SMBCファイナンスサービス株式会社様

カード取引における安全対策の強化。トークナイゼーションでカード情報の非保持化を支援。

情報漏洩対策・コンプライアンス体制の強化

口座振替やコンビニ収納などの決済ビジネスを40年近く行ってきたSMBCファイナンスサービス。EC加盟店のクレジットカード決済代行サービスにも力を入れている。2016年2月に、クレジット取引セキュリティ対策協議会から「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」が打ち出され、EC加盟店にはカード情報の非保持化が求められた。SMBCファイナンスサービスは、EC加盟店を支援するサービスの検討を開始。サービスを実現する基盤として、トークナイゼーション機能をつかさどる「Vormetric Tokenization with Dynamic Data Masking(VTS)」を導入した。

導入製品

お客様データ

社名:
SMBCファイナンスサービス株式会社
業種:
金融業
従業員数:
442名

お客さまのご要望

  • コストや運用負荷を抑えて、EC加盟店がカード番号を非保持化できるサービスを早急に用意したい。
  • 高いパフォーマンスを備えたトークナイゼーションシステムを導入したい。
  • PCI DSSの審査対象範囲を縮小したい。

お客さまが実現できたこと

  • コストや運用負荷を抑えて、顧客であるEC加盟店がカード番号を非保持化できる安全性の高いサービスを短期間で用意できた。
  • ボルトレスのトークナイゼーションシステムを導入したため、暗号化・復号が不要で高いパフォーマンスを発揮できた。
  • PCI DSSの審査を受ける際、その対象範囲を縮小できた。

導入いただいたソリューション・製品

Vormetric Data Security Platformは、Data at Rest(存在するデータ/保存されたデータ)のセキュリティ(暗号化など)を、組織全体にわたって効率的に管理するプラットフォームです。また、ファイルサーバ内にデータ保管時の暗号化、データベース保管時の暗号化/トークナイゼーション(トークン化)、他社暗号化製品(Oracleなど)の鍵の統合管理を実現します。

資料やカタログのダウンロードができます。