大判プリンターTX-4000 MFP/TX-3000 MFP/TX-2000 MFPプリント

多様なスキャン・コピーのニーズに応える大判MFPソリューション imagePROGRAF TX-4000 MFP/TX-3000 MFP/TX-2000 MFP
ご相談・お問い合せ

「LUCIA TD」インク

線や文字を高精細に再現

5色フル顔料インク「LUCIA TD」は、表面張力の高いマットブラックを採用。用紙に着弾したときの濡れ広がりが小さく、色材が用紙表面近くに留まりやすいため、インク受容層のない安価なプロッター用紙でも高濃度でにじみの少ない、くっきりとした線や文字を高品位に再現します。

図:文字の高精細再現

くっきりとした黒細線・黒文字を実現

一般的にカラーインク背景にマットブラックインクを印刷すると、インク間の表面張力の違いでにじみが生じることがあります。そのためTXシリーズではカラーとマットブラックの間にブラックをはさみ、表面張力が高いマットブラックが低いカラーに移動することで生じる、にじみを抑制。これにより、カラーのきれいな背景に、黒文字をくっきりと表現することが可能になりました。

図:境界処理

優れた耐水性

LUCIA TDは5色すべてに新顔料インクを採用しているため、耐水性にも優れています。水濡れに強く、屋外現場などでの図面の取り扱いが容易です。

図:水濡れに強く現場での図面の取り扱いが容易

高画質・高速プリントを可能にしたプリントヘッド

1.07インチのプリントヘッド

TXシリーズは1.07インチ幅、15,360ノズルの6色一体型プリントヘッドを搭載。リフィル速度を向上することで、従来モデルと比較し、印刷速度を約15%高速化しました。また、チッププレートの形状も最適化し、熱分散効果を向上。プリント中に温度が上昇してインク吐出量が不安定にならないようにコントロールし、濃度のばらつきや色ムラを抑制します。

図:高速/高画質印刷ポスターが可能

高速印刷を実現

図:新プリントヘッド

プリントヘッド、用紙搬送、カット処理の最適化により、約19秒(A1横サイズの画面※1・インクジェット用普通紙)で印刷が可能に。また、ページ間処理などの印刷シーケンスの最適化により、連続印刷速度が従来モデル※2と比べ18%高速化しました。

  • ※1 普通紙/ロール紙(レベル5)CAD出力測定サンプル画面を出力
  • ※2 iPF830

給排紙の操作性が向上

業界初自動ロール紙セット

図:簡単ロール紙セット

ロール紙を本体給紙部に置くだけで用紙が自動的に搬送され、印刷可能な状態に自動調整されます。紙の送り出しなども不要です。

  • 大判インクジェットプリンター(A2サイズ以上)において。2018年7月現在(キヤノン調べ)

種類やサイズの異なる用紙を同時にセット可能
「マルチファンクションロールシステム」※1

ロール紙を同時に2本セットできる、2段ロール給紙機構を採用。TXシリーズ全サイズモデルにおいて2段ロールへの拡張が可能です。同じ用紙を2本装填して大量印刷したり、種類やサイズの異なる用紙を2本装填して用紙を切り替えて印刷したりすることができます。また、TXシリーズに装填可能な最大ロール紙径は170mm※2。巻長の長い安価なプロッター用紙も装填可能です。

用紙残量検知システム

TXシリーズは、バーコードによる正確な用紙残量管理に加え、バーコード印刷が不要の用紙残量推定機能を搭載。この機能は、用紙の搬送量とロールの回転角度から用紙の残量を推定し、残量が少なくなると操作パネルで警告を表示します。ユーザーのニーズに合わせて管理方法を選択することができ、バーコード印刷にともなう処理時間やインク、用紙の消費を削減できます。

図:用紙残量検知システム

排紙を自在に調整できる「マルチポジション・バスケット」

図:マルチポジション・バスケット

出力目的、用紙種、プリントサイズなど使用条件に合わせた多様なポジションやスタイルが可能です。

通常状態

写真:通常状態

平面積載

写真:平面積載

比較的小さいサイズの出力紙を積載したいときに有効です。

  • A2横以下の厚口コート紙HG 20枚、光沢紙 10枚。

前面排紙

写真:前面排紙

排紙口の真下にバスケットが位置するため、かがんだり、腕を伸ばしたりすることなく自然な姿勢で出力紙を取り出せます。出力サイズに合わせてバスケットの深さを調整できます。

スロープ

写真:スロープ

出力紙がまっすぐな状態で排紙されます。写真プリントなど、印刷表面に手を触れたくないときや、傷や擦れを付くのを防ぎたいときに有効です。

  • ロール紙のカット方法を[イジェクトカット]に設定。

安定したプリント品質を維持

プリントミスを低減し、高画質を維持するノズルリカバリーシステム

図:ノズルリカバリーシステム

プリントヘッドのノズルからのインク吐出をセンサーで精密にチェック。目詰まりを検知すると別のノズルによって自動的に補完します。目詰まりによる色ムラなどの失敗プリントを低減するほか、目詰まりを解消するためのヘッドクリーニングを減らして、インクの無駄を抑えます。

大量出力をサポート

排紙後のカールを抑制するフルフロントスタッカー(オプション)

図:全体的なカールを抑制

先端のカールを抑制し、全体的な丸まりを防止します。定型図面100枚が積載可能。図面の大量連続印刷に対応します。

平面積載ポジション

図:平面積載ポジション

最大A1横サイズ※1の図面を100枚※2積載可能。下向き排紙で、印刷順に積載できます。

布団返しポジション

図:布団返しポジション

最大A0縦サイズ※3の図面を100枚※2積載可能(巻長100mのプロッター用紙2本分に相当)。下向き排紙で印刷順に積載できます。

大容量のインクタンク(160ml/330ml/700ml)

TXシリーズ大容量すべてにおいて、最大700mlの大容量インクタンクを採用。各色の使用頻度に応じて3種類のタンク容量を選択、異なるサイズでも組み合せて使用できます。

ストップレスインク交換システム

図:図面の大量連続印刷に対応

インクが空になっても、一定量のインクが蓄えられているサブインクタンクから自動供給を行うことで、印字しながらインクタンクを交換可能。印刷途中でのダウンタイムの発生を防げるほか、インクを最後まで使い切ることが容易なので、コスト削減にも貢献します。インクタンクやサブインクタンクの残量は液晶画面で確認できます。

大容量ハードディスク

500GBの大容量ハードディスクを搭載。複雑なデータ、大容量のデータもストレスなくスムーズに印刷することができます。

セキュリティーを徹底的に強化

堅固なセキュリティー仕様を搭載

HDD内データの暗号化、プロトコルロック機能により情報漏えいリスクを低減。堅固な印刷データの機密管理が可能となり、プリンター管理を安心して行うことができます。

多様な印刷システムに対応

HP-GL/2ファイルを高速処理

TXシリーズは、HP-GL/2データ処理を従来モデルと比べ最大2倍の高速化を実現。細線が多い電気CAD図のような複雑なHP-GL/2ファイルも高速処理が可能となりました。

さまざまな印刷条件を効率的にプリント「プリンター内ホットフォルダ」機能

プリンター本体に、カラーモードや印刷品質、給紙方法などの印刷条件を設定した5つのホットフォルダを設定可能。プリンタードライバーを使用せず、FTP送信でプリントが可能です。宛先のフォルダを変更するだけで、目的や用途に応じた印刷が行えます。出力ファイルフォーマットはHP-GL/2、HP RTL、JPEG、PDF(マルチページ含む)に対応します。

TXシリーズ共通のプリンタードライバー

TXシリーズ間で共通で使用できるプリンタードライバー(Windows)を用意。一度インストールすれば、プリンタードライバーの出力先を切り替えることでどのTXシリーズからでも出力できます。異なる機種ごとにプリンタードライバーを入手する必要がなく、システム管理者などの作業時間や負荷を削減します。

図:TXシリーズ共通プリンタドライバー

AutoCAD用プリンタードライバー最適化キット

「AutoCAD」からの印刷を適切に制御するためのソフトウエアを搭載。AutoCADで作成された図面データの忠実な印刷を実現します。

プリンターを効率よく管理するソフトウエア

プリンターに迷わずアクセス
「Quick Utility ToolBox」

写真:Quick Utility Tool Box

TXシリーズの基本ツールや管理者用ツールに、迷わず素早くアクセスするためのソフトウエア。タスクバーにアイコンを常駐させ、クリックひとつでウィンドウをポップアップすることもできます。

メディア(用紙)の設定情報を管理
「Media Configuration Tool」

写真:Media Configuration Tool

メディア(用紙)選択の操作性向上と、用紙設定情報を作成・管理するためのソフトウエア。メディアごとに紙送り量やインクの乾燥時間など細かく設定しておけるので、用紙に合った印刷が簡単に行えます。

効率的なコスト管理を可能に
「Accounting Manager」

写真:Accounting Manager

印刷物のコスト管理や複数台のプリンターのコスト一元管理、使用者ごとのコスト集計が可能なソフトウエア。TXシリーズはもちろん、PROシリーズも含めた複数台プリンターの一元管理も可能です。

複数のプリンターを一括で集中管理
「Device Management Console」

写真:Device Management Console

管理者が、TXシリーズ、PROシリーズを含む複数台のプリンターの状態や出力色などを常時管理・保守しやすいようにサポートするソフトウエア。効率的なプリントワークを実現します。

このページのトップへ