TZ-30000 MFP | 生産性

ファーストプリント19秒、4枚/分の高速印刷

FPOT (First Print Out Time)19秒/A1図面を実現する高速ファーストプリント。さらに1ページ目の印刷中に2ページ目のデータ処理を並行して行い、高画質を維持したまま連続印刷時の印刷速度を向上。プリントヘッドを走査させるためのキャリッジモーターも業界初のツインモーター化し、高速化。カッター駆動の高速化も行うなど、生産性を追求しました。

  • A1横図面 普通紙/ロール紙(レベル5)
図:高速印刷

業界初!「ストップレスロール紙交換システム」

2段ロールのうち、一方のロール紙が印刷中にもう一方のロール紙の交換が可能。印刷を止めずにロール紙を補給できます。印刷しながらインクタンクの交換が可能な「ストップレスインクタンク交換」と併せて、効率的な連続印刷が可能です。

  • A2以上の水性大判インクジェットプリンタにおいて(2020年7月キヤノン調べ)
図:ストップレスロール紙交換システム

ストップレスインク交換システム

インクが空になっても、一定量のインクが蓄えられているサブインクタンクから自動供給を行うことで、印字しながらインクタンクを交換可能。印刷途中でのダウンタイムの発生を防げるほか、インクを最後まで使い切ることが容易なので、コスト削減にも貢献します。インクタンクやサブインクタンクの残量は液晶画面で確認できます。

図:図面の大量連続印刷に対応
図:ストップレスインク交換システム

コート紙・光沢紙等多彩なメディアに対応

普通紙図面の高精細再現から、コート紙のGIS、光沢紙のパース図などの高発色出力を実現するのに加え、耐水ポスター用紙を含むサイン用メディア、トレーシングペーパーなどのCAD専用紙にいたるまで、多彩な用途での高画質プリント出力が可能です。

USBメモリーからのダイレクト印刷

USBメモリーをプリンターのUSBポートに接続するだけで、メモリー内のファイルをダイレクト印刷できます。液晶画面に印刷プレビューが表示されるので、データを確認してから印刷可能。ファイル選択やプリントミスを防げます。

図:アプリケーションを使わずにダイレクトにプリント