QuantumLeap|仕様 X線吸収分光装置

項目 仕様
モデル名 QuantumLeap V210 QuantumLeap H2000
エネルギーレンジ 1.7keVから10keV
(シリコンやリンから)
4.5keVから25keV
(スカンジウムやチタンから)
収集モード 透過XAS ハイブリッド:透過XASと蛍光XAS(オプション)
エネルギー分解能 XANES:0.7eV
EXAFS:<10eV (XANESモードの分解能で測定可能)
X線光路 真空筐体 ヘリウムパス
スポットサイズ 100×100μm
(対称スポット)
30-100μm×300mm-3mm
(非対称スポット)
X線源 Sigray高輝度マイクロフォーカスX線源
 ターゲット材料 デュアルエネルギーWとMoが標準、その他ターゲット追加可能
 管電圧 20-50kV
分光結晶 2 Johansson単結晶分光器と1モザイク結晶
オプション最大5結晶まで
X線光学系 Sigray社特許取得済、高効率、ツイン放物面ミラーレンズ
透過モード検出器 空間分解能フォトンカウンティング検出器
蛍光モード検出器 なし シリコンドリフト検出器
装置サイズ W 2413mm×D 1067mm×H 1905mm W 1956mm×D 1346mm× H 1676mm

ダウンロード