添付ファイルZIP暗号化、宛先BCC変換
GUARDIANWALL MailConvert

稼働環境

動作環境

Linux版

マシンスペック CPU インテル32bit・マイクロプロセッサー(Pentium以上) /
インテル64bit・マイクロプロセッサー(Itanium 2は非対応)
1.0 GHz 2 コア以上(推奨:2.0 GHz 4 コア以上)
メモリー 8 GB 以上(推奨:12 GB以上)
OS Red Hat Enterprise Linux 6.6 / 6.7 / 6.8 / 6.9 / 7.3/ 7.4 / 7.5
CentOS 6.6 / 6.7 / 6.8 / 6.9 / 7.3 / 7.4 / 7.5
kernel 2.6.32-504 / 2.6.32-573 / 2.6.32-642 / 2.6.32-696 / 2.6.32-754 /
3.10.0-514 / 3.10.0-693 / 3.10.0-862
  • 64bit版のみ
仮想環境 上記対応OSの動作を保証している仮想環境
IaaS環境 AWS(Amazon Web Services)
Azure(Microsoft Azure)
  • GUARDIANWALL Mailファミリー製品の冗長化機能は利用できません。
  • 推奨は1台あたりメール流量約20万通/日で、アーカイブやフィルタリング、メール変換すべての機能の利用を想定した場合のシステム要件です。
    また、保留メール操作や全文検索などの管理画面操作も考慮しています。
    マシンスペックは実際のメール流量や管理画面へのアクセス頻度などにより変更してください。

仮想アプライアンス版

仮想環境 VMware ESXi 6.0 / 6.5 / 6.7
Hyper-V(Microsoft Windows Server 2012 R2 / 2016)
CPU 2コア
メモリー 12GB以上
  • ディスク容量はデプロイ後の設定で拡張することができます。
  • 上記スペックは、仮想マシンのリソースになります。
  • 仮想アプライアンス版は、シングル構成のみのサポートとなっております。

管理クライアント

ブラウザ バージョン
Internet Explorer 11
Chrome 69
Microsoft Edge -
スマートデバイス対応OS バージョン
iOS 10(Safari)
Android 7(Chrome)
  • スマートデバイスでは、保留メールおよび遅延配送メールの操作画面を表示できます。その他の管理画面を表示する場合は、PC版の画面に切り替えてください。

ハードウェア構成例

1台構成(全クラスターを1台のサーバーに搭載した構成)

規模感 最大メール流量 20万通/日(平均メールサイズ100KB)まで
冗長性 サービス冗長化:なし
データ複製:なし
スペック CPU:2コア以上
メモリ:12GB以上
その他 必要HDD容量はメール流量およびメール保存期間により変動します。

4台構成(メタとワーカーのクラスターを別サーバーへ集約し、それぞれ冗長化をした構成)

規模感 最大メール流量 40万通/日(平均メールサイズ100KB) まで※1
冗長性 サービス冗長化:あり※2
データ複製:あり
スペック CPU:2コア以上
メモリ:8GB以上(1台あたり)
その他 必要HDD容量はメール流量およびメール保存期間により変動します。
  • ※1
    ワーカー2台を分散稼働させた場合の最大処理能力です。
  • ※2
    ワーカー2台を分散稼働させた場合、メール配送能力は冗長性が行えません。

導入環境例

GUARDIANWALL Mailファミリーを導入する環境例

GUARDIANWALL Mailファミリー制限事項

  • GUARDIANWALL Mailファミリー利用時のメール配送経路
    GUARDIANWALL Mailファミリーを利用する場合、メールの配送経路として「上位メールサーバー」と「内部メールサーバー」が必要になります。上記の環境例のように、「上位メールサーバー」と「内部メールサーバー」をご用意ください。
  • メール送受信に利用するポート番号
    GUARDIANWALL Mailファミリーはメールの送信ポート、受信ポートに25番ポートを使用していません。専用固定ポートになり、送受信で異なります。
  • メールのリレー許可
    GUARDIANWALL Mailファミリーでのメールのリレー許可には、メール受信のために設定したドメインを利用します。複数のドメインからメールのリレーを許可するためには、GUARDIANWALL Mailファミリーにドメインを追加する必要があります。
  • その他、導入に関する制限事項については、必ず販売店もしくは、メーカーへご確認ください。

資料やカタログのダウンロードができます。