次亜塩素酸水溶液 脱臭・除菌システム|仕様

標準脱臭仕様

用力 容量 接続形式
臭気 臭気風量:20m3/min
臭気温度:60℃以下
200A塩ビ管フランジ
電力 200VAC 三相
50または60Hz 10KVA
接地線(D種接地)
AC200V:漏電ブレーカ接続
アース線:アースバー接続
受水 0.1~0.3MPa 4~10L/min
(1~3kgf/cm2
25A塩ビ配管継手
排水 約4~10L/min 40A塩ビ配管継手
  • 受水中のマグネシウム、カルシウム、鉄等の濃度が高い場合、配管類の閉塞や次亜塩素酸水溶液の濃度異常等の不具合発生の可能性があります

エコモード運転(オプション対応)

タイマー、風向き、風速、臭気センサー等の信号をフィードバックして、薬剤量等を適切にコントロールすることも可能です。

標準設置面積

約4,100×1,300mm(注:脱臭装置本体のみ)

番号 名称
第一スクラバー
第二スクラバー
臭気接続口
排気口
循環ポンプ
ブロワ
スクラバー排水口
次亜塩素酸水溶液接続口
炭酸ガス溶解タンク
点検窓

標準脱臭仕様をベースに、臭気風量や臭気濃度などから試算して、貴社に最適な仕様をご提案いたします。

  • 「次亜塩素酸水溶液 脱臭・除菌システム」はキヤノンマーケティングジャパン(株)企画・開発のシステムです。