大判プリンターTX-4000 MFP/TX-3000 MFP/TX-2000 MFPスキャン/コピー

多様なスキャン・コピーのニーズに応える大判MFPソリューション imagePROGRAF TX-4000 MFP/TX-3000 MFP/TX-2000 MFP
ご相談・お問い合せ

コントローラー

コピー機感覚の使いやすさ

大型タッチパネル一体型コントローラーを搭載

15.6インチの大型タッチパネル搭載コントローラー。視認性と操作性に優れ、大画面のプレビューによるスキャン画像の確認や編集作業などがしやすく、直感的でスムーズな操作を可能にしています。

コピー&スキャンソフト「SmartWorks MFP」

直感的なUIで操作性が向上

図:コピー

専門的なスキルがなくても、簡単に大判サイズのスキャン・コピー・画像編集ができるスキャニングソフトウエア「SmartWorks MFP」をコントローラーにプリインストール。どんなユーザーもタッチスクリーンでらくらく操作できます。

多彩なファイル形式に対応

スキャンした原稿を、目的に応じたファイル形式でPCのフォルダやUSBメモリーに保存可能。スキャン画像をTIFF/JPEG/PDF/DWFなどの多様なファイル形式で保存できます。

プレビュー画面で画像補正

図:斜行補正

SmartWork MFPには、斜行補正、明るさ調整、背景除去、ミラー反転など豊富な画像編集機能を搭載。古い図面を電子化する際に便利です。また、大画面でプレビューを表示して仕上がりを確認しながら効率的に作業を進められ、ミスコピーを減らすこともできます。

ユーザーレベルで使用する機能を制限可能

ユーザー別のジョブログの管理や、ユーザー権限で制御レベルを管理することができます。

図:ユーザーレベル

スキャン

線や文字、色を高精度にスキャン

シングルセンサーテクノロジー

全読み取り幅を一本のラインセンサーでスキャンする独自の「シングルセンサー」を搭載。 一般的な大判スキャナーに比べ、センサー間の画像ズレを抑制し、細線や文字、色を高精度に再現します。 古い図面や技術文書なども精度良くスキャン、コピーすることができます。

デュアルLED光源システム

スキャンする際に、センサーの両サイドから白色LEDを照射することでスキャン画像に安定した光量を与えるとともに、原稿の折り目やしわによってできる影を低減。再現性の高い画像読み取りを可能にしています。

高速スキャンを実現

毎秒152.4mmで高速カラー読み取りが可能

毎秒152.4mmの高速スキャンを実現。大判サイズの原稿を高解像度で読み取る際も、大量の原稿を読み取る際も、生産性を高めるスピードで大きく貢献します。

同時並行でスキャンと印刷の作業が可能

スキャン/プリントの同時並行作業が可能に。スキャン中もプリンターとして独立利用ができるので、作業効率が大幅にアップします。

図:同時並行図

多様な原稿用紙に対応

最大厚2mmの原稿もスキャン可能に

給紙/排紙パスとして、図面をスキャンするのに適した前面給紙・Uターンで前方に排紙するパスに加え、前面給紙・後方排紙または前方排紙のストレートパスにも対応。これにより、最大厚2mmの原稿もスキャン可能です。プレゼンボードや、店舗のPOPなどをそのままスキャンできます。

[Uターンパス]

図:Uターンパス

普通紙原稿など、通常はこちらのパスを使用。

[ストレートパス]

図:ストレートパス

ボードなど最大2.0mmの厚手原稿にも対応。古い図面や厚手の原稿を、傷めることなくスキャンすることができます。

図面の電子化をサポートする多様なスキャン対応

[スキャン to USB]

USB SCAN

建設現場など手書きで修正した図面をスキャンしてUSBメモリーに保存し、関係者と共有できます。

[スキャン to フォルダ]

指定フォルダへスキャンデータを保存可能。図面データの効率的な電子化に加え、ファイル整理・保存が可能です。

[スキャン to Cloud]

Cloud SCAN

スキャナーで読み取ったファイルを、Direct Print & Shareの機能を使ってクラウドにアップロード。遠隔地や複数拠点の関係者間でファイルデータを共有することができます。

imagePROGRAF Direct Print & Share

クラウド連携によるデータ共有で効率化

クラウドサービスとの連携により、ファイルを簡単にアップロード/ダウンロードできます。 クラウド上のファイルは、専用アプリケーションを起動することなく、そのまま印刷・共有可能。関係者間でファイルをタイムリーに共有できるため、現場のワークフローを改善して時間とコストの削減に貢献します。

図:大判MFPによるデータ活用例

アプリケーションを使わずにダイレクトにプリント

図:Cloud SCAN

USBメモリーをプリンターのUSBポートに接続するだけでメモリー内のファイルをダイレクト印刷できます。液晶画面に印刷プレビューが表示されるので、データを確認してから印刷が可能。ファイル選択やプリントミスを防げます。

スキャンした図面をCADで活用

ScanWave Lite(別売)

図:ScanWave Lite(イメージ)

ScanWave Liteがあれば、スキャナーで読み込んだTIFF、JPEG、PDFなどのラスターデータをCADのベクターデータに変換することができます。またスキャンデータの傾き補正、ゴミ除去、指定箇所の除去、ギザギザ線をなめらかにするスムージング機能など豊富な編集機能も備えています。

  • システムズナカシマ社製
図:ScanWave Lite(イメージ)

コピー

古い図面やメモを書き込んだ図面もワンタッチでコピー

プリセット登録

青焼き、カラー線画、白黒図面など、スキャン原稿に応じたプリセットをご用意しました。また、よく使う設定や画質調整値を反映したプリセットを追加登録可能です。コピー時にプリセットを選択するだけで登録した設定でコピー出力が行えます。

等倍コピー/15.2mまでの長尺コピーに対応

大判図面のコピーも簡単。操作パネルのスタートアイコンをタッチするだけでコピーできます。

このページのトップへ