Webフィルタリング
GUARDIANWALL WebFilter

コネクトバック通信

コネクトバック通信とは、マルウェアに感染したPCと攻撃者サーバーの接続に用いられることが多い通信方式の一つ。PC側からの発信によりファイアウォールをすり抜けることで、該当のPC(ネットワーク)がバックドアとなり、攻撃者からの遠隔操作など、実被害が発生する。

資料やカタログのダウンロードができます。