サーバー暗号化&鍵管理 Vormetric

サーバー暗号化&鍵管理 Vormetric Data Security Platform

活用事例

1. データベースに保存している重要データを暗号化したい

Transparent Encryption

2. 個人情報の利活用を考えたい

Tokenization

3. パブリッククラウドに保存している重要データを保護したい

Cloud Key Management

4. コンプライアンスを遵守し万が一に備えて対策を考えたい

Key Management

1. データベースに保存している重要データを暗号化したい

企業や組織内に保存・保管された価値ある「情報資産」を、高度な暗号化で守ります。
大切な情報資産を社内外の攻撃から守るために、透過暗号(VTE:Vormetric Transparent Encryption)で暗号化します。

情報資産の保護対策

情報資産の保護対策は「透過暗号」で解決します!

透過暗号(VTE:Vormetric Transparent Encryption)

  • ファイルやディレクトリ、ボリュームに対して高度な暗号化を実現
  • 権限のあるユーザーは、フォルダー内のデータを自動的に暗号化/復号
  • パスワード管理が不要
Transparent Encryption

2. 個人情報の利活用を考えたい

お客様の個人情報や、様々なデバイスから収集したデータを高度な暗号化で守ります。
大量に蓄積したデータを、トークナイゼーション(VTS:Vormetric Tokenization with Dynamic Data Masking)で加工し、新たな価値を創造します。

個人情報の保護対策や利活用

個人情報の保護対策や利活用は「トークナイゼーション」で解決します!

トークナイゼーション(VTS:Vormetric Tokenization with Dynamic Data Masking)

  • 個人情報(マイナンバーやクレジットカード番号など)を無価値化してDBに保存
  • 蓄積したデータを加工して、新たな価値創造
  • パフォーマンスを犠牲にすることなく高速処理を実現
Tokenization

3. パブリッククラウドに保存している重要データを保護したい

AWSやAzure、Salesforce、O365など、パブリッククラウドの暗号化サービスで使用している鍵を自社で管理します。
暗号化した重要データをクラウド暗号化サービスの鍵管理(CCKM:CipherTrust Cloud Key Manager)でコントロールすることにより、第三者にデータの中身を見られることはありません。

クラウド環境の保護対策

クラウド環境の保護対策は「クラウド暗号化サービスの鍵管理」で解決します!

クラウド暗号化サービスの鍵管理(CCKM:CipherTrust Cloud Key Manager)

  • 統一したインタフェースで鍵を管理
  • 独自の鍵をクラウドへ持ち込み(BYOK:Bring Your Own Key)
  • ハイブリッドな暗号基盤を実現
Cloud Key Management

4. コンプライアンスを遵守し万が一に備えて対策を考えたい

Oracle TDEやMicrosoft SQL Server TDEの鍵や、KMIPプロトコルに対応した暗号化製品で使用する鍵を、専用の鍵管理サーバーで管理します。
暗号化したデータが保存されたシステムと鍵の保存先を分離することにより、万が一データが漏えいしても第三者に中身を見られることはありません。

専用の鍵管理サーバーで管理
暗号化したデータが保存されたシステムと鍵の保存先を分離

他社暗号化製品の鍵管理対策は「鍵の統合管理」で解決します!

他社データベース暗号化製品の鍵管理(VKM:Vormetric Key Management)

  • 暗号化したデータと鍵を分離して管理
  • 各国の法令・規定・ガイドラインに適用可能

他社暗号化製品の鍵管理(KMIP:Key Management Interoperability Protocol)

  • KMIPに準拠した暗号化製品の鍵管理
  • 各国の法令・規定・ガイドラインに適用可能
Key Management

導入事例

SMBCファイナンスサービス株式会社 様
クレジット取引セキュリティ対策協議会から打ち出された、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」。
早急な対応を求められるなか、短期間でのサービス開始を実現した解決策とは。
株式会社電算システム 様
事業領域は、ペイメントソリューション、ITソリューション、クラウドソリューションと多岐に渡る。
このうちペイメントソリューションでは、コンビニ決済代行サービス、EC決済、クレジットカード決済もサポート。
ペイメントソリューションを展開する上で、「改正割賦販売法」で求められているPCI DSSへの準拠は喫緊の課題であった。
PCI DSS 準拠に必須の「暗号化/トークナイゼーション」に、Vormetric 製品を選択した理由とは。