Inbound Security for Office 365

Office 365などのクラウドアプリケーションのセキュリティを強化

オンプレミスからクラウドサービスへの移行に伴い、増大するメールやオンラインストレージなどのクラウドアプリケーションへの脅威に対応する必要があります。
Inbound Security for Office 365は、サンドボックスや機械学習、AI技術により、Office 365のセキュリティレベルを強化します。(powered by トレンドマイクロ)

概要図

クラウドアプリケーション利用のセキュリティリスクをInbound Security for Office 365が解決

こんな課題を解決

  • ビジネスメール詐欺や標的型メールからOffice 365のメール環境を守りたい
  • 使用しているクラウドアプリケーションのセキュリティレベルをなるべく簡単に向上させたい
  • クラウド上でのファイル交換を安全に実施したい

特長

Office 365のセキュリティを強化

Office 365を狙った標的型メールをブロック。マルウェア感染やビジネスメール詐欺の被害から守ります。

導入容易性

クラウドtoクラウドのAPI連携で、DNSの切り替えや既存のメール経路を変更することなく容易な導入を実現します。

共有ファイルの安全性を確保

オンラインストレージへ危険なファイルをアップロードしたとしても隔離や削除などの保護対策を実施し、感染拡大を防ぎます。

機能

ビジネスメール詐欺対策

メールのコンテンツを検索して、ビジネスメール詐欺(BEC)、ランサムウェア、フィッシング、およびその他のスパムメールを検出し、Office 365ユーザーを保護します。

未知の脅威を検知・対処

機械学習型検索、文書脆弱性攻撃コード検出などを実施し未知の脅威の可能性があると判断されたファイルを仮想アナライザ(サンドボックス)で解析。ポリシーで設定した検査を実施します。

メール本文・添付ファイル内の不審URL検出

トレンドマイクロのWebレピュテーション技術により、メール本文やファイル内に含まれるURLから不審URLを検出。隔離や削除などの処理を行うことで標的型メールの対策を強化します。

共有ファイルを不正プログラムから保護

SharePoint Onlineなど、クラウド上のファイル共有サービスを通じて脅威が広がらないよう、リモートアクセスユーザー、モバイルデバイスから共有されるファイルを検査。不正プログラムや個人情報が含まれたファイルを検出し、不用意なアップロードを防ぎます。

資料やカタログのダウンロードができます。