大判プリンター大判プリンター 出力支援・効率化

imagePROGRAF プリンタードライバー

目的設定モード・詳細設定モード

もっと、イメージどおりの出力へ

思い通りの出力を実現するために、ふたつの印刷モードを搭載。目的設定モードでは、「標準設定」「写真(カラー)」「ポスター」「CAD(カラー線画)」「パース・GIS」などをプリセット(機種に応じて異なります)。目的に合わせて、設定をワンクリック選択できます。詳細設定モードでは、より細かい設定が可能。「優先画質」「印刷品質」「片方向印刷」「細線強調」など、多くの設定から好みの設定を自在に選択し、クオリティをより高めることができます。

ドライバー目的設定画面

カラー詳細設定

プリンター本体がもつ印字モードを、お好みに合わせて詳細に設定することが可能です。プロフェッショナルの方やハイエンドユーザーの高度なニーズに対応し、柔軟性の高いプリンター設定を提供します。

ドライバーカラー詳細設定画面

グレーバランスのコントロールに忠実な「モノクロ写真モード」

BK(ブラック)/GY(グレー)/PGY(フォトグレー)インクを主に使用することで、グレーの中間調の階調表現力が大幅に向上。色転びの少ない極めてなめらかグラデーション表現や暗部でも黒つぶれしない繊細な画像表現を実現しました。

ドライバーモノクロ詳細設定画面

長尺・フチなしプリントかんたん設定

迫力の垂れ幕、美しいフチなし印刷も自在

チェックボックスをマークするだけで迫力の垂れ幕や横断幕が手軽に作成可能。またMicrosoft Officeなど、慣れたソフトウェアから印刷でき、専用の長尺ソフトウェアは必要ありません。さらにフチなし印刷機能と君合わせることで、簡単に長尺フチなしプリントを実現します。

ドライバー長尺画面

出力後のカット作業を効率化する、三辺フチなしプリント機能を新たに搭載

新たに、ロール紙幅と出⼒サイズが異なる場合に、「三辺フチなしプリント」を作成する機能をドライバーに搭載し、出⼒後にプリントの一辺カットによるフチなしプリントを実現可能しました。

ドライバー3辺フチなし画面.

用紙のムダを徹底的に排除

用紙残量の管理がより快適に

バーコードによる正確な用紙残量管理に加え、バーコード印刷不要のロール紙残量推定機能を搭載。お客さまのニーズに合わせて管理方法を選択することができ、バーコード印刷にともなう処理時間やインク、用紙のムダを削減できます。

この新機能は、用紙の搬送量とロールの回転角度から用紙の残量を推定し、残量が少なくなると操作パネルで警告を表示します。

「印刷時にプレビュー画面を表示」機能

「印刷時にプレビュー画面を表示」機能をチェックすることで、フチなし設定や印刷位置などドライバーで設定した印刷レイアウトを、実際にロール紙に配置したイメージで直感的に把握できます。そのため、予期せぬプリント結果や、プリントミスの回避が可能です。

ページプレビュー画面

実際にロール紙に配置した状態を確認しながら用紙を節約する「90度回転機能」の活用もでき、効率的な大判プリントが可能になります。

プリンタードライバー基本操作動画

フチなし印刷の設定

ユーザー用紙設定による非定型サイズの登録手順

ページを90度回転(用紙節約)

このページのトップへ