クライアント運用管理ソフトウェア
SKYSEA ClientView

クライアント運用管理ソフトウェアであるSKYSEA Client Viewは、使いやすさをコンセプトにクライアントPCをはじめ、さまざまなIT機器やソフトウェア資産を一元管理することで運用管理を支援し、サイバー攻撃へのリスク対策、重要データの情報漏洩対策など、安全な情報セキュリティ対策やIT資産の有効活用をお手伝いするソフトウェアです。
「情報セキュリティ対策」+「IT資産運用」のトータル管理に必要な機能をオールインワンで搭載しています。

こんな課題を解決

  • 専用のIT資産ツールを利用しておらず作業に手間がかかっている
  • USBデバイス管理
  • 情報漏洩対策
  • 専任の管理者がいない
  • 働き方改革への取り組み
  • Windows10更新プログラムの継続した更新管理
  • 社員のセキュリティ意識を高めたい

特長

見やすい画面、使いやすい操作性

見やすい画面、使いやすい操作性

わかりやすい操作画面と運用しやすい設計で、日々の管理業務をサポートします。

  • 大きなアイコンと整理されたメニューでわかりやすい
  • 初めて導入するにあたって、多機能なツールが使いこなせるか心配

日常的に使用する業務ツールの操作が煩雑であれば、作業効率が上がりません。
また「使いやすさ」は、管理担当者が交代することがあっても、引続きご活用いただくためにも大切な要件の一つです。

必要な機能をオールインワンで搭載
IT運用管理に必要な機能を標準装備。わざわざツールを使い分ける必要がありません。

  • すべての機能を一つの管理画面から利用できる
  • データを共有し、機能を連動させることで活用の幅が広がる

こんなご要望にお応えします

  • 別々の管理ツールを切り替えながら使い、管理業務が非効率になっている
  • 初めての導入で、検討段階では導入後にどんな機能が必要になるかわからない

管理する対象は、サーバーやクライアントPCだけではありません。
プリンターやHUBなどのネットワーク機器やUSBデバイス、スマートフォンなど多岐にわたります。
これらを一つのツールで管理することで効率的な管理を実現します。

一元管理で多角的に情報連動
スマートフォンやソフトウェアライセンスなど、多角的に情報連動させ、活用の幅が広がります。

  • 多くのIT機器やソフトウェアをまとめて管理できる
  • 機器情報や利用状況を利用ユーザーごとに確認できる

こんなご要望にお応えします

  • クライアントPCだけではなく、今後はUSBデバイスやスマートフォンも管理したい
  • 詳細なソフトウェア資産管理(SAM)に本格的に取り組みたい

サーバー内の機密情報にアクセスし、クライアントPCを経由して、スマートフォンやUSBメモリなどにコピーして情報を持ち出すといったケースが発生した場合、別々のツールで管理されていると、情報の動きが断片的にしかわかりません。
すべての機器が一元管理されていることで、情報を連動させて、追跡調査することも可能になり、より効率かつ安全に管理できるようになります。

機能

資産管理

ハードウェア・ソフトウェアの詳細な情報を毎日更新。変動する資産情報を適切に管理出来ます。

コンピューター名やソフトウェアインストール状況はもちろん、ハードディスクの空き容量やWindows更新プログラムの適用状況など、日々変動する資産情報を24時間ごとに自動更新

  • 更新時刻は任意で変更できます。
    常に最新情報をもとに資産管理できるので、万が一の不適切な資産利用も見逃しません。

機能概要

ハードウェア一覧、ネットワーク機器情報収集、資産変更状況、アプリケーション一覧、省電力支援、ソフトウェア配布・インストール、Windows更新プログラム配布実行、Intel vProテクノロジー対応

資産管理

ソフトウェア資産管理(SAM)

SAM構築に欠かせない管理台帳を完備し、ソフトウェア資産の適切な管理を支援します。

Webシステムを使用してIT資産の利用申請や承認などの手続きを行うと、自動的に台帳上の管理情報に反映されるなど、運用しながら管理できる仕組みで管理負担を軽減します。
クラウドサービスを利用する場合、ユーザー単位でのライセンス管理も可能となりました。

ソフトウェア資産管理(SAM)

デバイス管理(USBデバイス/メディア利用制限)

USBメモリの使用不可、読み取り専用など実運用に合わせて柔軟に設定が可能です。

一つひとつのUSBデバイスに対して、部署別やユーザー別に使用制限を設定できます。
使用期間を指定して一時的に使用することも可能で、柔軟に運用いただけます。

USBメモリなどの外部デバイスや、CD/DVDドライブなどの内蔵デバイスでのファイル書き込みをアラート設定でき、情報の持ち出しを適切に管理することができます。

  • Mac端末では、CD/DVD/Blu-rayドライブへの「記憶媒体書き込み」制限はできません。
    またブランクディスクを挿入した場合は、「記憶媒体使用」制限もできません。
デバイス管理(USBデバイス/メディア利用制限)

ログ管理

日々のPCの挙動をログとして管理、障害発生時の早期対応などにも活躍

クライアントPC上でのさまざまな操作をログとして記録。
膨大なデータから必要な情報を抽出することで、「いつ」「誰が」「何をしたのか」を正確に把握し、システム障害時などの問題点に素早い発見を支援します。
ログが記録されていることをユーザーが理解することで、情報セキュリティ意識の向上にもお役立ていただけます。

取得可能ログ

起動・終了ログ/クライアント操作ログ/アプリケーションログ/ファイルアクセスログ/ファイル操作ログ/クリップボードログ/システムログ/プリントログ/Webアクセスログ/メール送信ログ〈オプション(Pro、500、LT)〉/ドライブ追加・削除ログ/フォルダ共有ログ/不許可端末検知ログ(Windowsのみ)/通信デバイスログ/想定外TCP通信ログ

ログ管理

サーバ監査

重要データが集まるサーバーの アクセス状況の把握を支援

サーバーには個人情報や社外秘ファイルなど、重要なデータが集約されており、万全の情報漏洩対策が必要です。
本機能では、各サーバーのイベントログを集積し、一括管理。
権限のないユーザーからのアクセス状況や、データベースの取り扱い状況などの把握にもお役立ていただけます。

サーバ監査

セキュリティ管理

重要データが集まるサーバーを監査、イベントログを活用して的確に状況を把握

サーバーには個人情報や社外秘ファイルなど、重要なデータが集約されており、万全の情報漏洩対策が必要です。
本機能では、各サーバーのイベントログを集積し、一括管理。
権限のないユーザーからのアクセス(失敗アクセス)ログも記録でき、成功/失敗アクセスの傾向把握にお役立ていただけます。

管理出来るイベントログ

アプリケーション/セキュリティ/セットアップ/転送されたイベント

管理出来る監査ログ種別

管理者操作:アカウント操作/グループ操作/パスワード操作/監査ポリシー操作
ロックアウトクライアント操作:ログオン/ログオフ/ファイルアクセス/印刷

セキュリティ管理

レポート

日々蓄積されるデータを活用し、IT資産運用の傾向を適切に把握

資産情報やログデータは、トラブルの原因特定や個別の操作の監視だけでなく、具体的な目的に応じてレポートとして集計することで、傾向を把握しながら変化を察知するツールとしても活用できます。
各種レポートを分析することで、コスト削減やセキュリティポリシーの改善などにお役立ていただけます。

レポート種類:計33種類

ログ解析レポート 21種類/経費節減レポート 4種類/注意表示レポート 1種類
傾向分析レポート 1種類/資産レポート 5種類+資産・ログ活用レポートライブラリ 1種類

レポート

モバイル機器管理(MDM)

スマートフォン、タブレット端末のビジネス活用を支援

iPhone/iPad/iPod touchの資産情報などを管理するために、一般的なモバイルデバイスマネジメント(MDM)の一部である資産管理機能をご用意。

  • ログ管理機能は搭載しておりません。
  • Apple社のMDM機能を活用したセキュリティ管理以外の機能は搭載していません。
モバイル機器管理(MDM)

ITセキュリティ対策強化

猛威を振るうサイバー攻撃に多層防御による情報漏洩対策を

日々進化し、悪質化が進む標的型攻撃やランサムウェアなどのサイバー攻撃に対し、UTM製品と連携して攻撃の早期把握を支援する機能や、共有フォルダへのアクセスを監視・制御する機能などの各種機能をご用意。
階層的な防御でサイバー攻撃のリスク最小化を支援します。 

ITセキュリティ対策強化

メンテナンス

離れた拠点のPCをリモート操作、メンテナンスや問い合わせ対応を効率的に

オフィスの各フロアに部署が点在する場合や、複数の事業所が存在する環境などで、クライアントPCのメンテナンスや問い合わせ対応を行うには、時間とコストがかかります。
本機能を活用することで、自席の管理機から対象PCをリモート操作でき、作業の効率化、コストダウンにお役立ていただけます。

メンテナンス