[印刷範囲レイアウト]のプレビュー表示時、 マウス操作で用紙上のレイアウトの変更を行うことができます。 また、マウスドラッグによる画像サイズの拡大/縮小も可能です。

画面:画像位置移動機能

マウスドラッグで画像位置の移動が可能

画像:拡大/縮小機能

マウスドラッグで画像の拡大/縮小が可能

お気に入りの印刷結果をいつでも再現

印刷時に色調整や出力用紙サイズなど、出力に関わるすべての設定情報を自動的に印刷履歴として保存します。その印刷履歴の中から気に入った印刷設定を[お気に入り]として保存することで、その印刷設定をいつでも再現することができます。[お気に入り]の印刷設定を編集中の画像に適用することもできます。
また、ファイル名称や印刷日時、色調整の値、フリーコメントなどをキャプションとして印刷画像の余白に印刷することも可能です。

画面:お気に入り印刷設定

マウスドラッグで画像位置の移動が可能

画像:キャプション設定

マウスドラッグで画像の拡大/縮小が可能

このページのトップへ