QuantumLeap|概要 X線吸収分光装置

高速XAFSを、ラボで X線吸収分光装置 QuantumLeap

基本情報

装置名
QuantumLeap H2000、QuantumLeap V210

商品概要

Sigray社のX線吸収分光装置“QuantumLeap”は、特許取得済の高輝度マルチターゲットX線源と放射光施設で培ったX線光学技術を備え、ラボにおける高速XAFSを実現した装置です。約100µmの空間分解能とサブeVのエネルギー分解能を有し、数分~数十分でのXANES測定やEXAFS測定が可能です。
QuantumLeapH2000(大気下測定)と、QuantumLeapV210(真空下測定)の2つのモデルがあります。

おもな特長

QuantumLeap

  • XANES、EXAFS 両チャネル分析可能
  • 高空間分解能(約100µm)
  • 高輝度X線源により、高スループットを実現
  • サブeV レベルのエネルギー分解能
  • 2.4keV – 20keV のエネルギーレンジ
  • 透過モードに加えて、蛍光モード(微量分析)にオプション対応
  • In-situ試料セル(高真空、ガス、電気、加熱)にオプション対応

ラボ装置の導入メリット

  • 計画的に何度でもXAFS測定が可能
  • ドライルーム内やOperando等の測定環境を自由自在に構築後、維持が可能
  • 情報の持ち出しを防ぎ、機密性を確保

ダウンロード