TX-4100 MFP/TX-3100 MFP/TX-2100 MFP | 生産性

A1横・約18秒の高速印刷

プリントヘッドおよび用紙搬送、カット処理の最適化により高速印刷を実現。A1横サイズの図面※1(インクジェット用普通紙)を約18秒で印刷できます。また、ページ間処理などの印刷シーケンスの最適化により、連続印刷速度を従来モデル※2に比べ約18%高速化し、A1横サイズで3.2ppmを実現※1しました。

  • ※1
    TX-3100:普通紙/ロール紙(レベル5) CAD出力測定サンプル図面を出力
  • ※2
    TX-3000

種類やサイズの異なる用紙を同時にセット可能
「マルチファンクションロールシステム」※1

ロール紙を同時に2本セットできる、2段ロール給紙機構を採用。TXシリーズ全サイズモデルにおいて2段ロールへの拡張が可能です。同じ用紙を2本装填して大量印刷したり、種類やサイズの異なる用紙を2本装填して用紙を切り替えて印刷したりすることができます。また、TXシリーズに装填可能な最大ロール紙径は170mm※2。巻長の長い安価なプロッター用紙も装填可能です。

写真:マルチファンクションロールシステム
  • ※1
    オプションのロールユニットが必要です。
  • ※2
    従来のiPFシリーズは150mmまで。
  • 画像はTX-3100です。

ストップレスインク交換システム

インクが空になっても、一定量のインクが蓄えられているサブインクタンクから自動供給を行うことで、印字しながらインクタンクを交換可能。印刷途中でのダウンタイムの発生を防げるほか、インクを最後まで使い切ることが容易なので、コスト削減にも貢献します。インクタンクやサブインクタンクの残量は液晶画面で確認できます。

図:図面の大量連続印刷に対応
写真:ストップレスインク交換システム
  • 画像はTX-3100です。

大容量ハードディスク

500GBの大容量ハードディスクを搭載。複雑なデータ、大容量のデータもストレスなくスムーズに印刷することができます。

多様な印刷システムに対応

HP-GL/2ファイルを高速処理

TXシリーズは、HP-GL/2データの処理速度が従来モデルと比べ最大2倍に向上。細線が多い電気CAD図のような複雑なHP-GL/2ファイルも高速処理が可能となりました。

  • iPF 850/840/830

基幹CADシステムやダイレクト印刷環境に適合する「FTPマルチ印刷」

プリンター本体に、カラーモードや印刷品質、給紙方法などの印刷条件を設定した5つのホットフォルダを設定可能。プリンタードライバーを使用せず、FTP送信でプリントが可能です。宛先のフォルダを変更するだけで、目的や用途に応じた印刷が行えます。出力ファイルフォーマットはHP-GL/2、HP RTL、JPEG、PDF(マルチページ含む)に対応します。

USBメモリーからのダイレクト印刷

USBメモリーをプリンターのUSBポートに接続するだけで、メモリー内のファイルをダイレクト印刷できます。液晶画面に印刷プレビューが表示されるので、データを確認してから印刷可能。ファイル選択やプリントミスを防げます。

図:アプリケーションを使わずにダイレクトにプリント