個人投資家のみなさまへストーリーでわかる
キヤノンマーケティングジャパン

1 キヤノンMJについて

当社の目指す価値提供

当社は、多くのキヤノンブランド製品に加え、長年技術を培ってきた
ITソリューション、また独自に仕入れた国内外の優れた製品の販売と
サービス・サポートなどを通じ、お客さまが真に求める新しい価値を
ご提供いたします。

キヤノンブランド製品 7割弱 製品・サービス
ITソリューション御社ブランド製品 3割強 製品・サービス
キヤノンマーケティングジャパン お客さまの課題解決・ニーズ実現につながる商品・サービスをご提供
例えば
オフィスの業務効率化
金融機関のシステム構築や業務効率化
写真や映像の楽しみを創造
ITを活用した医療サービスの提供

当社は以下の強みを活かしてお客さまへ価値を提供しています。

キヤノン製品を国内で
独占販売しています

キヤノンの営業部門を母体として誕生以来、当社はキヤノンブランド製品を日本国内で独占的に販売し、さらにサービスとサポートも行っています。

※半導体露光装置・液晶基板露光装置を除く

高い技術力で最適な
ITソリューションを
お届けしています

システム開発、クラウドビジネス、医療ソリューション、オンラインカメラ教室など、私たちがお客さまにご提供しているさまざまなサービスは、長年培ってきたIT技術を活かしたビジネスです。今後、あらゆる領域に、IT技術をベースとしたビジネスを展開していきます。

お客さまのあらゆるニーズに
お応えします

ビジネスの多様化に伴い、お客さまのニーズも多岐にわたっています。私たちは、お客さまのニーズに合った最適な製品を、国内外のさまざまなメーカーから独自に仕入れ、販売・サポートを行っています。


2 事業について

幅広い領域での事業展開

「コンスーマ」「エンタープライズ」
「エリア」「プロフェッショナル」の4つの分野で
事業を展開し、多くのお客さまの価値創造を支援しています。


コンスーマ

 個人のお客さまを対象として、デジタルカメラやインクジェットプリンターなどのキヤノン製品および外部仕入れ製品を提供しています。


エンタープライズ

 大手企業を対象に、業種ごとの経営課題解決に寄与するキヤノンの入出力機やソリューションを提供しています。


エリア

 全国の中堅・中小企業を主要顧客として、顧客の経営課題解決に寄与するキヤノンの入出力機やソリューションを提供しています。


プロフェッショナル

 各専門領域の顧客を対象としたソリューションを提供しています。


[プロダクションプリンティング]


主に印刷業向けに、連帳機およびカット紙高速プリンターを提供しています。


[産業機器]


主に半導体メーカーおよびその他電子デバイスメーカーを対象に、半導体製造装置、検査計測装置を提供しています。


[ヘルスケア]


医療機関向けの各種モダリティ、ITシステム、それらを組み合わせたソリューションおよび薬局向けの調剤機器やITシステム等を提供しています 。


[映像ソリューション ]


監視・業務用途向けネットワークカメラソリューションおよび放送事業者向けの業務用映像機器の提供しています 。



3 戦略について

中期経営計画(2018~2020)
について

2018年に発表した経営計画についてご説明します。

過去の実績の変遷と中期経営計画(2018~2020)の概要

キヤノンマーケティングジャパングループは、2018年~2020年の3か年にわたる成長戦力である「中期経営計画」を掲げ、事業を拡大させながら、お客さまとともに社会課題の解決に貢献していきます。

コアテーマ 売上利益推移

成長戦略

成長戦略

中期経営計画では、3つの領域での成長シナリオを描き、それぞれの強みを活かしながら、強化・成長を図ることで、お客さまの「真のパートナー」になっていくことを目指しています。
基本方針としては、「キヤノン収益向上領域」と呼ぶ既存のビジネス領域の生産性向上を図り、収益を維持するとともに、生産性の向上を図ります。そして、ここで得られる収益を活用し、「キヤノン成長領域」と「独自成長領域」に経営資源を振り向け、成長を加速していきます。

主要商品

4 強みについて

キヤノンマーケティングジャパンの
強みとは?

個人投資家の皆さまからいただく、当社の特徴や強みなどの
ご質問に対して、当社IR推進センター所長・太田が
お答えします。

Question: 1

扱っている商品・サービスには、どのような特徴がありますか? 強いブランド力を持つキヤノン製品と、当社独自の強みを持つ商品・ソリューションを提供しています。

キヤノン製品では、国内の独占販売権を持ち、製品本体とアフタービジネスなどを提供しています。キヤノン製品は、長年お客さまから高い評価をいただいており、多くの製品分野でシェアNo.1を獲得しています。これらの既存領域については、製品販売はもとより、保守サービスやカートリッジ交換などのアフタービジネスも非常に安定的な収益を生んでおり、引き続きシェアの維持・拡大に注力することで、今後の成長に向けた資金の原資を生み出していく方針です。
独自の商品・サービスでは、キヤノン以外の製品販売やITソリューション事業、医療ソリューション事業などを展開しています。これらは、当社がM&Aなどを含めて、技術・ノウハウを培ってきた分野であり、成長ドライバーの一つとなっています。

Question: 2

今後の成長に向けては、どのような事業展開を行っていくのでしょうか? 強みを活かしながら、伸びゆく市場を取り込んだ、新たなビジネスの展開を加速させます。

キヤノン製品における成長領域については、ネットワークカメラ事業や商業印刷事業などがあげられます。例えば、ネットワークカメラでは、世の中の防犯意識の高まりや、2020年に向けたセキュリティ強化の要請などから、今後の需要増加が想定されますし、マーケティング用途などの展開も期待できます。こうした中、当社では高精細なキヤノン製のネットワークカメラの販売に加え、アフタービジネスで培った強みを活かし、カメラ設置や画像の保管・解析といったサービスを展開することで、売上と収益を着実に伸ばしていく方針です。
独自の成長領域については、セキュリティ分野や医療分野におけるITソリューションに注力していきます。中でも、ITソリューションは、高い技術を持った約4,000名のSE(システムエンジニア)が、メガバンクなど大手のお客さま向けに最適なソリューションを提供。2017年の売上高は約1,800億円超ですが、2020年には2,400億円程度まで成長させていく計画です。

Question: 3

中期経営計画を実現するためには、何がポイントとなりますか? お客さまを深く理解し、お客さまとともに発展する。そう考える社員一人ひとりが成長の源泉です。

現在、2020年に向けたグループミッションとして、「先進的な“イメージング&IT”ソリューションにより社会課題の解決に貢献する」を掲げています。その実現に向けて、お客さまを深く理解し、お客さまとともに発展していくことを目指しています。
ますます激しく変化するであろう将来の経営環境の中で、私たちが成長するためには「お客さまの真のパートナー」となることが重要であり、そのための成長の源泉は「人材」に他なりません。当社の行動指針として「顧客主語」というものがありますが、これまでも、そしてこれからも、当社の成長は、常にお客さまの立場で行動する、一人ひとりの社員が担っています。
今後も、人材の力を磨き、お客さまとの共創を通じて、成長を遂げていく当社に、ぜひご期待ください。


5 株主メリットについて

株主になることのメリット

キヤノンマーケティングジャパンの株主になるとどのようなメリットが
あるのか、ご説明します。

株主還元・配当

株主のみなさまへの日頃のご支援に感謝し、当社では年2回の配当を実施しています。
連結配当性向30%をベースに、中期的な利益見通しと投資計画、キャッシュ・フローなどを総合的に勘案し、配当を実施することを基本方針としております。
なお当社では、株主還元は配当を中心に考えており、株主優待は行っておりません。

年間配当金

株主総会

企業の重要決定事項(定款の変更、取締役・監査役の選任など)を決定する株主総会へご参加いただき、議決権を行使することができます。

株主向け報告書・招集通知

株主のみなさまに向けて、当期の事業概況やトピックスなどをまとめた冊子を発送しています。