TA-30/TA-20 | 管理性

お求めやすい価格を実現した小容量インクタンク

プリント頻度の少ないお客さまに適した小容量インクタンクを採用。タンク内のインクを使い切り可能な構造によりインクのムダを抑制しています。

図:インクタンク

用紙残量の管理がより快適に

バーコードによる正確な用紙残量管理に加え、バーコード印刷不要の用紙残量推定機能を搭載。ロール紙の回転角度を検知することでプリンターに装填されたロール紙の残量を推定し、残量が少なくなると操作パネルで警告を表示します。お客さまのニーズに合わせて管理方法を選択することができ、バーコード印刷にともなう処理時間やインク、用紙のムダを削減できます。

図:用紙残量の管理がより快適に

プリンターを効率良く管理するソフトウエア

複数のプリンターを一括で集中管理「Device Management Console」

管理者が、プリンターの状態や出力色などを常時管理・保守しやすいようにサポートするソフトウエア。TAシリーズでは新たに、紙詰まりやインク残量が少ないなどのプリンターのエラーを、あらかじめ登録したスマートフォンに通知できるようになりました。TM/TXシリーズ、PROシリーズを含む複数台プリンターの一括集中管理が可能なため、管理者の手間を大幅に削減して最適な状態のプリンターを維持できます。

効率的なコスト管理を可能に「Accounting Manager」

印刷物のコスト管理や複数台のプリンターのコスト一元管理、使用者ごとのコスト集計が可能なソフトウエア。TAシリーズに加え、TM/TXシリーズやPROシリーズも含めた複数台プリンターの一元管理も行えます。出力サイズ、用紙使用量、インク消費量などの情報をCSVファイル形式にて定期的にメール送信できる機能を搭載。送信する情報の項目や送信スケジュールは選択可能です。

  • バージョン1.3以降で対応。ホームページから最新バージョンをダウンロード可能です。

プリンターに迷わずアクセス「Quick Utility ToolBox」

TAシリーズの基本ツールや管理者用ツールに、迷わず素早くアクセスするためのソフトウエア。PCのタスクバーにアイコンを常駐させ、クリックひとつでウィンドウをポップアップさせることもできます。

メディア(用紙)の設定情報を管理「Media Configuration Tool」

メディア(用紙)選択の操作性向上と、用紙設定情報を作成・管理するためのソフトウエア。ユーザーの出力用途や目的に応じて用紙情報を追加、変更するなど最適な出力環境をサポートします。