大判プリンターiPF765特長

imagePROGRAF iPF765 特長

A1約26秒※1の高速性とインクコスト約9円※2の低コストを実現

高速出力

プリントヘッド駆動速度や用紙カットを高速化することでA1サイズ1枚約26秒※1の高速印刷を実現。さらに、用紙の給排紙に要する時間を短縮することで連続印刷時のスループットの向上を図り、A1サイズを最大で毎分2枚※2印刷する高速性を実現しています。

1200dpiのレンダリング処理による高精細

距離精度±0.1%、最小線幅0.02mmを実現

CAD出力に求められる最小極細線や極小文字を距離精度±0.1%※1、最小線幅0.02mm※2の高精度・高精細で印刷します。さらに、1200dpiレンダリング処理により、斜線や曲線はより滑らかに、小さな文字もつぶれることなくクリアに再現します。

1200dpiレンダリングテクノロジー(イメージ)

文字や線画はくっきり、カラーはあざやかに

5色・染顔料リアクティブインク

顔料「マットブラックインク」と染料カラーインクを反応(リアクティブ)させることにより、にじみの少ないハッキリとした黒の線画や文字を表現します。さらに文字や罫線、グラフ・図形、そして写真などが混在するビジネス文書やポスターの各オブジェクトごとに適した画像処理を行うことにより、ポスターからCAD/GISまで多彩な用途に対応します。

セキュリティー強化もできる

管理者モード

従来モデルでは、あらゆるユーザーが可能だった(1)HDDからのプリント、(2)インターフェースによる入出力を、管理者に制限させることが可能です。プリンターの不正使用や情報漏洩の防止、アクセス制限、ネットワーク環境での出力ログ管理を強化しました。

素早いPC解放を実現し、大容量データも安心

250GB大容量HDD搭載

HDD搭載により、線数の多いCAD図面やGIS図面などの大容量画像データや複雑なデータ印刷の対応力を強化。PC解放時間が速くなり、印刷指示から出力完了にかかる時間を削減します。また、PCからの印刷ジョブデータをHDDに保存することで、プリンターから直接、必要な部数を再印刷することも可能です。

目的にあわせて出力方法が選べる

選べるCAD出力方法

imagePROGRAFプリンタドライバ、HP-GL/2、HP RTL、AutoCAD用最適化キット、そして、目的にあわせた印刷によって、より精度の高い仕上がりを実現します。

クラウド連携による、図面データ共有でワークフローを効率化

ファイル出力・共有ソフト imagePROGRAF Direct Print & Share

imagePROGRAF Direct Print & Share(以下、DPS)は、建築・土木関連のワークフローを効率化するキヤノン独自のソリューション。DPSを使えばアプリケーション不要でファイルをそのまま印刷・共有することが可能。また、クラウドサービスとの連携により、ファイルを簡単にアップロード/ダウンロードし、施工会社や設計事務所、建設現場などの関係者間でファイルをタイムリーに共有し、ワークフローを改善、時間とコストの削減に貢献します。

ファイル出力・共有ソフト imagePROGRAF Direct Print & Share(イメージ)

前面操作で壁ピタ設置を実現

省スペース設計 フルフロントオペレーション

フルフロントオペレーション(画像)

インク交換、用紙セット、紙詰まりの処理などを、本体前面からの操作だけでできるフルフロントオペレーションを実現。背面からのアクションをなくしたことで、プリンターの壁ピタ設置が可能に。従来モデル(iPF720)より本体幅約20cm縮小の省スペース化を実現し、スペースの有効利用に貢献します。

出力順序のまま、キレイに積載

普通紙積載バスケット

普通紙積載バスケット(写真)

新設計のペーパーガイドにより、設計図面などの定形※1出力用紙が出力された順序を維持したまま積載可能※2です。

ロール紙を簡単にセット可能

スライドイン方式使用

スライドイン方式採用(イメージ)

ロール紙をプリンター上部手前に仮置きした後、ガイドレールに沿ってスライドさせると装着できるスライドイン方式を採用。正面から手の届きやすい位置にロール紙を置けるため、体に負担を掛けずに無理なく自然な姿勢のまま、簡単にセットできます。

さらに使いやすくなった

新操作パネル

操作パネル・操作ナビ(イメージ)

大型液晶ディスプレイに「用紙」「インク」「ジョブ」「設定/調整」の4項目に分け、タブ表示。残量情報や設定メニューなどが、ひと目で把握できます。また、イラストを使ったわかりやすい操作ナビ機能も備えています。

確認用に、インク消費量を抑えた出力が可能

お試し印刷機能搭載

この印刷モードでは、インクの消費量を「速い」モードの約半分程度に抑えて印刷します。レイアウト確認などで試し印刷を行う際のインク消費を抑えることが可能です。

さまざまなCAD環境からの出力を可能に

HP-GL/2、HP RTL 対応

出力言語HP-GL/2、HP RTL対応により、多彩なCAD環境からの高精組出力、高品位な画像データ出力を可能にしています。

「PosterArtist Lite」を同梱

ポスター作成の基本機能を備えたソフトウエア

高品位なポスターを簡単に作成できることで定評のあるソフトウエア「PosterArtist」の機能制限版「PosterArtist Lite」を同梱。小売、流通、飲食、文教、一般オフィスといった各業種向けに用意された豊富なテンプレートやクリップアートを使って4つのステップに従うことで、専門的なデザインスキルが無くても、手軽に簡単にポスター作成ができます。直感的な操作性のため、オフィスで使うソフトウエアの感覚で、手軽に、思い通りのポスター編集が行えます。

PosterArtist Liteの情報はこちら

このページのトップへ