統合認証・アクセス管理サービス
SafeNet Trusted Access

クラウドサービス利用にアクセス管理を

企業における認証・アクセス管理の重要性は、近年益々増えてきています。
働き方改革やクラウドシフトが進むなか、Office 365などのクラウドサービス利用は拡大し、社外から社内の情報資産へアクセスするシーンが増えつつあります。
利用するクラウドサービスの増加や従業員数の増減など、従来通りのID/Password管理だけでは退職者等への対策が追いつかず、社内情報の漏洩リスクを軽減する事は難しくなってきています。
弊社では、利用しているクラウドサービスの一元管理やSSO(シングルサインオン)対応が可能な統合認証・アクセス管理サービス「SafeNet Trusted Access」をご提供しています。
「SafeNet Trusted Access」をご利用いただくことで、社内のアクセス管理だけでなく、社外からのアクセス管理も可能となります。

多様なクラウドサービスへ、よりセキュアなアクセスを

「SafeNet Trusted Access」ではデフォルトで多数の連携可能なクラウドサービスが用意されています。
また、用途に応じた細かいアクセス制御を可能とする「シナリオ機能」もご利用いただけます。
具体的には、指定したIPレンジ内外からのアクセス、OS別にアクセス制御する機能等、様々なシーンに対応します。

製品仕様

「SafeNet Trusted Access」はクラウドサービスへのアクセス制御機能(Policy Management)と、
トークンを管理する機能(Token Management)の二つが存在し、これらを総称してSTAと呼んでいます。
それぞれの機能には以下の役割が存在します。

利用イメージ

STAはカード型のデバイスを使用した、ハードウェアトークンや、iOSアプリ、SMSなどを使用するソフトウェアトークンなど、様々な認証方法を用意しています。
また、管理者がポリシー機能で、対象のクラウドサービスへアクセス可能なユーザーを制御します。
ユーザーにはSTA独自のポータルが用意されており、アクセス可能なクラウドサービスを一元管理し、アクセスする際にはパスワードを入力せずにログイン可能です。

クラウドサービス連携方法

STAはデフォルトで連携可能なクラウドサービスが多数用意されています。
連携させるクラウドサービスを管理者が選択し、STAに追加します。
その際、クラウドサービス側も含めた操作ドキュメントに従って、クラウドサービスを連携させることが可能です。

導入までの流れ

「SafeNet Trusted Access」を導入頂く際には、お客様用のデモアカウントを作成し、事前に検証・質疑を実施します。
その後ご注文頂き、本番アカウント開設作業を行います。